So-net無料ブログ作成
検索選択
映画・TV ブログトップ
前の10件 | -

ヘボット! [映画・TV]

 年明け以来毎日仕事をし続けていて太るは腰椎ヘルニアが復活するわで悲惨、花粉症ではないので涙目鼻詰まりで仕事をしている同業者とどちらが悲惨だろうか?そんな状態で何か娯楽が欲しいなと思っているとニチアサの子供向けアニメの「ヘボット!」が面白いです。

 バンダイナムコ+コロコロコミックと言うメディアミックスでマンガも!オモチャも!映像コンテンツも!子供に売ろうと言う意気込みは感じるんだけど、スマホ時代にこう言うのってどうなのよ?ターゲットユーザーの小学生低学年くらいってそんなにオモチャとか買うのだろうか?パパママ世代もそれこそコロコロコミックとおもちゃメーカーのメディアミックス戦術を浴びるように育って来たのだろうし

 私なんぞだと親が昭和ヒトケタだったので子供世代との共通体験を拒否されて来たのですが、団塊ジュニア世代以降は大体親も子も似た様な消費行動をしていると思う。なので1年で陳腐化する様なオモチャは買い与えないんじゃないかな?と想像。妖怪ウォッチやポケモン位だと私でも流行具合が分るのですがカードバトルとか接点無いけど子供の世界では流行っていたりもしたので、甥がでんぢゃらすじーさんとかハマっていたのでそれ位は人気なのだろうか?

ヘボット! DXヘボット!

ヘボット! DXヘボット!

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

スター・ウォーズサーガはスカイウォーカーさんの物語だった [映画・TV]

 ローグ・ワンを観に行って、反乱軍リーダーにして元老院議員であるモン・モスマの旧作での出番が気になって先ずは家にあるEP4を観返したら全然出番が無かった。そうか、EP6でエンドアの月に新デス・スターがいると言う罠情報に引っかかる役だったよな。とか今度はEP6を観返す、と言っても今年の正月休みは短いのでアクションシーンを飛ばしてドラマ部分だけじっくり観たよ。

 すると、クライマックスに仲間にならないと言ってライト・セーバーを投げ捨てたルークに皇帝がキレてシスの光線でルークを亡き者にしようとするのを見ていたダース・ベイダーが「No,No!」と言って銀河皇帝をいきなり塔の上から投げ下ろすシーンが改めて刺さった。EP6だけ見るとやや唐突な気もするシーンで、フォースの暗黒面に堕ちたベイダーが息子を助けるために改心するのはどうなのよ?

 とか、以前は思ったのですが、ローグ・ワンに備えて?昨年末にEP3を観返していたのでそのラストシーンでもベイダーは「No,No!」と言っていたので案外綺麗に伏線回収しているなと。公開順序からするとEP6が先なので、その旧3部作の内容を踏まえて新3部作が作られているんだけど、旧作の話を補強する形で新作が作られていて、安易な商業上の都合で作られた続編では無かったのだなと感心してしまいました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ローグ・ワン [映画・TV]

 EP4から見続けているロートルなスターウォーズファンは絶対に見るべき、ズバリ去年のEP7よりもずっと面白い。EP4冒頭の「Rebel spaceships,striking from a hidden base,」と言う例の文をそのまま1話の物語にしてしまっていて、それだけなんだけどツボをしっかり抑えてあります。



 そう言えば去年の元旦もEP7観に行ったな、EP7はベン君(カイロ・レン)と言うお笑いキャラ登場でディズニーと言うよりワーナーのトゥーン映画みたいだったよ。昨年同様1日の半額デーなのですが3Dなので1,900円と安くも無い、EP7でもどうせスターウォーズは物語が画面中央で進行して隅の方で伏線が登場する演出とかあり得ないし!とか言って前の席を取ったのに続き今年も3列目ゲットしたら他の人が誰も座っていなかったと言う。

