So-net無料ブログ作成

たばこと塩の博物館に根付と提げ物を見に行く [美術など]

 日曜日、ビックリする位暑い日でしたがたばこと塩の博物館の「根付と提げ物」展が最終日だと言うので行ってきました。昔は渋谷の公園通り沿いにあって一度も入った事無かったな、今は東京スカイツリーの麓にあってすぐそばに本所税務署があるんで「おっ」とか思う。本所管内のお客さんは一件あるのですが提出は郵送なので行った事無い、来年は電子申告を提案せねば。

 気温35度とか言う都内なので屋内に入ってもガッツリ冷えてはいない、展示場は2階なので長いエスカレータを上がって上階へ。「根付」と言う細工物は知っているし提げ物の意味はやはり知っていたけど改めて説明されるとそう言う物だったのかと納得、やはり百聞は一見にしかずですねえ。要は和装の人が小物をどうやって携行するか?と言う時に帯に袋を提げてその中にいれるんですね。

 私も洋装ですが永年携帯電話はホルスター型のケースに入れて腰に携行しているので、やはり「身に着ける」なら腰周りが便利よ。バイク乗りもベルトに色々バッグやポーチを提げているし軍隊も上着の上からベルトを巻いてそこに装備品をぶら下げている、しかし、和装の人で提げ物ぶら下げている人ってあまり見ない気がする。そこまでやると格好良いと思う、自分もどうしてもセカンドバッグとかに走るけど、作務衣は案外と近代的でポケットが付いているので大抵の物は携行できるし。

続きを読む


nice!(14)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ルノワール展は金曜日が狙い目 [美術など]

 金曜日は17時より六本木にて打ち合わせ、はて?金曜日?六本木?て事は国立新美術館で現在絶賛開催中のルノワール展じゃないか。通常は18時終了の展覧会が金曜日だけ20時までやっているんです、打ち合わせが早く終わったらルノワール行けるんじゃないか?と言うサボタージュ活動はしていませんが打ち合わせは終了後の雑談と言う名の情報交換をしっかりしても18時前に終わったので国立新美術館に急行。

 1,600円なりの当日券を購入して美術館に入るといきなり大行列で吹きました、平日の18時に?と係の人に聞いたらカフェで18時半よりコンサートがあるとかでその入場待ちだった。若冲展じゃ無いんだからさあ、と一安心。メディアスクラムと言うかマスメディアの圧倒的な動員力を見せつける形となった若冲展はもう、東京都美術館と言う小さいハコじゃなくて幕張メッセか東京ビックサイトでやれよと言う大盛況だったのに比べると案外話題になってないルノワール。
コンサートの行列
 日本人は印象派が大好きで、特にもうルノワールと聞いたらパンダ並に殺到する筈。なので絵画鑑賞大好きだけどあんまり混んでる展覧会に行きたくない私としては、ルノワールはむしろ意識して今まで避けてきた出し物。なので「日本人ってホントにルノワールが大好きだよね」とか厨二全開で斜に構えていました、ごめんなさい。ルノワール嫌いじゃなくて新左翼世代のニヒリズムに毒されていただけです、反省しています。

 先日のカラヴァッジョ展で国立西洋美術館の常設もついでに見た際に常設で美術館所蔵のルノワールを何点か見ましたが、ルノワール単独の展覧会は初めてかもしれない。子供の頃親に連れられて印象派展に行った際に見たりはしているかもだけど、それは大行列でしんどかった記憶ばっかりなので。しかし流石は平日の18時で入ってもガラガラですよ。

続きを読む


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

安田靫彦展 (東京国立近代美術館) [美術など]

 確定申告が終わってやれやれ、3月末に東京国立近代美術館前を通過するとオヤ、安田靫彦展だ。観に行かないとな、とか呑気に構えていたら先週の日曜美術館で取り上げて(今晩再放送ですよ)アア、早く行かないととか思っていたら実は15日までじゃないの、ヤヴァい。
安田靫彦展
 なのでみどりの日にでも行くつもりでしたが生憎とその日は千葉に行っちゃったので翌日の端午の節句に原付で竹橋の近代美術館へ、作務衣で行くと和装割引が効くかな?と思ったらそんなものは無いそう。しかしJAF割引はあったので百円安い1,300円で入場、入り口で常設のキップもくれるので「このチケットで芹沢銈介も観れるの?」と聞いたらそれは別の特別展だからダメなんだと、芹沢銈介は親がファンと言うかちょっとご縁があるので見ても良いかなと思ったのに。

