So-net無料ブログ作成
検索選択
郷土博物館 ブログトップ
前の10件 | -

品川歴史館 (品川区大井) [郷土博物館]

 さて日曜日、家事を済ませると15時で今から遊びに行ける場所は無いかな?17時前には浅草に行きたいのだけれども。大体施設の見学が1時間程度の郷土博物館が良いか、ならば浅草に向かう道中にある品川歴史館か、郷土博物館好きで以前より池上通りを通る度に前を通るのですが入るのは初めて。こんな馬鹿でかい施設作る必要有るんかいな?とか思っていましたが、方々廻ったら23区内の他所も大体同規模の郷土博物館を構えているので特別大きい訳でも無いのだなと
立派
 左手に駐輪場らしきものがあるのでそちらに原付を停める、と、若い男性が三々五々入館して行って何か有名なのこの施設?入ると事務所がありそこで百円払うと観覧券としおりをくれる。何をどうしたもんか?と言うので先ずは池上通り沿い方向に進むと「はっけん!!むかしの本」と言う企画展、保存状態の良い和本が並んでいて「偽紫田舎源氏」の原書がこんなにキレイな物も残ってるのね。当時の流行小説だけど今風に言うとラノベかコミックスじゃないだろうか?と言う風に挿絵主体の小説です。

 入り口方向に戻る途中の引き戸が開いて庭に出る事が出来る、元々は昭和初期に建てられた安田財閥ゆかりの邸宅跡なんだそうで茶室と庭園はほぼ当時の物。大森界隈は戦前ならドイツ学校が有ったり山王はもう既に邸宅街だったのでさもありなん、暑い日でしたが折角なので庭園に出てみると竪穴式住居遺構が有るのは良いけど8世紀初頭の物なんだとか、平城京が出来た頃でも地方ではいまだに竪穴住居住まいだったのかよと山上憶良の貧窮問答歌に思いはせたり。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

荒川知水資料館アモア (北区志茂) [郷土博物館]

 バイクを引き取りに浮間舟渡へ行った帰りに岩淵水門にある治水資料館へ、15年位前ならハーレーダビッドソンを都心路上に停めておくと一瞬で盗まれたのですが昨今はそれほどピリピリしなくても大丈夫っぽい。隅田川沿いの道から土手を上がって志茂橋を渡り中洲の関東地方整備局荒川下流河川事務所へ、荒川河川敷に遊びに来た人が有料駐車場に自家用車を停めていますが私は治水資料館前に乗り捨てたら警備の人が出てきて奥に停めろと言うのでそちらへ移動。
外見
 江戸川区郷土資料室「利根川の東遷」と言うのを見て、現在の利根川が江戸時代に東京湾へ注ぎ込んでいた流れを人の手で現在の銚子に注ぎ込む流れに変わったと今更知って感動しています。何だか土木技術って江戸時代でもうかなりなモンだったのね、そして明治・大正・昭和と19年を要して現在我々が荒川と呼ぶ人工河川の荒川放水路が完成すると言う「荒川の西遷」に関する資料の展示がこの資料館の目的の半分ね。

 が、河川敷なのでランナーやローディの休憩所やトイレとしての利用も多い。健康増進だか郷土史勉強に来た老人グループも休憩ついでに施設を見学、1階部分は図書館だったり荒川流域の生き物が魚は生きたまま水槽に展示されて鳥はパネル展示されています。実は昨年末のリバーサイドハーフマラソンでこの河川事務所脇を走って水門も通過したので、その時の記憶を辿りつつ1階のパネルを見学したりする。

続きを読む


タグ:赤羽岩淵
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館 (中野区江古田) [郷土博物館]