 上院議員のモン・モスマが登場するのってEP4じゃなくてEP6だったのにね、彼女が出て来るのでそのシーンと混同していたけど、EP6ではエンドアに新デススターがいると言う偽情報を掴まされただけだったね。と言う事はそちらでもスピンオフ1本取れるかも?ならEP4公開後にSFXがアニメだったホリデイスペシャルと言うTV映画も有ったのでこれもリメイクする方向で、ローグ・ワンはEP4に繋がる映画と言うよりラストシーンがそのままEP4冒頭に時系列として繋がるんで吹きました、何せ通常テカテカなダース・べイダーのヘルメットがEP4冒頭で半つや消しだったのも分る勢い。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

君の名は。 [映画・TV]

 ゼンゼンゼンセがこの映画のサントラだったとは知らなんだ。



 2016年を代表する映画なので観に行かないとなとは思っていたのですが、暮れも押し迫った30日にやっと劇場へ。上映時間が朝とか深夜ばっかりなのですが、そこはメガヒット映画なので近場のあらゆる映画館で上映しているから昼にやってる平和島のシネマサンシャイン抑える。因みにわざわざガラケーのメアドを指定して三次元バーコードが表示される様にしたのに、シネマサンシャインは対応しておらず受付番号を入力するシステムね。

 劇場に入ったら隣が一家4人の家族連れで、昨晩ネットで座席の状況を見たらいきなり4席埋まっていて焦ったのはこの家族だったか。小さい子連れが多くてアニメ映画だからなのか?終わって灯りが点いた時には案外と席が埋まっていて、話題のリピーターさんと言うよりも話題の映画だから観に行こうか?と言う私同様初見の年配カップルや子連れ夫婦が多かった気がする。平和島はimm上映とかで音がやたら良かったですが、そういう映画じゃなかったのでimmはローグワンかバイオハザードで良かった気がする

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この世界の片隅に [映画・TV]

 2016年話題のアニメ、「この世界の片隅に」と「君の名は」は年内に観よう。



 賢明な読者の皆様なら私が毒を吐きまくっているのはよくご存じかと、しかしこれでも毒を吐くのを止めたいと心底願い直そうと努力しているのです。なので、何かを持ち上げる時に全然関係の無い別の何かを引き合いに出して叩くのは下衆だから止めないと。とは思っているんですが、大変申し訳ないのですが私の吐く毒をちょっと浴びて下さい。

 9月までNHKの朝ドラで「とと姉ちゃん」と言うのを放映していまして、その戦時中の描写がもうあり得ない位に酷かったのですよ。もうね、日華事変から太平洋戦争の終戦まで日本国内がピリピリしていたとか言う描写で、町会長が極右の国粋主義者みたいに描写されていたり。ステロタイプな安っぽい戦時描写過ぎるし、第一そんな生活を何年も続けたら人間の神経は参ってしまうよ。この映画は原作漫画の他に今年ドラマ化?されたそうなので、そちらにはそう言う戦時下描写があるのかもしれない。

 と言う不満を吹き飛ばす、戦争中の日常と日常に戦争が割り込んできた時の非日常をメリハリつけて描写している良い映画です。何せ映画の話が本格的に動き出すのはヒロインのすずさんが呉にお嫁に行く昭和19年からで、それまでの広島や呉の生活描写のユルさは戦時中でもこんなもんじゃないのかね?すずさんの実家は海苔養殖業で、大田区も昭和30年ごろまで海苔養殖をやっており私のクライアントにも元海苔業者だった人もいるから親近感もわく。何せ「海苔のふるさと館」収蔵の道具にはその方が提供した物もあるし。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

家電もオンラインに [映画・TV]

 今時のAV機器ならネット接続機能があって当たり前、微妙に古い我が家のデジタル家電達も、液晶TV・HDDレコーダー・AVアンプそれぞれに有線LANポートが付いているので有線でHUBに繋いでそこからルーターに繋いでいました。以前の久が原に住んでいた時には床にLANケーブルを鞘に納めて這わせていたけどジャマだよね、来客があると蹴とばされることもしばしば。