 連休の前半に久々国立西洋美術館に行きましたが、近代美術館は何だか年に一度は行ってる気がする。さて、展示ですがいきなり16歳の作品とかが超絶に上手くて吹いたわ。20代の頃の作品はなんだかマンガチックで「夢殿」なんて目を閉じている聖徳太子がほぼ少女漫画顔、展示前半の目玉である「風神・雷神図」なんて顔がほぼ「特攻の拓」でヤンキー高校生が凄んでいる顔で激しく吹いたわ、安田靫彦もマンガみたく輪郭線キッチリ描いているけど変なところで伝承されているんだなと。

続きを読む


タグ:竹橋
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カラヴァッジョ展と西洋美術館の常設展 [美術など]

 大型連休スタートです、ウチは暦通りに休んで、と言いつつ6日はスタッフだけ休みにして私は出勤して溜まった仕事を片付けないとな、とか段取りを考えている。初日の昭和の日は美術館に行ってからプールで泳ごうかな?この連休にやっている目玉と言えば新国立のルノワール展と都美術館の若冲なんですが、ルノワールは日本人が大好きな画家なので混雑を想像しただけで行きたくないし若冲もNHK筆頭にメディアが採り上げ過ぎで大混雑必至

 なので割と空いてるらしいカラヴァッジョ展が狙い目か?先日の日曜美術館で紹介していた割に盛り上がっていないんだけど。折角の休日ですが金曜日はごみ収集の日なので8時前に起きてごみを出したりしてブログ更新なぞ済ませてから11時過ぎに原付で出発、本日はまた突風が凄くて軽いPCX125は揺すぶられまくり。それでも何とか上野に到着して線路際の駐車場へ、ココはバイクなら1日200円で停めておけるのでおススメ、バイクは空いてるし。

 さて、物見遊山的に東京都美術館方面へ向かうと動物園の隣だけに相乗効果でえらい人の流れな上に美術館中庭に入場待ちの人がとぐろを巻いているのも見える。入場60分待ちだそうで、それ入っても中がまた地獄だろう。その他スタバ前の広場でグリーンフードフェスタと言うのもやっていましたが、私は動物たんぱくをワシワシ食べる人なので興味は無いよ。突風で公園の木が揺さぶられまくっていました、駐輪場に停めた原付が横転しないか不安になるレベル。
風強い

続きを読む


タグ:上野
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

うらめしや~、冥途のみやげ」展 [美術など]

 と言う展覧会を上野でやるとかやってるとか、全生庵コレクションを東京藝術大学大学美術館で見る事が出来るってありがたいのか?東京藝大から全生庵て1kmも離れていないんだけど。そんな「オルセーの至宝を東京で!」みたいなテンションがまるで無い上に全生庵御開帳なら無料で見学できた(と思った、拝観料取ったっけ?)ものを大枚1,100円出して見る必要があるのか?

 そんな、お金を払ったかどうかの記憶も定かではないのですが、全生庵御開帳はお寺の中で8月だけに蚊が酷くてねえ、寺だから殺生は不味いのでしょうけど何箇所も刺されて往生したのでソレが無いだけマシか。で、お盆休みの月曜日に行ったら定休日だったと言う不手際をやらかして翌火曜日に再度訪問。上野の場合は駅前から山を登った線路際バイクなら1日200円の駐輪場があるのでそちらにバイクを停めて公園内を抜ける、美術館目当ての欧米系観光客と博物館動物園目当ての日本人がゾロゾロ。動物園と都美術館の間が近道だろうと思ったらネコだらけ、ご飯待ちだね明らかに。
ポスター
 新聞社主催で広告宣伝を打つとかくも集客効果が、全生庵の御開帳なんて行っても相客が数名いるかどうかだしね。1,100円のチケットを買うとロビーの特設売店で白装束姿で売り子をしているのが藝大の学生サンだろうか、地下2階に降りて最初は圓朝の人となりを見ていよいよ全生庵の圓朝コレクション。て、困った。御開帳行った事あるからだけど全部見た事あるわ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

菱田春草展 (東京国立近代美術館) [美術など]

 先月、皇居ランニングをしていたら国立近代美術館の前に次回の出し物として「菱田春草展」と出ていて、春草と言えばの「黒き猫」が張り出してあったのですよ。これはもう行くしか無いですね、最近山種美術館と近代美術館ばっかり行ってる気がするけどそれだけどストライクな出し物ばっかりやっていると言うかすっかり近代美術好きに成り下がったと言うか。目玉の黒き猫は10月15日よりの展示なのでその後の最初の日曜の10月19日が狙い目かな?

