So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥越神社 (台東区鳥越) [旅行]

 先日鳥越祭を観に行ったのは良いのですが、千貫神輿宮入での機動隊員出動とか境内の外まで続く参拝者の大行列に恐れをなして外から一礼しただけで参拝しなかったのですよ。いや、祭の宮入は機動隊の規制線の向こうからカメラを構えているファンもいたけどコレは沿道の氏子にコネ作ってこの界隈は大体自宅が低層のビルになってるお宅ばっかりだからその2階か3階から撮影するのが一番良さそげ。

 そんな弱気で祭が終わって2週間後位に参拝に行こうかなと、むしろ祭りの日におかず横町の郡司味噌漬物店さんで買ったいぶりがっこが尽きたので補充しに行ったと言うか。何でも手に入る東京ですしネット通販が物流の当たり前な昨今なので店頭で買うのもナンセンスなんですが、対面販売で商品を入手するのも大事だと思うんだ。その為だけに台東区鳥越に行くのは負担だけれども私の場合は風呂屋巡りが有るので、その道中に寄るだけなら無問題。

 土曜日の午後に昭和通りから蔵前橋通りに入り水戸街道手前左手にこんもりと木が茂った場所がありそこが目的地、鳥越神社前交差点は一方通行出口だったのでぐるっと廻って境内脇に原付を停める。我が家は神社の境内に負けず劣らず鬱蒼としていて藪蚊の一大繁殖地なので、既に蚊が大発生しているのは良く分かっているのでココも蚊が凄そうだ。
鳥居

続きを読む


タグ:蔵前 浅草橋
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

京都旅行二日目 [旅行]

 さて、京都旅行の二日目であります。何となく燃え尽きて7時まで部屋でゴロゴロしていましたが、後で話を聞いたら他の部屋の人は4時半起きで御朱印帳巡りに出たとか伏見稲荷までジョギングに行ったとかで凄いな。伏見稲荷は良く良く聞いたらインスタでアクセス稼ぎの画像を取りに行っただけとか、私はホテルの朝食バイキングで京都の漬物を堪能してコーヒーをひたすら飲んでおりました。

 二日目も同じマイクロバス同じガイドさんですが運転手さんはちょっと年配の方にチェンジ、京都駅前から北西方向の嵯峨野へ向かう。我々皆時間が自由な自営業者なので月曜日でも観光、桂川に沿って進んでガイドさんの説明を聞いてコレが渡月橋か。とか思ったら通過のみ、嵐山は修学旅行生でごった返しておりました。イマドキの修学旅行生は班ごとにタクシーに分乗して観光すると言うとんだ大名旅行っぷりに感心しました、パワースポットな野宮神社では境内でタクシー運転手さんが生徒を引率してガイド役を務めていたり。
渡月橋
 若者の貧困だ何だ言いつつ私なんぞから見たら贅沢のステージが上がっている様に見える、我々は天龍寺へ。初日に引き続き快晴で自慢の庭も趣が無い気がする、池に廻ると岩の上にアオサギがいてヤラセか?と言う位に出来すぎ。天龍寺の観光客は修学旅行生・外国人に次ぐ第三勢力の老人グループが多いですね、境内の山野草を愛でつつ北門から出て竹林の道へ。

続きを読む


タグ:京都
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都旅行初日 [旅行]

 ちょろちょろ書いていますが、6月の最初の週末に京都へ行って来ました。実に11年ぶり、組合の部会で毎月積立をして委員全員で行って来ました。税理士も長く続けると旅行の口実欲しさに京都にクライアントを作って定期的に巡回監査に行ったりとやる人が多いです、今回は組合の上部団体経由で京都においでよと言われたりで旅行代理店の仕切りが出来る人がプランニング。

 東京駅集合でしたが品川駅の方が近い3名だけ品川から乗車して私もその内の1名ね、京都は遠いよねと言いつつ品川から新横浜・名古屋の次と3つ目で実はかなり近い。ホームでは「お前はデカいから目印になる様に」と厳命されたのに勝手に進む人だらけで意味無いじゃないの、一旦駅前のホテルに荷物だけ預けてホテル駐車場に来た豪華サロンバスではないマイクロバスへ乗車。

