So-net無料ブログ作成
検索選択

京都旅行初日 [旅行]

 ちょろちょろ書いていますが、6月の最初の週末に京都へ行って来ました。実に11年ぶり、組合の部会で毎月積立をして委員全員で行って来ました。税理士も長く続けると旅行の口実欲しさに京都にクライアントを作って定期的に巡回監査に行ったりとやる人が多いです、今回は組合の上部団体経由で京都においでよと言われたりで旅行代理店の仕切りが出来る人がプランニング。

 東京駅集合でしたが品川駅の方が近い3名だけ品川から乗車して私もその内の1名ね、京都は遠いよねと言いつつ品川から新横浜・名古屋の次と3つ目で実はかなり近い。ホームでは「お前はデカいから目印になる様に」と厳命されたのに勝手に進む人だらけで意味無いじゃないの、一旦駅前のホテルに荷物だけ預けてホテル駐車場に来た豪華サロンバスではないマイクロバスへ乗車。

 と言うのは、初日に貴船神社、2日目に西芳寺とマイクロバスでないと進入出来ない観光地に向かうからなのよね。マイクロバスでもしっかりガイドさんがいるのは貸切バスを仕立てる時にガイドさんがいないとバス会社が嫌がるとか、なので結構な年配だけど制服のスカートは膝上だと言うガイドさんが同乗。年の功でやたら詳しいので途切れる事のない案内を聞きつつバスは進む、最初は知恩院脇の丸山公園でいもぼうランチ
鴨川を渡る

続きを読む


タグ:京都
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鳥越祭 (台東区鳥越) [旅行]

 土曜日は晩酌をしつつ夕飯を食べると1週間の疲れと午後の水泳の疲労がダブルで溜まっている所にアルコールが入るからもう起きていられません、大体ブラタモリが終わった頃にソファの上で沈没してしまいます。で、目を覚ますと大抵22時半とかなのですが先日は久々21時ごろ目を覚ます。右足の痺れが寝ている間に痙攣状態になって動けないので床に倒れたままテレビを付けるとアド街ック天国を放映している

 寝起きの混乱した頭でぼんやり見ていると鳥越か、祭は明日々曜日とか言うじゃないの。都内の季節感のある写真を撮りだめしているので6月は鳥越祭で良いね、ただ話題の千貫神輿は宮入が21時と遅いので日中の風景だけ納めれば良いや。そんなんで日曜日中に一旦西麻布に行ってから一旦帰宅して鳥越神社を目指す、原付で昭和通りを北上し蔵前橋通りで右折。鳥越祭の幟が並んで駐車禁止のコーンが並び出したのでこの辺り、神社の手前で町内に進入すると早速神輿に出くわしましたよ。
盛り上がってる
 本日は水曜日の組合総会を睨んで先日購入した70-200mmズームのテストショットでもあるのよね、なのでレンズはこれ一本しか持って来ていない。幅員4m弱の道の向こうから近付く神輿を捉えるには充分過ぎる長さだ、と思いきや観光の外国人グループが長いレンズの前を遮ったりするのも寄れない長いレンズならではだ。と言うより神輿の担ぎ手がね、もう締め込み姿で気合が入っているのであんまり邪魔しちゃいけないなと端に寄るよ。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

天然温泉 湯どんぶり栄湯 (台東区日本堤) [銭湯]

 日曜日、9時起床。バイクのETCの調子が悪いと訴えたら持って来いと言われているので工場に行かねばと思うけど、洋服屋のお客に6月になったら買いに行くと言ってあるし。それよりも昨晩は珍しくも寝落ちせずにアド街ック天国を見ていたら鳥越祭の紹介をしていたのよね、ズームレンズのテストショットにもってこいじゃないの。

 なので先ずは西麻布のクライアント店舗へ、今日はTシャツ一枚じゃ寒いわ。一旦帰宅後購入したばかりのコットン製ジャケットを羽織り鳥越へ、日中の神輿なぞ撮影してからでは風呂に行こうか。先月にリニューアルオープンした湯どんぶり栄湯に行こう、鳥越からだとすぐです。が、外から見た限りではほとんど変わっていない気がする。前は入り口左右に並んでいた自転車が向かいの空き店舗だかを駐輪場に借りた様で、自転車がそこに行儀よく並んでいたのが変更点かな。
駐輪場

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ひだまりの泉 萩の湯 (台東区根岸) [銭湯]

 土曜日、6月ですがもう虫よけスプレーを使って掃除・洗濯・布団干し。洗濯物を出してからプールへ、やっとプルブイ無しに慣れてきたので7月から50mプール復帰出来そう。25mプールは子供が多いのでガチで泳ぎ辛いし、と、60往復3,000m泳いで一旦帰宅。さて、銭湯ですが都内のお風呂好きの間では今、5月半ばにリニューアルオープンした湯どんぶり栄湯と5月末にビルを建て替えて再オープンした萩の湯が話題です。