 なので最近皇居ランニングの後にシャワーを貸してくれる方を誘ってみると19日の午後は大丈夫との事なので午前中に皇居を3周、本当は4周したかったけど時間が無いのと昼前からの日差しで気温がグンと上がって暑い、何故かツイード着て自転車で皇居に集合するイベントもやってたけど参加者全員汗だくだったし。ランニング後そちらのお宅に寄ってシャワーを借りサッパリしてから一緒に歩いて近代美術館へ!自宅から北の丸へ歩いて行けるって凄い事だよね。

 先週はNHKの日曜美術館で菱田春草展を紹介したのでその日の午後に前を通ったら行列が出来ていたのですが、この日は13時に行っても行列はなし。1年前の「竹内栖鳳展」位の混雑かな?アレも目玉が斑猫で猫が売りの展示が続いている気がする。「黒き猫」は15日より公開なんですが、その展示入替で引っ込められたのが「白き猫」だったそうでドンだけ猫がウリの展覧会なんだ
看板

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

國立故宮博物院展騒ぎ [美術など]

 クライアントが4月末の連休前半に台湾に旅行に行ったそうで、弾丸ツアーなので新幹線には乗らずに台北101に登って國立故宮博物院を見学したくらいだったそうですが、「國立故宮博物院は良かったよ」と散々吹聴されました。「上野でも公開するんでしょ?」「6月末からみたいですね」何て言うやり取りがあったのです

特別展 台北 國立故宮博物院
http://taipei2014.jp/

 何と!國立故宮博物院の目玉とでも言うべき「白菜」と「肉」の内上野に来るのは白菜だけで、しかも24日から7月7日までの限定公開だ。9月15日までだから8月終わりくらいにひっそり行くつもりだったのですが白菜の為にこの激混み必至期間に突入するしかないのか?て、個人事業主ですから何も世間様のように土日に行く必要無いんですけどね。白菜期間は連日20時まで公開しているそうなので7月に入ったら平日の昼過ぎから行ってくるかな?と言うより「目玉」は週替り公開なので足繁く通うか、素直に台湾行くべきか。

 いやねえ、昔両親が国立西洋美術館の「バーンズ・コレクション」に日曜の朝一番に行ったら既に行列が酷過ぎて入場すら出来なかった事があったのでね、もう20年前の話か。以来、上野で印象派の絵画展なぞがあっても近寄る気もしませんよ。しかし今回の國立故宮博物院展も印象派以上に大衆受けするイベントだけにこれも週末に行くのは危険過ぎるな去年のダイオウイカ展とは客層違うでしょうけど混むのはどの道勘弁。

国立西洋美術館 過去の展覧会 バーンズ・コレクション展
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/past/1993_134.html
>1994(平成6)年1月22日- 1994(平成6)年4月3日

>100万人の驚異的な入場者数を記録。


 しかし、今回の國立故宮博物院展、実は危うく開催されないところだったのです。

The Huffington Post 2014年06月23日 
「國立故宮博物院」展が無事に開幕 東京国立博物館長が「國立削除」問題を謝罪
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/23/the-national-palace-museum_n_5520891.html?utm_hp_ref=japan
>東京国立博物館で開幕する特別展「台北 國立故宮博物院−神品至宝」のポスターなどで正式名称である「國立」が削除され、台湾政府が訂正されなければ展覧会を中止すると抗議していた問題で修正作業が終了、6月23日に予定通り開会式と内覧会が行われた。開会式では東京国立博物館の銭谷眞美館長がこの問題について謝罪。開会式に出席が予定されていた台湾の馬英九総統夫人は来日しなかったものの、門外不出の名宝「翠玉白菜」も無事に公開された。