 因みにそう言う場合、男性は床の配線に敬意を払ってか?まず蹴らないんだけど女性は問答無用で蹴とばすね、「ナニコレ、ジャマ臭い」と言う思いが態度に出ていると言うか。昨年田園調布に越した際に家庭内LANの無線化を図り有線ケーブルは全廃したのは良いのですがそれでAV機器類がオフラインになってしまった。無線ルーターとHUB間に食器棚が有るとは言え2m程度の距離だったのでこんなのを買ってきたり。

 ところがコレはあまり上手くいかなかった、すぐ現住所に引っ越してしまい引き続きコレを使い続ける為に床の壁沿いにLANケーブルを這わせてたら相方に「何コレ!?」と突っ込まれてしまった。ゆくゆくは多チャンネル対策でAppleかAmazonのネットTV端末でも導入したいしオンライン化をスッキリ達成せねばな。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

シン・ゴジラ [映画・TV]

 官僚たちのゴジラ。



 9月1日は映画半額デイなので話題のシン・ゴジラに行ってきました、事務所からだとシネコンは川崎の3館に平和島と二子玉川まで選択肢が有るのですが、一番近いラゾーナ川崎の109シネマが18時半からと時間が良いのでそこに決定。因みに18時半だとIMAXシアターなので半額と言っても1,500円、4DXでも3Dでも無いので通常版で良かったけれども帰宅時刻を考えるとラゾーナ川崎で20時45分に上映終了が一番ありがたい。

 で、シン・ゴジラと言えば「あの」新劇場版ヱヴァンゲリヨンQでやらかしてくれた庵野監督の作品なので当初は「誰が観るかよバーカ!」と思っていたのですが案外評判が良い上に、7月末に海ほたるに行ったらゴジラ展をやっているわ、期間限定で大田黒湯温泉が「ゴジラ湯」になっているのをわざわざ入りに行ったしで徐々に気になる映画になって来る。
ゴジラと記念写真
 前評判に政治的なイロが付いていて、保守系の人曰く「3.11の時の民主党菅政権の後手後手に廻った対応の悪さを皮肉っている」だそうだし、リベラルの人曰く「対米追従ポチの日本政府を皮肉っている」とかで本当か?そうまで言われると真相を確かめなければな、でもお金が無いので映画半額の日ですよ当然。

続きを読む


nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

やっとホームシアターを7.1チャンネルに [映画・TV]

 6月に撮影機材を買おうかな?と思って川崎ルフロンのヨドバシカメラへ、結局手許の機材で何とかする事にしたんで何も買わなかったのです。帰りにホームシアターのコーナーに寄って、今使っている物よりもコンパクトなサラウンドスピーカーが売ってないかな?と思ったらドンピシャなのが有ったわ。

ONKYO スピーカーシステム (2台1組) ブラック D-077E(B)

ONKYO スピーカーシステム (2台1組) ブラック D-077E(B)

  • 出版社/メーカー: オンキヨー
  • メディア: エレクトロニクス

 2個セットでやたら安くないか?入荷未定とか書いてあったんで帰宅してAmazonで見るとやはり入荷未定、値段はヨドバシよりポイント分だけ安く、つまりどちらで買っても同じなので今回はヨドバシで2セット注文してみた。2セットと言うのは4年前の正月に7.1chのAVアンプを買って、しかしサラウンドスピーカーを3つしか持っていないので6.1ch状態で4年半運用していたのをやっとフルスペック運用したいなと。アンプに7+1つのスピーカを自動設定するツールも附属しているんですが、それってちゃんと8つ繋がないと使えない。

 入荷未定だけに配達は7月半ば、しかし、梱包の箱がとんでもなくデカい、運送屋が在宅を電話確認してから持ってくるレベル。と言うより事務所受取りだったので車で自宅に持って帰ろうとしたら箱が大き過ぎてトランクにも後席にも入らずビックリしたわ、ミニバンかハッチバックなら積めたか。しょうがないから箱から出して運搬してしばらく放置後一念発起して配線、何が一念発起かと言うとカーペット下の配線カバーにスピーカーケーブル3本通っているのを4本にするのが大変と言うより無理だったのでその辺でバタバタ。
7.1ch

