So-net無料ブログ作成
検索選択

品川歴史館 (品川区大井) [郷土博物館]

 さて日曜日、家事を済ませると15時で今から遊びに行ける場所は無いかな?17時前には浅草に行きたいのだけれども。大体施設の見学が1時間程度の郷土博物館が良いか、ならば浅草に向かう道中にある品川歴史館か、郷土博物館好きで以前より池上通りを通る度に前を通るのですが入るのは初めて。こんな馬鹿でかい施設作る必要有るんかいな?とか思っていましたが、方々廻ったら23区内の他所も大体同規模の郷土博物館を構えているので特別大きい訳でも無いのだなと
立派
 左手に駐輪場らしきものがあるのでそちらに原付を停める、と、若い男性が三々五々入館して行って何か有名なのこの施設?入ると事務所がありそこで百円払うと観覧券としおりをくれる。何をどうしたもんか?と言うので先ずは池上通り沿い方向に進むと「はっけん!!むかしの本」と言う企画展、保存状態の良い和本が並んでいて「偽紫田舎源氏」の原書がこんなにキレイな物も残ってるのね。当時の流行小説だけど今風に言うとラノベかコミックスじゃないだろうか?と言う風に挿絵主体の小説です。

 入り口方向に戻る途中の引き戸が開いて庭に出る事が出来る、元々は昭和初期に建てられた安田財閥ゆかりの邸宅跡なんだそうで茶室と庭園はほぼ当時の物。大森界隈は戦前ならドイツ学校が有ったり山王はもう既に邸宅街だったのでさもありなん、暑い日でしたが折角なので庭園に出てみると竪穴式住居遺構が有るのは良いけど8世紀初頭の物なんだとか、平城京が出来た頃でも地方ではいまだに竪穴住居住まいだったのかよと山上憶良の貧窮問答歌に思いはせたり。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:地域