 と言うのは、初日に貴船神社、2日目に西芳寺とマイクロバスでないと進入出来ない観光地に向かうからなのよね。マイクロバスでもしっかりガイドさんがいるのは貸切バスを仕立てる時にガイドさんがいないとバス会社が嫌がるとか、なので結構な年配だけど制服のスカートは膝上だと言うガイドさんが同乗。年の功でやたら詳しいので途切れる事のない案内を聞きつつバスは進む、最初は知恩院脇の丸山公園でいもぼうランチ
鴨川を渡る

続きを読む


タグ:京都
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鳥越祭 (台東区鳥越) [旅行]

 土曜日は晩酌をしつつ夕飯を食べると1週間の疲れと午後の水泳の疲労がダブルで溜まっている所にアルコールが入るからもう起きていられません、大体ブラタモリが終わった頃にソファの上で沈没してしまいます。で、目を覚ますと大抵22時半とかなのですが先日は久々21時ごろ目を覚ます。右足の痺れが寝ている間に痙攣状態になって動けないので床に倒れたままテレビを付けるとアド街ック天国を放映している

 寝起きの混乱した頭でぼんやり見ていると鳥越か、祭は明日々曜日とか言うじゃないの。都内の季節感のある写真を撮りだめしているので6月は鳥越祭で良いね、ただ話題の千貫神輿は宮入が21時と遅いので日中の風景だけ納めれば良いや。そんなんで日曜日中に一旦西麻布に行ってから一旦帰宅して鳥越神社を目指す、原付で昭和通りを北上し蔵前橋通りで右折。鳥越祭の幟が並んで駐車禁止のコーンが並び出したのでこの辺り、神社の手前で町内に進入すると早速神輿に出くわしましたよ。
盛り上がってる
 本日は水曜日の組合総会を睨んで先日購入した70-200mmズームのテストショットでもあるのよね、なのでレンズはこれ一本しか持って来ていない。幅員4m弱の道の向こうから近付く神輿を捉えるには充分過ぎる長さだ、と思いきや観光の外国人グループが長いレンズの前を遮ったりするのも寄れない長いレンズならではだ。と言うより神輿の担ぎ手がね、もう締め込み姿で気合が入っているのであんまり邪魔しちゃいけないなと端に寄るよ。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

善養寺影向のマツ (江戸川区東小岩) [旅行]

 先日江戸川区郷土資料室に行った折パネルで紹介されていた国指定天然記念物にして日本一の枝ぶりだと言う「影向のマツ」をみたいなと、土曜日は風呂に入りに行くのだから目的地を江戸川区にして観光してから入浴するか。京葉道路を東に向かい荒川を越えて千葉街道をひたすら進むのみって、江戸川区の風呂屋をグルグル廻った時のルートだわ、もう5年前の事なので記憶が怪しいですね。小岩駅へ向かうフラワーロードを過ぎて柴又街道の左手に友の湯を見つつ右折してすぐ左折してまっすぐ進むと「小岩不動尊影向の松」と言う黒御影石の看板があります。
看板
 看板裏手が駐車場なのでそこに原付を停める、友の湯の先に有る亀の湯の裏手すぐの場所ですね、江戸川の土手からすぐとも言う。つまりはすぐ近くを何度もチョロチョロしていたのだけれども全然気付かなかったと言うこと、浴場組合の地図では善養寺は綴じ代部分にあるのでわかり辛いんだよと言い訳したり。駐車場側の門をくぐると丸太で組んだ藤棚様の棚が広がっていてそれが松なんだなコレが。

続きを読む


タグ:小岩
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

あしかがフラワーパーク (栃木県足利市迫間町) [旅行]

 自宅でネットを見ているとバナー広告に「大藤まつり2017」と言うのが出てきます、流石はネット広告、テレビや新聞の下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるとは大違いで日曜午前中に浅草の曙湯と亀戸天神に藤の花の写真を撮りに行きたいと考えている私にピンポイントに表示させるのが凄い。見頃の報告も毎日アップされていて都内は正直先週末に観に行きたかったけど栃木はまだイケるっぽい。

