So-net無料ブログ作成

ユートピアだより [書籍他]

 科学的、実に科学的。

ユートピアだより (岩波文庫)

ユートピアだより (岩波文庫)

  • 作者: ウィリアム・モリス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2013/08/21
  • メディア: 文庫

 実に400ページ近い本なのですが読みやすい翻訳なのとそもそも学術書ではなく詩人の書いた軽いお話なのでサクサク読める、しかしいきなり本文を読むよりは巻末の解説を先に読んだ方が読みやすいわ。その解説に「共産主義社会への移行の過程がマルキシズムの立場に従って精細に科学的に述べられている」とあるとおり、本書を読めば共産主義が如何に非科学的な妄想なのかが実に科学的に理解できると言う意味で必読の一冊です。

 と言うのも、19世紀末のロンドンとほぼその延長線上にある1950年代までのロンドンの市民と言うよりもイギリス国民がモリスに徹底して侮蔑すべき存在と描写されていたのが、革命の過程で突如ユートピア住民にふさわしい超人に差し替えられるんだよね。SF映画に有りがちなある朝突如隣人が皆インベーダーやロボットにすり替わっていたと言うレベルの話で、革命のプロセスで何をどうするとみじめな賃金労働者が超人になるかの描写が一切無い

 そして21世紀のユートピアと化したロンドン住民は生まれてある一定の年齢になると自主的に学習を始めて読み書きそろばんを身に付けるそうな、「狼に育てられた少女」みたいに教育を受けないと人語も解さず四つん這いで暮らす事は無いらしい。教育を受ける権利を訴えてノーベル平和賞を受賞したマララさんが聞いたら卒倒するレベルの幼稚なバカ話。そして誰もが自主性と向学心向上心を持ち進んで労働に従事する為いつまでも健康で若々しく、それでいて発明やイノベーションを嫌うので世界は進歩も発展もせずむしろ理想化された14世紀イギリスの暮らしに退行するんだとか。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: