So-net無料ブログ作成

ふるさと納税絶好調 [税理士]

 確定申告も残り1週間を切って佳境と言うか死にそうと言うか、私の場合は腰椎椎間板ヘルニアが34歳の時来に再発してもう毎日悶絶状態で右足を引きずりつつヨレヨレ仕事をしております。数年前より表題のふるさと納税が普及してきて、今年度は業務用確定申告ソフトも寄付金控除を入力する際に別の計算表を使うように変わったので早速活用しています。

 何せ普通に寄付金控除で入力したら(ふるさと納税以外の寄付金の話ね)ソフトが自動で有利判定をして「この納税者さんの場合は寄付金について所得控除より税額控除にした方が納税額が減りますよ」とか提案して来るのでビックリした、もう税理士会の無料相談会場で「今時の税理士はコンピュータの支援が無いと税額計算すら出来ない」とか税理士同士で冗談を言い合うくらいで、既にAI支援を先取りしているかもね。

 しかしそんな納税者の関心も高いふるさと納税も仕事として計算処理をするだけよりも実際に自分でやってみる方がより親身に相談に応じる事が出来るだろう、と言う事で昨年はちょっとふるさと納税を使ってみたら確かに区民税が安くなった気がする。本当は年に1度も医者に行かないのにとんでもない金額の保険料を負担している国民健康保険料が減額されると嬉しいんだけど。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

SNS世代が知っておくべき“お金”の話 [税理士]

 東京税理士会としては「税理士記念日フェア」と称して過去3回イベントをやってきたのですよ、が、毎度若い人向けのイベントを企画しつつ来るのは6~70代の高齢層で。高齢層はまあ生前贈与だ相続対策だで税理士の見込み客なのでそれはそれで良いのですが、フェアの趣旨は毎回若い層に税理士と言う職業を知ってもらい将来の進路として意識して欲しいと言う事なので、そういう意味では毎回失敗でしたね。

 しかし昨年末よりJ-Waveで提供番組を始めたりと本格的に若い人向けに広報活動を始めたので今年はその線で集客を試みたり、もう高齢者しか読んでない新聞媒体で集客するよりは若い人が来るだろうけどJ-Waverとか言ってもな、大体3~40代だろう。とか思っていたのですが、大学のキャリアセンターにチラシを置いてみたりと大学生狙いのイベントと言う目的意識をブレずに持って集客したら案外と若者が集まった。なので本会広報部員の一人として当日は立ち会わないとね。

 なので土曜日は11時過ぎまで掃除・洗濯・布団干しを精力的に頑張る、12時15分にJ-Waveが有る六本木ヒルズ集合なので1時間前に家を出れば?と思っていたのが電車に乗ったのが11時半で遅刻か?と思ったら正午過ぎにヒルズ到着、余裕じゃねえかと言う事で入館パスを貰ってからスタバでサンドイッチとラテを買って簡単にランチを済ませたりする。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

代理送信で電子申告のおさらい [税理士]

 木曜午後が組合部会で翌金曜日が当番の青色申告会での代理送信です、自分の仕事を何時やれば良いのか?木曜の部会では徹夜とか寝てないと言う同業者が変にテンション高くて部会後の飲みが盛り上がったりね、私は調子に乗って帰りに缶チューハイ買って飲んだら0時過ぎまでソファで寝る展開になってしまった。因みに土曜日も税理士記念日のイベント動員でこの3日間はマトモに仕事が出来ない。

 で、無料相談です。青色申告会の代理送信用PCはそれ以外に使わないのか?昨年もそうだったけどCドライブが断片化していたり更新プログラムが山の様に溜まってまともに動かないんだよね、先ずは断片化をデフラグで解消しつつ代理送信業務をしていたら「メモリ不足です」とか言ってオチたのは更新プログラムが一時ファイルに保存されていた為動作が不安定になっていた様で、そちらは昼休み時間を使って更新したので午後はサクサク作業。

 代理送信と言うのは、電子申告で納税者の受任により申告書を代わって送信するのは税理士の独占業務だ!と言うものだから逆に青色申告会に税理士が派遣されてひたすらインターネット申告のデータ送信作業をする事を言う。代理送信自体は正直そんなにスキルが必要無い仕事なので、執着心が仇となっているキライはあるよな。私の所属する支部では税理士が打ち込んで送信するのですが、聞いた話では入力済みデータをチェックして送信するだけの支部も有るとか。いやさ、そちらの方が主流みたいだけど。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

確定申告と木こりのジレンマ [税理士]

 「木を切るのに8時間与えられたら、私は斧を研ぐのに6時間を費やす」とリンカーンは言ったそうな、その話の元ネタなのかな?「木こりのジレンマ」と言うたとえ話があります。