 そんなんで日曜の朝、8時半と気持ち早目に起きてブログ更新なぞ済ませてから先週ツーリングに行ったままの大型バイクを引っ張り出して先ずは浅草の曙湯へ。昨年は萎れかけの藤を曇天をバックに撮影と言う散々な状態だったのでリベンジを誓ったのですが、残念ながら先週のツーリングの日が見頃だったのよね。なので今年は晴天ながら藤はもう終わりかな、贅沢を言わせてもらうと歩道部分に多少はみ出しても藤棚をもっと大きく立派にしてくれると写真映えがするのにね。
曙湯の藤棚
 なので亀戸天神は止めてあしかがフラワーパークに行こう、浅草から首都高に乗れる場所は何処だろうか?とフラフラ探して四つ木まで移動、すると先週に続きまたETCのゲートが開かず。コレは修理に出すしかないか、係のオジサンがカードを通してくれて入場は何とか出来ました。その先の浦和ICは何とも無かったし佐野藤岡の出口も普通に通過出来たので首都高のゲートと相性が悪いのか?先週は沼津でエラーが出たのでそんな事は無いけど。

続きを読む


タグ:富田
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ひっそりとガルパン行脚 [旅行]

 3連休の最終日、ラジオでは本日夕方から予想されるとんでもない大渋滞の話をしているし壊れた腰のお陰で右足が痺れて歩行すらままならないです。しかし1月半動かしていない車をいい加減動かさないと昨年の車検で新調したバッテリがまた死んでしまう、あまりにも動かさないからネコが鳩を捕まえてウチの車の上で食うか殺すかしたらしく車の周囲にドバトの羽が飛び散っているし

 そんなんで11時半頃エンジンを起動したらラジオはTBSで毒蝮三太夫さんが地元の大田区鵜の木から中継中でビックリした、今から行っても遅いか。で、目的地は事故でもない限りほとんど渋滞しない常磐道と北関東道を乗り継いで行ける大洗がすっかりお気に入り。その前に昨日開通した首都高のほくせんも通ってみないとね、なので第三京浜に入り港北ICで旧出口側に進むとぐるっと廻って分岐を右に進むとほくせん。陸橋の後すぐトンネルなのは圏央道みたいだ。

 生麦で横羽線への分岐があり真っ直ぐ湾岸線に進んだら大黒ふ頭まで戻る結果となったので横羽線入った方が近道なのだろうか?大黒ふ頭だと保土ヶ谷廻るのと大して変わらないじゃない。湾岸線から葛西ジャンクションで6号線に入り四つ木ジャンクションで常磐道方向へ、ここまで渋滞ポイント無く実に2時間半ほどで大洗へ。大洗リゾートアウトレット運営会社が金銭トラブルを起こして駐車場が閉鎖中とか言う情報でしたが無事に停める事が出来ました。

 トランクからチタン製折り畳み自転車を出して組み立てて移動開始、駅前通りからようこそ通りを越えてランチをして更に進み続けるとココス大洗店。ココスは3月初めまで「ココス×ガールズ&パンツァー 劇場版 キャンペーン!」と言うのをやっていたのですが、大洗店は地元?だけにフェア終了後も壁画が壁に残してある。しかし5年前のテレビアニメでまだコレだけ盛り上がるなんて大したもんだ、ココスは学生時代にバイトしていたのですが、ランチはやはり地元資本の店に拘るので昼食は個人店で食べました
会長とIV号戦車

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ガルパンおじさんは大洗を目指す [旅行]

 3連休最終日、ちょっと仕事しようかな?とか思ったけど雨降っているし事務所に行ったら多分夜まで仕事をしてしまうので行かない。雨は止まないしどうしたもんか?と思っていたら昼過ぎに止んで13時頃から陽も差してきた、一丁ドライブにでも行くかな?半日で日帰りが出来るのは大洗。最近ツーリングだデートだではよく行ってたんですが、本音は一度やってみたかった所謂ガルパン(ガールズ&パンツァー)の「聖地巡礼」と言うのは一度もやってない。市内をバイクや車で通過する際にガルパン登場人物の等身大POPが立っているのをチラ見する程度。

 それを独りで行けばガッツリと堪能出来るじゃないの、現地の移動用として折り畳み自転車のパナソニック・トレンクル君をトランクに突っ込んで出発。雨は止んだばかりなので路面に水が残っていて前の車と距離を詰めて走ると跳ね上がった霧状の泥水を浴びるくらい、でも箱崎ジャンクションでアスファルト舗装が見える位に車が少ない状況は初めてかもしれない

