So-net無料ブログ作成

対立煽り [メディア観察]

J-CASTニュース 2017/8/ 7
加計問題は「朝日新聞のフェイク(ニュース)」 夏野剛氏が指摘したメディアの「マインド」
>「あえて反論するわけじゃないですけど、朝日新聞が作ったフェイクニュースだったら、読売、産経は否定するわけじゃないですか。部数はあっち(編注・読売を指すとみられる)の方が出ているんだから、ただ朝日が失墜して終わりじゃないんですか?」

>「番組のディレクターとかに『加計の問題なんて、全然関係ないじゃないですか』と聞くと、『いや、そうなんですけど。このビックウェーブに乗らなきゃ』って言う」


 ネットユーザーならお馴染み、スレッドで何かの話をしているとスレの流れの全く関係なく突如韓国の話を始める人物が現れて、その書き込みに対して「チョン!」とか過剰反応する残念な人が現れると後は「ジャップ!」だの「チョッパリ!」だのの応酬で一気に流れが死ぬのは日常的な事。あからさまにネット右翼やら韓国人のなりすましをして荒そうと言う試みなので無視が基本ですがそれに簡単に釣られる人が必ずいて、そうなるともうまともな議論や情報交換は出来なくなるので私はスレッドを大抵閉じてしまいます。

 その様な流れを釣り云々と言う事は無視して故筑紫哲也氏が「インターネットは便所の落書き」とレッテル貼りをしたのですが、その便所の落書きそのものの行為をインターネット回線ならぬ放送免許と公共の電波を使ってやっているのがテレビ局とか言う企業なのか。もう保守もリベラルも関係無くテレビ局の対立煽りに釣られた残念な視聴者が騒ぐのを見て「釣れた釣れたwww」とか草を生やしているのがジャーナリズムなのか

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