 さて山の日ですが新中野でお昼を食べてから中野通りを更に北上、哲学堂公園脇で新青梅街道にぶつかって左折後少し進むと目的地の歴史民俗資料館です。正面が砂利敷きの駐車場で車が3台停まっている、脇の駐輪場が満車なので駐車場の隅に原付を駐輪。謎の石造円盤があり説明を読むと平成2年まで本町に蕎麦粉の製粉所がありそこで使っていた石臼なんですと
正面
 右奥から入場すると左手の受付と言うか事務所部分が如何にも区の施設と言う雰囲気、1階正面に山﨑喜作氏寄贈地だから山﨑記念で元はテニスコートだったとか何とか。ロビー部分は書籍やパンフレットが置いてあり駐車場側には集会所が有るのかな?何やらどよめいていました、展示は2階だと言うので傷む足を酷使して上る。奥にエレベータが有るんだけどね、階段の踊り場部分に掲示板があり都留市美術館で根付の展覧会をやっているのを知ったりで歩いて上って損は無かった

 階段上がったところが哲学堂公園を作った東洋大学創設者井上円了のミニコーナーで奥側が常設で道路側が企画展、企画展示は27日まで「人生すごろく」と言うのをやっている。井上円了のコーナーが簡単ながら実に良くてねえ、「円了は迷信を信じ込むのではなく、人々が『自分』で考える事こそが、これからの日本の近代化に必要だと考え」て明治どころか21世紀の平成になってもそれが出来ていませんからね。「ネットの真実」を妄信するネトウヨとか新聞の論説やワイドショーのコメンテーターの意見が自分の意見に上書きされる老人とか、自分で考えない人だらけですよ。

続きを読む


タグ:沼袋
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

荒川ふるさと文化館 (荒川区南千住) [郷土博物館]

 さて日曜日に荒川区の郷土博物館に行くかな?ガラガラの都内の昭和通りをひたすら北上して千住大橋手前で左折するつもりが交差点が全然無くて隅田川手前でやっと左折、南千住熊野神社からぐるっと廻ろうとしたら道路工事だ何だで廻り込めず。所在を確認するものはアバウトな銭湯マップしかないけど大丈夫?と思ったけどまあ如何にもな形をした施設なのですぐに見つかりますよ。
全景
 隣の素盞雄神社側に駐輪スペースが有るけど自転車専用で原付はどうしたもんか?ぐるっと廻ると裏手に来館者用駐車場が有ったのでその奥に乗り捨てて正面へ廻る、裏から直接中に入れると助かるんだけどな。と言う事は全然無く蒸し暑い中正面まで歩く、正面には松尾芭蕉云々書いてあったり濡れたスカートの裾を絞る女の子ブロンズ像があったり、昔似た様なモチーフのポスターを消防庁が作成したら「お漏らしを連想する」とか抗議が来てすぐ撤去されたような?

 さて、事前情報では南千住図書館に併設された施設と言う事でそれじゃあ展示が簡単で全然期待出来なそうだよね、と思ったらさに非ず。むしろ郷土博物館の上部に図書館が併設された施設されていると言う体裁だね、左手の伝統工芸ギャラリーで何やらカンカン叩いていておじさんとおばさんがゲラゲラ笑っているわ。入り口脇の関所で百円払うとチケットをくれるけど誰ももがずそのまま入場。

続きを読む


大森 海苔のふるさと館 (大田区平和の森公園) [郷土博物館]

 大田区には区立の郷土博物館があるのですが、古いのと場所が辺鄙で入館料無料だから文句を言っちゃいけないがショボいんだよね。それとは別に新しい「海苔のふるさと館」と言うのもありまして、今回その施設内での特別展を見に行くついでに常設を見ようかなと。第一京浜沿いの大森警察署前から産業道路を越えて住宅地の中をちょっと進むと「ふるさとの浜辺公園」と言う人工海浜がありビックリしますよ、私なんぞの大田区のイメージは工場と汚染の街なので人工海浜なんて。
ふるさとの浜辺公園
 その人工海浜の向こうにあるのが海苔のふるさと館、浜辺公園に行くなら大森町駅からぶらぶら歩いて行くのが良いのでしょうけど、海苔のふるさと館へダイレクトに向かうなら平和島駅で降りて環七沿いに進み消防署裏手に進むのが賢いかな。しかしですね、エンジン付きの乗り物だと事情がかなり変わりまして、上述のルートは一方通行だ何だでまるで使えないのですよ。

 なので平和島のシネコン方向から廻るか、流通センターからトラックターミナルを経由して首都高のアンダーパスを潜って行くしかない。そのルートだと大きな幹線道なので大森東界隈の狭い路地を走らなくても良いのだけれどもえらく迂回を強いられた感が強くてねえ、ぐるっと廻るとバスの車両基地や倉庫の間に小さな案内板がありその通りに進むと目的地、テニスだ相撲だアーチェリーだの施設が有るのでそれをやっている人にはお馴染みかもしれない、ビーチバレーのコートはオリンピックでそのまま使えそう。

続きを読む


タグ:平和島
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

一葉記念館 (台東区竜泉) [郷土博物館]

 本来は一葉記念館~足立区郷土博物館とハシゴする予定だったのが、足立区郷土博物館は収蔵品が多いだろうと思い一葉記念館はまた今度にするつもりで郷土博物館に直行したら展示が思った以上に簡単過ぎて40分で見終ってしまい15時半。予定ではこの後風呂に行くつもりだったけどコレから行っても出たらまだ夕方で汗だくは必定、なので16時半閉館の一葉記念館に引き返す。環七内回りを加平の入り口を過ぎてすぐ左折すると千住新橋にショートカット出来るのだよね、地元民みたいに道を知っていれば近道も有るだろうけど昭和通りから国際通り方向に進んで竜泉へ。

 すぐ近くの一葉泉が営業していた頃に来て以来だわ、まさかその後樋口一葉に興味を覚える時が来るとは。しかし時刻は16時前で閉館まで40分弱、24年間の生涯とは言え4フロアもある施設だし改めて来た方が良いかな?と思い中に入って正面受付の女性に「今から見学して全部見れます?」と聞いたら30分で廻れると言うのでその言葉を信じ大枚300円を支払い入場、1階は売店でグッズが売ってるけど私には100円で買い求めた新潮文庫の古本があるのよ。

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

  • 作者: 樋口 一葉
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 文庫

続きを読む


足立区立郷土博物館 (足立区大谷田) [郷土博物館]

 日曜日と言うか3連休の中日、足立区郷土博物館と一葉記念館をハシゴして風呂に行こうかな?と言うのがこの日の予定。16時半閉館で我が家から近い方の一葉記念館を先に行って17時まで開いている足立区郷土博物館を後に行けば双方廻れる筈、と思ったけど事前に調べた感じでは足立区郷土博物館はかなり良いらしいので見学に1時間以上要するかもしれない。ハシゴは止めて直行するか、と言う事で昭和通りをどんどん北上。

 北千住を過ぎて日光街道と名を変えた4号線をを北上して環七へ、本当は千住新橋で左から下に降りて斜め右方向に進んだ方が正解だった。首都高の加平ICを過ぎて大矢田橋交差点でまた側道に出て中川沿いに北上しなければならなかったのを陸橋を渡り亀有まで行ってしまい引き返す、水路沿いの道をちょっと北上すると目指す郷土博物館が。
全景
 正面左手に駐輪場、右手に駐車場が有り駐輪スペースに向かうも満車で仕方ないので塀の脇に停める。塀の内側には石臼など民具が並んでいるのは良いけど馬頭観音とか庚申塔とか展示物にしちゃうのもな、ちゃんと元有った辻に戻してあげた方が良いんじゃないか?博物館の展示物になっちゃうとカミサマがいなくなった抜け殻風で嫌

続きを読む


タグ:六町 北綾瀬
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

江戸川区郷土資料室 (江戸川区松島) [郷土博物館]

 さて日曜日、浅草で三社祭はやっているし菖蒲も見頃なのですが江戸川区の郷土資料室へ行こうと。原付で京葉道路を東に一直線、荒川を越えて東小松川交差点で左折して千葉街道に入るとすぐ小松川境川親水公園。公園に沿って進むとグリーンパレスと言う施設が見えてくる、本当は千葉街道を北上して区役所の交差点で左折した方が近かったのですが良いじゃないの。守衛のオジサンに駐輪場が無いのか尋ねると千葉街道側から見て裏手にあるとな、適当に停めるよ。

 グリーンパレスと言うのはレストランがあったり大小のホールやら貸し会議室がある区の施設で日曜日も公開中、老若男女問わず賑わっています。1階で江戸川区のご当地食材と言う事で「小松菜カレー」と言うレトルトカレーを売っているのはどうなんだろうね?同じく1階レストランは施設内バンケットルームの厨房でも有るのか?変に立派。午前中の水泳で足が痛くなったのでエレベータに乗って3階へ。
入り口
 公式サイトを見るとグリーンパレスの耐震補強工事に伴い展示をコンパクト化したとかであまり期待しちゃいけないのか?文化施設の一部を郷土資料室に充てるのはランニングコスト的に大正解じゃないのかな?変に立派なハコモノ作って維持運営コストを負担するよりもラクだと思う。入り口前に手拭いだ過去のカタログだの書籍の販売コーナーがあり、その為に脇の庁舎に職員さんが詰めているのはご苦労様。

続きを読む


タグ:新小岩

文京ふるさと歴史館 (文京区本郷) [郷土博物館]

 連休最終日、とは言っても土曜日に通常通り家事を済ませてプールで泳いだので完全に通常の週末モードで週明け月曜日がむしろ待ち遠しいわ。ブログ更新を済ませて図書館に行って勉強しないとなとも思いつつ郷土博物館を見倒したい欲望も、ならば文京区のふるさと歴史館に行ってすぐ近くにある真砂中央図書館にでも行けば用が済むじゃないか。

 と言う事で原付を起動して皇居を抜け白山通りから春日通りに入ってすぐ左折すると目的地、奥の右手の図書館がありその先は階段の炭段坂で地域の案内板によるとその先に樋口一葉ゆかりの「旧伊勢屋質店」と言うのもあるらしい、帰りに寄ってみるかな?図書館向かいで歴史館の並びには大層立派なお屋敷の空き屋があり、段々と歴史のかなたに消えつつある様子。
歴史館
左手の立体駐車場?前に原付を停めてエントランスへ、入館料は100円なので払いつつ「一般的な見学ルートは?」と尋ねると1階を見てから2階じゃないでしょうか?との事。まあ例によって小学生が歴史の時間に来るような施設なんですが、文京区には弥生時代と言う呼称の由来となった弥生町があるだけに展示がちょっと良い遺跡の発掘に携わった人が後の偉くなった後の写真ばっかりだけど皆発掘当時学生だったのかと勉強になります。

続きを読む


板橋区立郷土資料館 (板橋区赤塚) [郷土博物館]

 憲法記念日、新高島平でランチを済ませて本命の郷土資料館へ。駅交差点をまっすぐ進むと首都高の下を潜り右にカーブしながら坂道を上って新大宮バイパスを過ぎると美術館入り口の交差点、交差点を左折すると東京大仏が有るので郷土資料館の帰りにハシゴしよう。右折して区立美術館の前を抜けると近隣住民が釣り糸を垂れている池の向こうに目的地が、この資料館と美術館から東京大仏の境内辺りまでは赤塚城址と言う史跡でもあります。

 特に駐輪場も無い(区立博物館は大抵無い)ので入り口前に原付を停めると外に青銅の大砲が、先込め式ながらライフリングが彫ってあるので幕末物か。と言う大砲こそが板橋区の郷土の歴史だったのだけれどもそれはまた後の話、入館するとまた臼砲が有ったりして。職員さんがいるのでお幾ら?と聞くとなんと無料だそうです。左手に常設の展示コーナーがありソコから見れば良いのね、しかし入り口脇に廃業した映画館から貰って来た映写機が置いてあったりと展示がランダムだわ。
青銅砲
 その展示がまあありきたりで、先史時代から土器だの展示してあると言う如何にも小学校の社会科の授業で来る施設なんだなと言う感じ。流石に板橋区だと農村だから歴史や文壇に登場する史跡は無いのかな、と思ったらゲベール銃が展示してある。と言うのはこの界隈が「高島流砲術」の地だったのよね、高島平」も高島秋帆にちなんだ地名だとか。後日実家の本棚を見ていたら2004年にこの資料館でやった特別展「日本の砲術」のカタログが有ったのでどうも父が行って買い求めたらしい、古いカタログも販売していたのでまだ売っているかも。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 郷土博物館 ブログトップ