 その勢いで渋滞が常態化している三郷線も渋滞知らずで常磐道もガラガラ、路面は乾いているけど前方に雨雲がフラフラしているので何処かで降られるかもな。とか思いつつ友部ジャンクションから北関東道に入ってもガラガラ、水戸大洗で降りて国道から大洗駅方向に行く側道、普段は水族館行きの車で大渋滞しているところまでガラガラだ。ここまで家を出てから目的地までガラガラだったドライブは近年無かったと思う、マリンタワー下に車を乗り捨てると両脇が筑豊ナンバーと札幌ナンバーでこれもガルパンおじさんだろうか?とりあえずは駅を目指す。
駅前

続きを読む


タグ:大洗
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

川崎大師 (川崎市川崎区大師町) [旅行]

 日曜日は小島新田に行って産業道路を越えて出来野商店街で蕎麦を食べてから再び川崎大師を目指す、何処か自転車置き場が有れば原付なので混ぜちゃおうか?と思ったらそんなのは無かった。裏手に大師公園があるので自転車が停まっている場所に原付を停めていざ参拝、この日初めておろした靴を履いていたので結構カカトがピンチなんだけど。

 やっぱり正面からと言う事で「大師仲見世」を通る、両脇がずっと土産物屋で呼び込みが激しい。浅草の浅草寺に向かう仲見世も両脇が土産物屋だけど全然客引きをしないものね、参拝者の数が全然違うと言うのもあるが。飴が名物らしく包丁でリズムを取りつつ飴切りのパフォーマンスを披露中なんだけど、切るほど飴が無いのでまな板を叩いているだけ。甘酒なんぞも名物なのかな。
仲見世
 40年くらい前に家族で初詣に来た事があるのですが、多分川崎大師駅だったかな?もう駅を出た瞬間から大行列で、新年早々寒い中牛歩で進んだのを思い出しました。両脇土産物屋がズラリだったのでこの仲見世もノロノロ進んだのだろうな。とかクリスマスにはまだガラガラな参道を進みつつ思い出す、来週は元旦なので大変な事になるのだろうね。何せ明治神宮・成田山新勝寺に次ぐ初詣御三家ですからね

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

小江戸川越 (埼玉県川越市幸町) [旅行]

 3連休最終日は川越の蔵造り地区へ、生憎の雨模様ですが大学生のグループから親子連れに老人カップルまで大勢の観光客が。本川越駅近くで食事を済ませて改めて蔵の並ぶエリアへ向かう、川越って10代半ばの頃に親に連れられて来て以来だな。その時は何故か多摩川土手を延々と北上して行ったのですが、21世紀は関越道の川越ICより10分ほどで到着。中心地は混むだろうと一本裏のバス通りのコイン駐車場に車を乗り捨てました。

 バス通りを進むと先ずは銭洗弁財天こと川越熊野神社がある、大雨でところどころぬかるんだ境内ですがもうテープで案内音声流しっぱなしで参拝客だらけ。まあ銭洗弁天だし、絵馬ならぬ紙が大量に貼り付けてあり、どうも社殿でマネー指南的な事もしてくれるらしい。神職や巫女の格好をしたFP資格を持った手相見の人でもいるのかしら?本堂参拝して運試しの輪投げもしたけど惨敗、銭は洗わず。因みに手相図が貼ってあったので良く見たら小指の付け根にある縦線が金運線で、私にはそこそこあったので良かった良かった。

 と、観光前に景気を付けて?いざ蔵造りの町へ。って有名な観光地だし、電柱も撤去してあるし、ガス灯風のオシャレなすずらん灯まで整備されていて観光地として完璧な筈なのにその観光道路を自動車がビュンビュン通る。あまつさえ路線バスなんぞ数分おきだ、一本裏手の市役所前の道もバス通りなのでそちらに車は移して蔵の町は通行止めの観光道路にした方が良くないか?旧軽や横浜中華街並に賑わうスポットなのに正直自動車は邪魔過ぎる。
車の通る観光地

続きを読む


タグ:本川越
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行