So-net無料ブログ作成

竜泉で樋口一葉 (台東区竜泉) [書籍他]

 先日、たけくらべ所縁の台東区竜泉や下谷吉原界隈の紹介記事を上げましたが、竜泉界隈にはたけくらべと言うよりも一葉所縁の史跡が色々と。本人が住んでいたのは10か月ほどですが没後に色々と出来た様で、その中で最新の物が平成20年に完成した千束稲荷神社の樋口一葉像なんですが、享年24歳で栄養状態が悪かったであろう人物の胸像にしてはやっぱりゴツ過ぎると思うよ
ゴツい
 ベースキャンプにするのはやはり一葉記念館向かいの一葉記念公園で、何がベースキャンプかと言うと原付を乗り捨てるのに最適の場所なのよね。公園内には佐佐木信綱氏の句碑と菊池寛・小島政二郎の連名による碑もあるのですが、まあ先ずは旧居跡だわ。うなぎ屋の向こうに看板だけ建っていて、コレを見る前に是非記念館に行って当時のジオラマを見てからだと「鶉なく声もきこえて花すゝきまねく野末の夕べさびしも」とその場の様子を詠んだ一葉の気持ちに得心がいくのですが、現在は普通に普通の住宅地。そんな寂しい場所で向かいの商売敵とバトルしていたんだなと感慨にふける要素多数。
旧居跡
 たけくらべでは、「赤蜻蛉田圃に乱るれば横堀に鶉なく頃も近づきぬ」と、どうしてもウズラがポイントなのか、アレはかなりけたたましく鳴く鳥だけど。日暮里に当時あった火葬場(現町屋斎場)から上がる煙と炎の明かりが見えてまた寂しい風景と描写しているので、それを読んでから現在の住宅街っぷりを見ると変遷にビックリします。

続きを読む


タグ:三ノ輪
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

マッチ絵の家 (群馬県利根郡みなかみ町須川) [食べ物]

 さて法師温泉を出て17号線を南下、美味しいコーヒーとチーズケーキ云々言ってたけどそれ以前に腹が減ったのでランチしたいな。とか思いつつついて走ると毎度おなじみ湯宿温泉交差点で右折してぐっと上って「道の駅たくみの里」へ、元々はこちら側が三国街道で須川宿として発展していたそうで。明治の初めに切ヶ久保新道が開削されて現17号線が出来て須川宿は衰退したのを道の駅でまた盛り上げているとは、旧宿場町の建物を利用した商業施設が並んでいて栄えています。

 前回来たたくみの里食堂のはす向かいの砂利敷きの駐車場にバイクを突っ込んで目の前の「マッチ絵の家」と言うカフェなんだかギャラリーなんだか不明な施設へ、中央に空洞が出来た丸太をそのままテーブルにした席に7名で陣取る。平松さんが事前に予約を入れておいたので我々のいつものツーリング感覚だと席に付くと同時に料理が出てきそうなんだけどそんな事は無い、と言うよりも相当待たされる。喫茶や食堂はついでであくまでもメインはギャラリーなのだろうか?

 待たされる間に万華鏡なんぞでヒマ潰しが出来る様になっていて、この万華鏡はちょっと面白いよ。その間にLINEの招待だの友達追加だので苦労していたのでそれほど退屈でも無かったかな、私のWi-Fiは全然繋がらないので論外でしたが。なんて待くたびれているとやっと和定食登場、我々は7名でしたが公式サイトを見たら1日限定5食だったのでかなり無理を言ってたのか
和定食

続きを読む


nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

法師温泉 長寿館 (群馬県利根郡みなかみ町永井) [銭湯]

 日曜日、月夜野の朝は虫が静かに鳴いているだけで涼しくて心地良い。我が家なんぞ森の中なので明け方と同時にセミの大合唱が始まって寝ていられないからね、二日酔いなので8時過ぎまで布団の中で粘る。起きて手分けして朝食の準備をして平松さんから「10時出発で法師温泉に向かいましょう」と言われてヤッタ!法師温泉は前から行ってみたかったのですが日帰り入浴の最終受付が13時半ととんでもなく早いので東京スタートだと行き辛かったのよね。

 先ずは水上駅へ、「SLみなかみプロジェクト」と言うクラウドファンディングで水上駅前に展示してあるD51型蒸気機関車と道の駅に展示してあるEF16電気機関車を再塗装しようと言う企画の目的物を見学。EF16は窓もプレートも無く文字通りの野ざらし状態で、D51も塗装がハゲチョロになって真鍮が緑青吹いている。水上駅にはD51とC62が展示ではなく週末運行されている関係で転車台も見学、現役の施設ですが湧水がジャージャー流れ込んでいる。

 水上駅前から峠を越えて三国街道へ、が、峠に入った途端にガソリンがリザーブに切り替わりました。このまま進むと帰って来られなくなるんじゃないか?先導車は後ろなんぞ全然見てないしな。すると三国街道から県道への分岐手前にガソリンスタンド300m先の看板、営業してくれていれば助かるが。そして路肩に「法師温泉長寿館5km」の看板が出たので助かり、コレなら隊列から落伍して給油して追いかけても看板辿って進めば迷わず目的地に到着するわ。連絡のつもりでホーンを三回鳴らして給油。

 と思いきや2台待っててくれたので合流して県道261号線を進むと赤沢スキー場のすぐ先に目的地、県道部分は幅員2mそこそこの区間もあったので四輪だと辛そう。長寿館前にバス停が有るのでバスで来た方が楽だろうな、バスの本数がほぼ無いけど。実は日曜朝出発で月夜野小僧村を目指すメンバーが1名だけいたので長寿館に直接来てとメッセージを打っておいたのですがまだ来ない、正面玄関に廻ると柱時計がちょうど正午を告げたりする。
入り口

続きを読む


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

たか柳 (群馬県吾妻郡高山村中山) [食べ物]

 週末はまたまた月夜野小僧村へ、しかし起きてレーダー画面を見ると群馬県北部に前線がかかっているし小僧村からは今酷い雨とメッセージは来るし。予報を見ると午後には回復する様なので決行、と言っても当初より数名だけしか参加しない予定だし。三芳PA10時出発の予定なのですが、環八が混んでいるので環七に迂回したら土曜朝の都内なんてまだ仕事をしている人だらけで普通に渋滞していてギリギリに

 もう都内暑いわ、集合して関越道を北上するも渋滞したり。それを過ぎるとまあ流れる様になって山岳コースになると気温も下がる、月夜野で降りて26度言う気温表示の17号から県道に入ると小僧村。オーナーのひらまっちゃんこと平松氏と合流、この2日間のスケジュールを考えていてくれて先ずはお昼へ。何でも土日のランチしかやっていない蕎麦農家が営むそば屋があるとかで十割そばなんですと、何だか皆加齢で病気の話ばかりしているのでルチンで血液サラサラ良いじゃないの

 そんなんで出発、17号月夜野バイパスから県道36号線へ、けっこうな峠道でして山を一つ越えてから地元民しかわからないようなあぜ道を進んだ先。隣に高山温泉いぶきの湯と言う入浴施設が有るのでカーナビの目的地設定はそちらにすると良いんじゃないかな?農家なので入り口前に蕎麦玄種を自動蒔種装置にセットしたトラクターが停めてあったりする、暑いんでノンアルコールビールを最初にキューっといきたいよねとか話しつつ入店。
入り口

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

たけくらべの聖地巡礼 [旅行]

 樋口一葉の「たけくらべ」に登場するのが台東区の吉原周辺なので「聖地巡礼」しようと思い立ったリ、樋口一葉もなあ、NHKがこれだけ毎年無理やり女性大河ドラマをやらかし続けているのでいっその事一葉主人公で作ればどうよ?24年の生涯なので20歳位の女優さんが晩年まで演じて違和感無いし、ただご当地大河しようと思うと内幸町と竜泉と本郷しか出てこないので地方の観光振興には全然寄与しないか

 たけくらべはヤングアダルト小説風なので、基本子供目線だから深読みすると実はもっと闇が深いんじゃなかろうか?とか勘ぐってしまう。美登利さんもお姉さんが吉原の遊女になった際に両親と一緒に和歌山から上京したとあるのでひょっとしたら姉妹共に売られていたらどうしようか?ちょっと関西訛りだそうなので東京の男性受けしそうではあるし。正太も祖母が高利貸しをしていて最近は取り立ての手伝いをするとか、腰を据えて仕事をするでもない三五郎もヤングアダルトを通り越したらどうなるのだろうね?