 日華議員懇談会特別後援だってのに。

西岡新 平成26年3月26日(水) 日華議員懇談会総会
http://nishioka-arata.jp/archives/4399/
>日華議員懇談会の総会に出席。我が党の平沼赳夫会長の挨拶の後、活動報告や活動予定、会計報告などを行う。6月には台北国立故宮博物院の日本展覧会が行われる予定で、有名な「翠玉白菜」も展示されるとのこと。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

沖縄美ら海水族館 (沖縄県国頭郡本部町石川) [美術など]

 古宇利島観光を終えてあとはひたすら海洋博公園を目指すのみ、12時半とちょうどお昼時ですが同伴者がお腹が減っていないそうなのでそのまま水族館を目指す、実は朝食はあまり食べなかったのでひもじいんだけどね。海洋博公園とはそのまんま1975年の沖縄海洋博会場跡地、確か当時46歳の父が一人でだか税理士会か何かの旅行で行ってたな、それを49歳になったばかりの私がまた行くとは

 美ら海水族館前に立体駐車場が有ったのでそこに停める、天気が怪しいので屋根があった方が安心ですからね、土日だとずっと向こうの駐車場に停めて延々と歩く羽目になるのだろうか?立体駐車場は停めてある車の99%が「わ」ナンバーのレンタカーで吹きました。まだ晴れていたので駐車場からちょっと歩く区間が辛い、帰りはスコールに捕まったのでこの区間でけっこう濡れました。水槽を上部から見下ろす事が出来るエリアを抜けてチケット売り場へ、県内いたるところで割引券を売っていたのに定価で入る不手際を、JAF割効くと思ったらダメだったもんなあ。
アクション写真
 音に聞こえた巨大水族館なので、上野の科博や佐倉の歴博みたいに大量の収蔵品を時間内に見学し切る事が不可能なんでは?とかなり心配していたのですが、基本大きな水槽にいろんな種類の魚等が飼育されているのでそんな心配は無用。基本大人は何を見ても「美味しそう」で子供は小さなカクレクマノミを見つけて「ニモだ~」とはしゃぐのよね、どの水槽にも必ずナマコが投入してあったのは生体フィルターなのだろうか?
タコ
 入ったところに水槽に手を突っ込んでナマコやヒトデを掴んで遊べるエリアがあり、手の届く場所にナマコやヒトデが「もう、どうにでもしてよ」と言わんばかりにぐったり並べてあるのが何とも、水槽の脇に洗面台が並んでいるのも現代風だね。展示コンセプトは「沖縄の海」なんだけどシロウトや子供でも楽しめるようになっています、昨年の科博でやってた「深海展」なんて小さなホルマリン漬けの標本が延々と並んでいて困ったものね。
クラゲ

続きを読む


タグ:沖縄
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

所沢航空発祥記念館 (県営所沢航空記念公園内) [美術など]

 「サヨナラ2013年の瀬マラソンin所沢」でフルマラソンを3時間56分で走り切って、エイドステーションで飲み物や食べ物を貪りまくってからやっと着替える元気が出て駐車場に向けてゾンビ(最近のゾンビは走るけど、古典的に)の様にヨレヨレ足を進める。メインの通路はまだランニングしているランナーが大勢いるので芝生の脇を進んでからコースを横切って駐車場へ、5段くらいの階段を登らないと駄目なのを良い事に、階段の途中に腰掛けてからストレッチしてアフターランニング。

 更に車のトランク前で屈伸・伸脚やってから着替える、特に顔面が塩まみれで頬を擦ると塩の結晶がボロボロ落ちてくるんだけど、大会本部脇の水道はスプリング内蔵の水栓を開けっ放しに出来ないんで仕方ない、手のひらと顔面だけ洗った状態で上半身は汗で濡れたウエアを脱いで新しいTシャツを、下半身は同じく汗まみれのランニングタイツの上からナイロンパンツを履いて誤魔化す、この後風呂屋に行こう。