経営の原理原則 マネジメントレター 斧を研ぐ時間を確保せよ
https://www.tabisland.ne.jp/tanabe/kigyo/letter/letter_011.htm
>「なぜ斧の刃を研がないのか? ボロボロになっているから切り倒せないんだ」

>「そんなことをしている暇があったら、もっと多くの木を切らなければいけない」


 本日より個人の確定申告スタートです、昨年のデータを見ると2月16日提出分は案外と電子ではなく窓口提出しているので今年になって電子申告の開始届を改めて出さないとならないという。去年はほぼ100%電子に移行したと思っていたのに、今年は紙で提出するとマイナンバーの写しを添付した上に本人確認の証明書の写しまで必要になるのでもう紙の申告と言う選択肢は無いけどね。

 毎年2月16日の受付開始日に夫婦そろって提出する高橋英樹氏みたいな事をしてみたいですが、今年また12月決算法人と言う2月末に締め切りを迎える法人申告が増えて2月中は個人の確定申告は無理じゃないのか?個人のお客も減らす方向で、とか考えていたら紹介やら飛び込みでむしろ増えて有難いんだけど辛い。1月末の地方税申告でeLTAXのトラブルに巻き込まれて逆に腹を括って、例年は2月10日まで何となく遊び歩いているのが1月から全力で申告モード突入してむしろ昨年より楽だけど。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

キレやすい税理士? [税理士]

 水曜日は朝から来客・集金と午後にまた来客でその間朝一番から夜まで電話が鳴りっぱなしで何だか疲れましたわ、12月決算が捗らないじゃないか。電話応対中に別の電話がかかって来て、スタッフが対応していましたが電話の応対が終わって「何処から?」と聞いたら「組合から」と言うので受信履歴を見つつコールバック。

 まあそうしたらアレだ、自動音声による対応です。そこで「この通話のやり取りは録音されております」と優しい口調で警告する例の奴が流れて吹いたわ、コールバックした先は代表番号ではなく特定の課だったので世間一般の人相手の警告と言うよりも組合員と言う「中の人」向けなのにね。因みに電話の内容は私がファックスの返信をまだ出していない文書の督促だった、昨年の選挙でも督促を貰っているので事務局で問題会員になっているかも知れんね。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

たらい回し未遂? [税理士]

 俄然仕事ネタが増えてきましたが、何しろ本当に仕事以外何もしていないから仕方ない。2月末が申告期限な12月決算法人は個人の確定申告と作業時期が重なるので減らすしかない!とか思っていたのが今年は逆に2件増えて死にそうだし、その中で一番付き合いの古い12月決算法人は「自計化+クラウド」でこちらも昨年から時々クラウドの会計ファイルを開いて仕訳修正をしていたので決算順調です。

 なので2月3日にもう申告が出来る状態に、納税額等のやり取りは既に済んでいるので電子送信だ!と思ったらエラーです。「利用者識別番号が間違っているか、申告書の内容が間違っています」ですと、このエラーメッセージは昨年に同じクライアントで電子申請をした際にも見たな。しかし1月末に法定調書合計表を送信した際はエラーが出なかったのに、電子申告ってコンピュータに関与税理士(私)とクライアント双方の電子申告用の利用者識別番号を予め登録して、申告データ作成時に登録データを取り込む仕組みなので番号が間違うとかあり得ない。

 数年前なら面倒臭くなって紙で提出したかもだけど、今となっては紙で出す方が余程面倒だわ。エラーが再発しているのだけれどもエラーが出ない場合もある、コレは問い合わせするしかないな。なのでクライアント納税地の所轄税務署に電話、あっさりと繋がるんで2月初旬の今なら税務署は空いているんじゃないか?しかしエラーになると言う事はデータ送信に失敗しているので、そうなると税務署サイドでは対応が出来ないからe-Tax専用のコールセンターにかけろとな。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

国税庁の確定申告書等作成コーナーは凄い [税理士]

 個人事務所ですが消費税の納税義務者になる程度の売上があるので申告には税務署の言う所である「ベンダーソフト」と呼ばれる会計専用機を使っています、やっぱりプロ仕様なので使い勝手が良いし。が、こちらも商売なので案件がほとんど無い税務用のソフトウェアは買っていません。と言うのは昔ならレア税務申告なら手書きで済ませちゃおうと言う話なのですが、昨今は国税庁のe-Taxソフトやブラウザ上で申告書が作成できるコーナーが便利なのでそれで済ませてしまう。

 e-Taxソフトは国税庁曰く民業圧迫とならない様にわざわざ使い辛く作ってあるのですが、ブラウザの申告書作成コーナーは税にも電子申告にも不慣れなシロウトさんでも簡単に申告書類を作成して、印刷したり電子申告まで出来る様になっていて良く出来ています。シロウトさんでも楽々出来ると言う事はプロの税理士が使えば「あらよっと!」と言う塩梅に一瞬で申告書が出来るって寸法よ