 そう言う人物描写が案外無くて災厄そのものなのは暴れ者の長吉だけで、同じくバックグラウンドの描写があまり無い信如はしかしこの恋愛未満のじれったい恋物語の主役だから良いのか。お盆休み中に聖地巡礼をしつつサテ?喧嘩は何処の神社の祭礼だったか?と思いつつ帰宅して読み返すと千束神社と思い切り書いてあってコレはしまったわ。幸い後日都心に行く用事があったので帰りに寄ってみるよ、千束稲荷神社前の道から休業中の恵美須湯が良く見えます。
千束稲荷神社
 都心にしては境内広いかな?作中では屋台が吉原まで続いたとありますが今でもそんなに栄えているのだか?8月20日に現在は祭礼は無いようです。手水を使ってから本殿に参拝すると奥行きの有る社殿だわ、そして本殿向かって左手に平成20年奉納と言う樋口一葉像があるのも見逃せない。五千円札が樋口一葉になったのが平成16年なのでそれで作ったのだろうか、享年24と言う一葉なのに何だかロン毛の福沢諭吉とでも言うべき迫力があるのはどうなのよ?
樋口一葉像

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

きぬちゃん食堂夜の部 (渋谷区代々木) [食べ物]

 月に一度の代々木デイ夜の部、6月まで通っていた店はボスが変わったら足が遠のいてしまい駅近くの寿司屋で乾杯。本日は諸般の事情で5人程しか参加せず寂しい限りと言いつつも今日のお奨めにのどぐろが有ったので頼んじゃいましたけどね、刺身じゃなくて炙りのタタキみたいなのでしたが相変わらず超絶に美味いのがのどぐろだ。

 そんなんでかなり飲んで食べて幸せ、じゃあ2軒目行こうか?と言う事になったのですがそこで更に3人に絞られた。じゃあ毎度おなじみ代々木庵でも行こうかしらね、と思ったら4月にランチを食べたきぬちゃん食堂が水曜日なのに夜営業している。夜は週末だけ営業の筈だけど、と結構気にしていたら他2名の内片方が行っても面白いんじゃない?と言うスタンスでもう片方は止めておこうよと言うスタンス。その腰が引けるのは決して責められない、4月のランチ営業の時の様子がこんなだし。
佇まい
 日中が猛暑日直前だっただけにこんな半露天の店は暑いから嫌だなあと、入り口にいる日本人?外国人?男性に3名と声をかけると一番奥へ行けとな、何と奥にはエアコンが有るので涼しいかも?と思ったけど所詮はビルの外側に塩ビの波板を足場用鉄パイプで組んだ柱に貼っただけの半露天なので涼しい筈も無く。足元に蚊取り線香があるので隣の空き地から虫が侵入し放題だろうね。この代々木会館と呼ばれるビルはドラマの「傷だらけの天使」ロケ地だったそうですが権利関係が複雑なのか地上げなのかで現状廃墟ビル化してその1階通路部分が「きぬちゃん食堂」として営業しています。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

春樹 代々木店 (渋谷区代々木) [食べ物]

 月に一度の代々木デイ、先週の休みが連日低温の雨天で休みが明けたら30度以上って何なのよ?そんな夏日の中を代々木へ、鉄道で向かうから汗だくになるでもないけど。熱いのでラーメンとか無いわ、と言う事で代々木駅の西口へ、今時ゲーセンがあるわってセガのゲーセン向かいに横浜家系の春樹
セガの向かい
 とか言いつつ入り口が店舗の両サイドにある店なのでセガではなくプロント側より入店、フロア係の女の子に1名だけどと言うと先ずは食券を買えとな。券売機はセガ側入り口にしかないのか、千円札を突っ込んで画面タッチ式の券売機でじゃあ何を買おうかな?でラーメンは熱いのでつけ麺を。フロアのお姉さんに渡すと麺の量は?と聞かれてなんじゃそりゃ?咄嗟にカウンター上のメニューを見ると350グラムから900グラムまで同一料金なんだとか

 いや、350グラムでも相当な量でしょう。そう思って350グラムにした後にメニューをよく読むと茹でた時の重量だそうで350グラムは女性客サイズで男性客は500グラムが推奨だとか、750とか900は無理だけど500グラムにすれば良かった。更に良く見るとあつもりとひやもりも選べたとか、私は家系に滅多に来ないので色々勝手が分らない。隣の男性客はラーメンが来たら券売機の反対側入り口脇の炊飯器でお茶碗にご飯をよそっていてコレはサービスらしいです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

老眼鏡ステップアップ [心と体の健康]

 2012年に遠中近3枚のレンズが入った老眼鏡と言う実に妥協の産物を作りまして、その際にすぐに度が進むからレンズを交換して下さいとか言われて早5年。もう満員電車なんぞで鼻先に持って来た文庫本の活字なぞ眼鏡を外さないと全然見えない、加えて夜間視力の低下が著しくコレは老眼鏡関係無いかもな。夜間視力の方は夜に高速道路で運転したりするとシャレにならないレベルで、コレはいい加減眼鏡屋に行かないとな。

 そう思ってお盆休みに代官山に行ったら駅前商業ビルにこの10年ほどお世話になってる眼鏡屋が無くなっていてビックリした、コレがスマホでも持ってればその場で移転先検索するのだけれども一旦引き返すしかない。とか思っていたらクライアントにバッタリ出くわして吹きました、彼の連れは全員英語しか喋らなかったけれども英語で話しかけられて日本語で返事すると言うヒアリングは出来る自分

 帰宅して検索したらすぐ近くに移転しただけだった、と言うよりも原付を乗り捨てた場所から50m位先だったのでそちらに進めば見つかったのに昨日は引き返して桜ヶ丘に行ったのが失敗だったか。仕方なしに翌日も代官山、代官山なんて最早通過すらしないものね。店頭に原付を乗り捨てて入店して老眼鏡が合わなくなった旨を伝えると5年前同様の不思議な検眼機器で視力を検査、前回よりも高度になっているのか同じ物なのか不明ですが何だか凄いわ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

小塚原回向院 (荒川区南千住) [旅行]

 月曜日に石神井公園ふるさと文化館に行ったら定休日で、先ずは幹線道に戻らねばと思ったけど住宅地で何が何やら状態。ようやっと幹線道に出たら目白通りだった、折角のお盆休みが石神井公園でカレーうどん食べて終わりとかほぼ秋雨前線に台無しにされるのは我慢ならないわ。何かないかなと思ったらそうだ!小塚原回向院に行きたいと思っていたんだ。思い立ったが何とやらで目白通りをひたすら東進。

 江戸川橋から本郷に抜けて御徒町から昭和通りへ、小塚原回向院だと泪橋からアンダーパスを抜けた先なのかな?すぐ近くの遊女の投げ込み寺こと浄閑寺が何とも近代的な寺院だったし、回向院も南千住駅すぐそばの常磐線の線路脇なのであんまりおどろおどろしい雰囲気はないだろうなと思いつつアンダーパスを潜って信号待ち。右手に南千住駅で左手に、ってコレか!?
小塚原回向院
 南千住駅西口から昭和通り方向へ出ると交差点の向こう側に壁面に金色の巨大な三つ葉葵の紋が入った寺院があって、前を通る度に派手だなあと感心していたのですがそれが目的地の小塚原回向院。処刑場跡なので陰気な雰囲気になるのを嫌ったのかもしれないけど、それにしても派手だわ。

続きを読む


タグ:南千住
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

玉の湯 (足立区綾瀬) [銭湯]

 日曜日、昨晩の豪雷雨はすさまじかった。土曜日は浮間舟渡に行ったら降られてしばらく帰れなかったよ、その浮間舟渡に本日も用事。ETC車載機の交換の算段で遠方だけに首都高を使うって五反田の入り口でやっぱりのエラー、そんな事も有ろうかとETC/一般のゲートを使ったのでトラブルは無かった。ゲートの人に首都高は東京と言う環境だけに周りにも電波を使う装置が沢山有るからETC電波の出力を絞ってあるんだよとか説明されて、それを拾えないからETC2.0の車載機に交換しに行くのだけれどもね。

 中台で降りて浮間舟渡の作業は簡単に終了、交換は次回ですが帰りの中台ICは電波が強いらしくゲートが普通に開く。山手トンネルは便利だけど暑い上にミスト噴霧するものだから更に蒸し暑くてバイクには地獄ですよ、皆が飛ばすのでドキドキするし。一旦帰宅後アシを原付に代える、昨日の豪雷雨でほぼ森の中な我が家周辺は折れた木の枝が積もって大変な状態になっています。台東区竜泉界隈を写真を撮りつつ徘徊して16時過ぎにじゃあ風呂に行くか、猫のご飯を補充し忘れていたので早く戻らないと怒ってるかもしれない。

 千住新橋を越えて梅田の交差点で右折してひたすら東へ向かうと首都高三郷線の下を潜るんだけれども、首都高からいつも見るすたみな太郎の看板が下から見えてちょっと感動、その向かいにモデルガンでお馴染み東京マルイの本社があってまた感動。綾瀬駅を過ぎて川の手通りをちょっと南下するとコインランドリーを発見してそこが目的地の玉の湯、大きなビル銭湯を想像していたらコンパクト。
全景

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域