 靴下は履く気がしないので裸足にドライビングシューズを突っかけて再びヨレヨレとメーン会場方面へ、この大会は順位発表や閉会式が無いので適当に帰って良いのだけれども、折角航空公園に来たんで「所沢航空発祥記念館」も見ないと、大会本部の隣だし
大会本部と記念館
 館内に入ると映画「永遠の0」のパネル展が、空母赤城のCG復元に苦労しましたとか書いてあるので戦時中の「ハワイマレー沖海戦」とかその辺の空母(撮影時に赤城は沈没していたか)でロケしていなかったけか?とか思ったり。正面の受付で500円払って(映画を見る気力が無いので映像はパス)入場、入場するといきなりT-6テキサン練習機がお出迎え。その奥にはシコルスキーH19、レシプロエンジンなのは知っていましたが、ノーズに空冷星型エンジンが入っていたとは

 と、言いつつブログに写真をアップするのはバートルV44だけどね、「フライングバナナ」の愛称どおりにバナナみたいな形。中に入ると天井低い、離昇出力が低いレシプロエンジンだから機体を大きく出来ないのか。それより機体表面のリベットのうるささが気になります、半世紀以上昔のアメリカレベルやモノグラムと言ったプラモデルのリベット表現ってうるさかったんですが、メーカーとしてはこのうるささを表現したかったんだなと。
バートル(バイアセッキ)V44

続きを読む


タグ:航空公園

特別展 深海 (国立科学博物館) [美術など]

 敬老の日ですが台風18号直撃デイなので國旗の掲揚は諦め、大人しく屋内で作業をしつつGoogleの「クライシスレスポンス」と言うのを開いておく。コレ台風のリアル位置と進路が自動更新で表示されるんでスゴいわ~とか思ってたら台風の中心が東京の西部を抜けて埼玉へ、しかも都心の雨はやんで来たね。午後は出かけても平気かな?とか高速道路の渋滞情報を見ると全然渋滞していませんが50キロの速度制限がされてたりで遠出はやめた方が良いな。

 それでは、と激混み必至の上野国立科学博物館の深海展を見るとなんと!行列していないとな。コレは世間の情報弱者どもがNHKニュースの警報注意報を鵜呑みにしている間隙を突いてゆっくり見るチャンス!と例によって原付を起動、車だと駅前は面倒だしねえ。あっという間に上野に着いて駅前のコインパーキング(30分50円)に原付を停めましたが、どうも上野公園の駐車場にバイクも停められる様でコレは失敗です。

 そんな世間様の裏をかいたつもりでしたが14時半過ぎで券売場前は5分の行列、その先入場に3分の行列。やはり皆考える事は同じか、入場の行列はいきなりエスカレータがあるので来場者が殺到して将棋倒しとかトラブルの予防らしいです。通路脇には発電機付きの扇風機が多数用意してあり夏休み中は大行列にコレで風を当ててたのか、具合悪くなりそうだし。エスカレータには声優の坂本真綾さんが500円とか何とか貼ってあって何かと思えば音声ガイドに人気声優を使ってるらしい、この辺のチョイスが理系ヲタ。

 客層は予想通り子連れが8割以上で残りはデートで来たカップルとヲタグループね、子連れは幼稚園~小学生位で親が連れて来たのか子が行きたいと言ったのか?サラリーマン夫婦で子供を3人(妊娠中を含む)連れている人も多く教育熱心で良い事です、いや、茶髪で両腕に和彫のモンモン入った人も引率していたし常設ではベビーカー押したギャルママグループも居たりで日本人の文化教育に関する基礎力が高いなと感心した次第

 そんなんで最前列は小さい子とそのパパママに譲ってオッサンは人混みの後ろから見学、身長186cmなんでそれでも余裕で見えるし~、展示を覆い隠す様にガラスケースの前に立ち尽くす子供とか親は叱らないのか?とか親の民度を観察するのも楽しかったよ。案外高学歴風のパパが周囲に無関心の自己中で、ギャルママの方がその辺ちゃんと叱るモンだな。パネル展の先に目玉の一つの「しんかい6500」レプリカ。
レプリカ
 そう、展示はひたすらレプリカ(模型)にホルマリン漬けの標本と剥製。しんかいもいっその事広島のうみのくじら館に屋外展示してあるしんかい600を借りてくるとか?って国産潜水艦の年表からしんかい600が抹殺されていてちょっと悲しい気持ちになったよ。
タカアシガニ

続きを読む


タグ:上野
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び