 こちとら同じくリニューアルオープンした新宿区の万年湯すらまだ行ってないのに、で、今日は萩の湯を目指す事に。昭和通りを言問通りで左折して日暮里方向に向かうとホテル街の前に発見、旧ビルは入浴施設の上にマンションが4フロアありましたが今回も入浴施設の上にマンションが4フロア。マンション名は「テルマエ・ドムス・根岸」で旧施設にはニューヨーク(入浴)なんて言うダジャレな飲食店が入っていたけど。
旧ビル
 因みに上が旧ビルで下が新ビル。
新ビル

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

清凉寺境内 竹仙 (京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町) [食べ物]

 京都旅行2日目、桂川沿いにバスを進めて先ずは天龍寺へ。そして竹林の道を散策してから清凉寺へ移動、今こうして地図で位置を確認しつつ見ていると大した移動距離じゃないのね。修学旅行生が班ごとにタクシーに分乗して観光するのを見てなんて贅沢なんだと感心したけど大差無いかな?因みに清凉寺の北西方向に中学校の修学旅行で行った化野念仏寺があるのか、レンタサイクルがあれば2~3日で市内を色々見て廻れそうな気がしてきたので秋ぐらいにグルグル廻れたら良いな。
清凉寺本堂
 境内駐車場にバスが停まり本堂方向に進んで本堂と仁王門の間に目的地の竹仙が、ガイドさん曰く本尊のお釈迦様は通常の螺髪ではなく三つ編み風味の変わった髪型ですよと紹介してくれましたが見学に行くゆとりが無いぞこの宴会旅行は。因みに境内と言っても豆腐屋も入っていたりでその入り組んだグダグダさ加減に却って歴史を感じます、目的地の竹仙もその嵯峨豆腐森嘉の豆腐を使っているとか。
入り口

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

貴船 右源太 (京都府京都市左京区鞍馬貴船町) [食べ物]

 京都旅行初日、祇園の四条通沿い一力茶屋でマイクロバスの人になり一路貴船右源太を目指す。バスに乗って改めて行程表を見ると移動時間に1時間見ていてそんなに遠いの!?と皆でザワザワ、バスはひたすら北上して市街地から住宅を抜けて山間部へ。と思ったら案外開けていて山奥に住宅地が有ったりするのは叡山電鉄鞍馬線と言う鉄道のお陰やね、右手が鞍馬寺で左手が貴船神社と言う貴船口駅の分岐を左手へ。

 今回の旅行は宴会旅行の割にバスが豪華サロンバスではなく20人乗りのマイクロバスだったのですが、大きなサロンバスだと貴船口の奥に入っていけないんだよね。駅から送迎バスに乗るかひたすら歩くしか無いところをスリムなマイクロバスのお陰でどんどんと北上、と言っても対向車とのすれ違いに苦労する幅員なので尾瀬の木道に向かうマイクロバスを思い出したり。

 道中の川沿いに美しい貴船神社が有ったのですが右源太は更に数百m上った先なのでお参りは無理っぽい、右源太に駐車スペースがあるのでそこにマイクロバスが突っ込んで我々は降りる。川床料理を楽しみに来たので建物側ではなく道路の反対側、萱を編んだ竹垣の向こうにムシロを潜って降りていく。
竹垣の向こう

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いもぼう 平野家本家 (京都市東山区祇園円山公園内八坂神社北側) [食べ物]

 京都旅行であります、京都駅に到着してマイクロバスに乗り込み先ずは食事。とは言っても今回は宴会旅行でして新幹線に乗った途端に呑み始めてたりとハードな状況です、梅雨入り直前の京都は乾燥した高気圧に覆われてカラッと快晴。知恩院の三門前にバスが停まり降りるとまあ!三門の大きい事。京都に来るのは中学校の修学旅行と10年ほど昔の組合旅行以来なのですが、組合旅行ではふざけて消防博物館だのお菓子の工場だの見学したのを今更ながら猛省。
知恩院
 この知恩院なんてどんだけデカいんだか?こう言うメジャーな観光名所の一か所当たりの面積やら見どころが余りにも充実しているので、残りの人生で真面目に観光して廻ったとしても見尽すのは無理じゃないだろうか?日曜日の京都は外国人だらけでしたがもうね、東京とか行かずに京都だけ集中して観光すべきだね。とか知恩院の三門に途轍もなく圧倒されつつ南門で外に出たのか?出るといきなり「平野屋本店」がありますが目的地はもっと奥にある「平野屋本家」ね。
入り口
 今地図を見ていると平野家本家は八坂神社の裏手にあって、実は食後に二条城に行った後八坂神社に戻って来たので同じところグルグル廻っていたんだなと。まあそれはともかく平野家本家です、入って奥の座敷にもうお膳が用意されていたのでそちらに入るとまたもやビール。宴会旅行とは言え酒量をセーブしておかないと夜まで体がもたないぞ

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺や くぬぎ (国立市東) [食べ物]

 最近ちょくちょく行く国立、今までは昼までに打ち合わせを済ませて事務所に戻ってから食事をしていたのが本日は11時からの打ち合わせが13時半までかかったのでランチして帰らないと。普段は北口側しか行かないのですが駅前のコメダ珈琲筆頭に小奇麗なチェーン店しか無いんだよね、住宅街にラーメン屋が有るのがチラっと見えたのですがそこまで戻るのも面倒くさい。

 ならば南口へ、初見で偉そうな事を言っちゃダメだろうけど更に酷い。なんだかなぁ、景観保護だかなんだかでどぎつい看板とかダメなのだろうけど。そう言う欲望部分は隣の立川に押し付けて自分らはこぎれいな街で暮らそうなんてゲートシティ的な発想だ、大学が有るんだから学生相手の安いエサみたいな食堂とかドカ盛ラーメン屋が有って然るべきなのに何も無いのは却って異常だ。

 それでも駅前の南東部分を見てみると蕎麦屋とインド料理屋以外はチェーンの飲食店ばっかり、ぽつぽつ小資本系の飲食店を発見するもランチが千円以上で二千円以上の店もあったりで何?徹底して低所得者が入って来ないようにしているのかそれとも一橋大学の学生は金持ちじゃないとダメなのか?そんな高めのイタリアンとステーキ屋の間にラーメン店を発見。
正面

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

善養寺影向のマツ (江戸川区東小岩) [旅行]

 先日江戸川区郷土資料室に行った折パネルで紹介されていた国指定天然記念物にして日本一の枝ぶりだと言う「影向のマツ」をみたいなと、土曜日は風呂に入りに行くのだから目的地を江戸川区にして観光してから入浴するか。京葉道路を東に向かい荒川を越えて千葉街道をひたすら進むのみって、江戸川区の風呂屋をグルグル廻った時のルートだわ、もう5年前の事なので記憶が怪しいですね。小岩駅へ向かうフラワーロードを過ぎて柴又街道の左手に友の湯を見つつ右折してすぐ左折してまっすぐ進むと「小岩不動尊影向の松」と言う黒御影石の看板があります。
看板
 看板裏手が駐車場なのでそこに原付を停める、友の湯の先に有る亀の湯の裏手すぐの場所ですね、江戸川の土手からすぐとも言う。つまりはすぐ近くを何度もチョロチョロしていたのだけれども全然気付かなかったと言うこと、浴場組合の地図では善養寺は綴じ代部分にあるのでわかり辛いんだよと言い訳したり。駐車場側の門をくぐると丸太で組んだ藤棚様の棚が広がっていてそれが松なんだなコレが。

続きを読む


タグ:小岩
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

柳湯 (京都市左京区新柳馬場通仁王門下ル菊鉾町) [銭湯]

 日曜日から一泊で京都旅行に行って来ました、ほぼ宴会旅行で自由時間は無い!と言う話だったので上手くいけば21時ごろホテルに戻ったスキに東寺近くの風呂屋に行くか、朝に京都タワーの風呂屋に行こうかな?と企んでいました。が、八坂神社から祇園見物の段で皆くたびれてしまい喫茶店へ。当初は祇園がどうこう言っていたのですが日曜日はお茶屋も休みだし舞妓はんも歩いてないしと言う事なので夜のお食事処が貴船神社だしその前に急遽自由時間が出来てしまった。

 17時半に一力茶屋前に戻って来れば良い、と言う事ならば1時間あるじゃないの。早速Google地図に銭湯と入れて検索すると「新シ湯」「市立三条浴場」「柳湯」「孫橋湯」と言うのがありますね、一力茶屋から北上しつつ見て廻るか。と花見小路通りを北上、新シ湯はビル銭湯なので無視して道なりに進むと市立三条浴場と言うのは団地の一角にある公衆浴場で営業していない様子。
京都市立三条浴場.jpg
 団地の1階部分にある商店街もシャッター銀座だなあ、唯一営業している焼きそば屋が美味しそうでしたが豪華夕食を控えてそこは我慢して三条通を越えて新柳馬場通に入ると油井型の煙突を発見。コレが柳湯か、煙突側に廻ると小さな湯気抜き窓で浴室の小ささが予想されますね。しかし夜に風呂に行くつもりだったのでホテルに置いてきた荷物にお風呂セットが入っているんだよね、京都の銭湯でも手ぶらセット位はあるだろう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域