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

昼のセント酒と言う謎番組 [映画・TV]

 土曜日に最終回を迎えたテレビ東京の土曜ドラマ24「昼のセント酒」、放映リストを見ると全12話の内後半は全部観たのか。最終話は先日妙法湯で遭遇したステファニーさんが登場したり、蛇骨湯の向かいが更地になってたりと見所?多かった。気が付いたらAmazonのプライム会員になっていた私は前半も今すぐ視聴可能らしいのですが、プライム・ビデオシステムが今一つ判りません。試しに視聴したガルパンOVAは確かに観れたけど1/3ほど観て視聴を止めたらその後再生出来ないし。

 初見の第七湯(7話)が練馬の久松湯で、久松湯は行った事があるんだが何だか主人公がいきなり湯船に手拭い入れたまま浸かってるわ(マナー違反)、体を洗う時にシャワー出しっぱなしだわ(別に違反じゃないが)で突っ込みまくりで何だかな。シャワーは案外吐出量が多いので浴びながら体を洗うと家庭用浴槽一杯分くらい軽く下水に流しちゃうよ

 その後はシャワー出しっぱなしは止めたものの先に体洗ってから入るのが気に入らない、確かに汚れは落として入るべきだけどそれは「掛け湯」で股間の糞尿や全身の汗や埃を洗い流せば良いのであって、基本はお湯に浸かって体をふやけさせてから垢をこすり落とさないと意味が無い。今時の若者は入浴前に洗う人が多いので、部活帰りの高校生大学生なぞが毛穴の皮脂が全然落ちてないから湯上りなのに全身汗臭いものね。浴槽で発汗して皮脂をお湯に流して良いのよ、風呂屋の湯は毎日入れ替えるし終い湯に行くとお湯に垢が溶け出して臭いのも当たり前だ。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

面白うてやがて哀しきガルパン劇場版 [映画・TV]


 予約しておいたガルパン劇場版Blu-rayが届いたザンス、忙しいので通しで見る暇が無く何度も分けて何回も観ています。劇場に行って更に4DX版まで見て、今度は自宅ですよ。欠かさず読んでいる某ブログでは「みぽりんの首カックンが見どころ」と言う話でしたが、それなら戦車全体画で車長席に乗っている正直言って可愛くないポリゴンみぽりんがやたら気になる。そこからアニメ画のみぽりんまでワンショットでつなげたのは凄いけど。

 個人的には4DX版を観に行って来、アニメの瞳の描き方が突然カステラロールに見えてちょっと怖いかも?と思ったり。自宅で改めて観ると前半の主役は間違いなく大洗町でしょう、ファンの人が聖地巡礼するのも判るわ。IV号戦車のキューポラ目線で劇中登場の街並みを見てみたいと思う、市街地のみならず住宅地までも走り廻るんでそこまで見て廻りたい気持ちはわかるけどそれは事案になりそう。

 改めて観るまでも無く、話はドラゴン桜みたいなもんです。廃校の危機にある学園を戦車道と言う架空の武道で優勝する事により立ち直らせる、劇中では文部科学省との約束で廃校の危機を免れるとありますが、東大合格者を出して入学希望者を増やそうと言うドラゴン桜の様に戦車道の強豪校になる事で来年の入学希望者を増やして廃校の危機を免れるんじゃないのかな?そう言う描き方はしていないけど。

 それならば学校経営者である大人が何とかする筈なのが何故か生徒会長がイニシアチブを取っているのがこの「学園艦」なるシステムの謎なところ。良くは知らないのですが「ラブライブ!」と言うのも廃校の危機に生徒が立ち上がる話だそうなので、大人が出ない話の方が受けるのか?

続きを読む


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - 映画・TV ブログトップ