 組合の確定申告無料相談で青色申告会を担当したりするとe-Taxで代理送信が出来る権限者としてひたすら電子送信雑務をやらされるのですが、その時に使うのが国税庁の確定申告書等作成コーナーなのです。なのである程度は勝手知ったる使い心地で、お客さんから依頼を受けた仕事で使う事もしばしば。と言っても自動計算するワープロとして使うばかりで、最終的には印刷して押印後提出したりが専らでした。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

eLTAXやっちゃったな [税理士]

 地方税の諸々な申告期限は1月31日でして、昨年は給与支払報告書と総括表をeLTAXで一斉送信したら凄く楽だったので今年も31日に送信するつもりでした。が、27日午前11時頃に決算関係でeLTAXの送信をしようとしたらサーバーが落ちかかっていてコレはまずい事になるぞと。27日は午後に時々繋がったのでこの時は何とか6件送信できました。

 多分30日31日は更に凄い事になると予想されるから週末の28日29日がeLTAXの休日サービス提供日だしそこで頑張るしかない!と思い給与支払報告書の7割位と償却資産申告書の半分を無事送信。いや、週末は何時ものeLTAXの様にサクサク動いて21時半まで仕事した甲斐があったよ。明けて月曜日は悪い予想通りの阿鼻叫喚、日中は出ていたので夕方から落ちかかったサーバーをにらみつつ作業、20時過ぎにはようやく送信できる状態に復旧して給与支払報告書はほぼ送信完了したところで力尽きで帰宅しました。

 アクセスの殺到っぷりからすると大企業の経理部門とか大手税理士法人が大量送信しているのかね?遅い時間ほど復旧するので、こうなると自宅で事務所をやってる税理士が有利だったと思う。もう、日中はどうせダメだから送信データに電子署名を付加するところまで作業したら夕飯にして風呂にも入って寛いだ後21時とか22時に送信するとか出来そうだしね。とか思っていましたが最終日の31日はもう昼休みだろうが夜だろうが皆が必死に送信を試みているのが伝わってくると言うかもう丸で繋がらない。〆切のある事なのでもう後回しに出来ないし。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

eLTAXが非常に不安 [税理士]

 金曜日に申告データを2つばかり作ってもうとっとと電子申告で送信を済ませよう、税務署2箇所と地方自治体6箇所。それと同時に昨日開業届を提出した自治体から何か返事が無いかな?とPCdeskと言うeLTAX謹製のソフトウェアも起動。ウチは某高齢税理士向けの高価な会計専用機を使っているので、多分電子申告用のソフトウェアでPCdeskの作業は出来るのでしょうけど、送信先自治体の追加やメールの受信に使っています。

 そのPCdeskのシステムでメール受信をしたらサービス提供時間外ですとか言うね、平日金曜日の午前11時に使えなくて何時サービス提供しているんだ?メールは電子メールでも来ているので問題は無いけれどもちょっと不安な展開だな。とか申告データの送信をするとe-Taxは問題無かったのですがeLTAXがダメ、やはりサービス提供時間外とかメッセージが出る。

 ああ、eLTAXのサーバーがダウンしていますね。が、検索するとニュースにもなっていないしeLTAXサイドにもアナウンスも無い。その後間をおいて6つのデータの再送信を繰り返し、内1つだけ送信出来たけど残りはエラー、なんて調子で、本来ならば1分もかからず完了する作業に20分近く費やす羽目に、送信出来ても受信通知の受け取りが出来なかったりでリロードしまくったりと繁忙期に時間を無駄にしたわ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ラジオ出演しました [税理士]

 事後報告ですが、17日にTBSラジオの「たまむすび」に出演しました。番組内コーナーの「キーパーソン」で現役の税理士が税を考える週間最終日に告知をすると言う、告知なら初日にやらないとダメだろうと言うかね。出たと言っても生ではなく収録で、原稿棒読みでしたけどね。

 東京税理士会の広報部委員は順番にラジオ出演が廻って来るのを華麗にスルーしていたのですが、委員2期目にしてとうとう「お前出ろよ」と言う流れになってしまった。と言うより先に出た委員の皆様は東京税理士会のワクで出演していたのが今回の私は日本税理士会連合会と言う上部団体のワク、後で話を聞いたら他の人にオファーが来たのを私に廻したとかではた迷惑な。

 日税連のワクですが東京税理士会の活動を紹介するとか、早速TBSラジオ担当者から電話とメールが来てポンチ絵と言うかアウトラインを設定してくれたのは助かり。日税連的には「税理士の社会貢献」を話せと言うお達しがどうも広告代理店経由でTBSラジオに届いていて、具体的に成年後見か租税教育をとの事。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事