So-net無料ブログ作成
検索選択

百円ショップは市場経済の最前線 [事例]

 日曜日に木更津に行った際には、アウトレットモールからダイソーとスーパー銭湯まで木更津を堪能しました。本当はニトリにも寄りたかったのだけれどもニトリは昨今怒涛の出店ラッシュ我が家周辺でも大鳥居と用賀に地域最大級の店舗が2つ出来たから木更津にこだわる必要は何も無かった。それ言うとダイソーもラゾーナ川崎にとんでもなく広い店舗があるんで木更津太田店にこだわる必要は特に無かった、16号沿いの2階建て店舗でしたが延べ床面積自体はラゾーナ川崎の方が広かったか。

 普段は買う物を決めているので(大体300円の収納ボックスダイヤモンドのうろこ取り)さっと入ってさっと出るのですが、今回はご婦人の買い物の付き合いなのでそうもいかず、と言うより2時間弱いたんじゃなかろうか?食料品の棚はほぼスルーしましたが他はじっくり、なので書籍のコーナーにて般若心経のドリル(練習帳)が売っていたので思わず買ってしまったよ
般若心経練習帳
 これはお経に使う漢字の練習からクイズから筆記具の持ち方に写経前の心得まで書いてある、大体1冊で3~4回は書き込めるのでコピーして無限に使い廻そう!とか思ったけどコレ百円なんだよね。書き込んだらジャンジャン捨てて買い直した方が安いじゃないの、いや、捨てずに取っておいても良いけど。ちゃんとお経の意味も書いてあるし、意味が解らずとも門前の小僧習わぬ経読むでスラスラ書いて読める方が良いんじゃないか?

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事