So-net無料ブログ作成

2018年はダイナ・V-ROD消滅 [バイク・のりもの]

 ハーレーオーナーしているとメールマガジンが届くのよ、昨年発表の2017年モデル(ハーレーに限らずアメ車は9月に翌年モデル発表が通弊)ではツーリングモデルのエンジンが旧来のツインカムシリーズから新型のミルウォーキーエイトにチェンジ。私の2012年モデル(2011年登録)が96立方インチ(大体1,600cc)なのに対して107立方インチ(1,745cc)とか114立方インチ(1,868cc)とか。

 もうね、四輪の世界ではダウンサイジングターボが主流でして、大きなセダンやSUVなのにエンジンは1,400ccとか1,000ccが普通なので何だか昨今はバイクばかりが排気量大きくなってる。と言うのは「メトリック・クルーザー」と呼ばれる主に日本製の大型バイクの排気量がドンドン大きくなるのに対抗しているのでしょうけど、私が乗り始めた頃のハーレーは80立方インチ(1,340cc)で既に大きいと思ったよ。

 そのミルウォーキーエイトエンジンがソフテイルシリーズにも搭載されるのが2018年モデルの話題とかでメールのリンク先からラインナップを見ていると「ソフテイル・ローライダー」だって!?ローライダーは70年代のショベルヘッド・フレーム時代からFXR・ダイナと2本ショックモデルの看板モデルだったのがソフテイルと言うリジットフレーム風モデルのラインナップになってしまうと言う事は、1991年に登場したダイナグライドシリーズは消滅するのか。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク