So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ
前の10件 | -

喜楽亭 (大田区下丸子) [食べ物]

 2009年に訪問した東急多摩川線下丸子駅前の喜楽亭が出入り口のサッシを新調したらしい、それを言い訳に久々食べに行こうかな?8年前には焼肉定食を食べたのですが、お薦めはチキンカツ定食かオムライスなんだとか。最近は小食を心がけているのでそれならオムライスかな?日曜日は不安定な天気でしたが雨のやみ間に自転車を漕いで下丸子駅前へ。
正面
 確かに引き戸のサッシは新しいけど交換前はどんなだったか?まさか木製でも無いだろうし、と8年前の記事を見返すと改装前もアルミサッシだったか。多摩川行きホーム改札を出た真正面と言うか駅舎の隣な好立地で建物脇の路地に自転車を停めて入場、確認用に2009年当時の正面写真比較用に貼っておきます、暖簾も新調しているね。
改装前
 新調しただけに滑りの良い引き戸を開けたら先客0人で吹いた、奥のテーブル席にご主人がいてすぐ応対してくれるのは良いけど。駅前の超好立地なのにな、と言うのは外から店内の様子を窺い知る事が出来ないのがイカン。すりガラスと店舗左手の白く塞いである紙?を剥がして店内が外から多少なりとも見える様にした方が良いんじゃ?それと8年前同様にサンプルショウケースはキレイなのにケース内棚板に埃が真っ白に積もっているのと、8年前よりもサンプルが埃まみれになっていたのを何か掃除した方が良いと思う

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大森 海苔のふるさと館 (大田区平和の森公園) [郷土博物館]

 大田区には区立の郷土博物館があるのですが、古いのと場所が辺鄙で入館料無料だから文句を言っちゃいけないがショボいんだよね。それとは別に新しい「海苔のふるさと館」と言うのもありまして、今回その施設内での特別展を見に行くついでに常設を見ようかなと。第一京浜沿いの大森警察署前から産業道路を越えて住宅地の中をちょっと進むと「ふるさとの浜辺公園」と言う人工海浜がありビックリしますよ、私なんぞの大田区のイメージは工場と汚染の街なので人工海浜なんて。
ふるさとの浜辺公園
 その人工海浜の向こうにあるのが海苔のふるさと館、浜辺公園に行くなら大森町駅からぶらぶら歩いて行くのが良いのでしょうけど、海苔のふるさと館へダイレクトに向かうなら平和島駅で降りて環七沿いに進み消防署裏手に進むのが賢いかな。しかしですね、エンジン付きの乗り物だと事情がかなり変わりまして、上述のルートは一方通行だ何だでまるで使えないのですよ。

 なので平和島のシネコン方向から廻るか、流通センターからトラックターミナルを経由して首都高のアンダーパスを潜って行くしかない。そのルートだと大きな幹線道なので大森東界隈の狭い路地を走らなくても良いのだけれどもえらく迂回を強いられた感が強くてねえ、ぐるっと廻るとバスの車両基地や倉庫の間に小さな案内板がありその通りに進むと目的地、テニスだ相撲だアーチェリーだの施設が有るのでそれをやっている人にはお馴染みかもしれない、ビーチバレーのコートはオリンピックでそのまま使えそう。

続きを読む


タグ:平和島
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

海の生き物イラスト展 (大田区平和の森公園) [美術など]

 区内の町会掲示板に「海の生き物イラスト展」と言う展覧会を19日より海苔のふるさと館で開催、入館無料と言うポスターが貼られまくっていて、無料なら一丁行ってみるかと。海苔のふるさと館は前から行ってみたかったんだ、が、自転車か徒歩なら簡単な場所なのに車やバイクだと一方通行地獄で平和島のトラックターミナル側から物凄く迂回してやっとたどり着く。
ポスター
 入館無料なのはイラスト展と言うよりは海苔のふるさと館そのものが入館無料なんだよね、1階と2階の常設の奥にパーティションで囲った小さなブースがありそこが会場。鈴木勝久氏のお魚イラストと言うのはマルハニチロのお魚ポスターやらカレンダーの事でして、展示と言うのも実は壁面に件のポスターやカレンダーが貼ってあるので何だかな。

マルハニチロ おさかなポスターコレクション
http://www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/library/poster.html

続きを読む


タグ:平和島
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

島田浴場 (江戸川区南小岩) [銭湯]

 日曜日、連日の30度超えですが腰椎ヘルニアを悪化させて右足が常時痛くて腰がパンパンに張っている状態に。それでもブログ更新していると雨がパラパラと、断続的に降るんで止み間にランチを食べに行ってから区内平和島の「海苔のふるさと館」へ。鈴木勝久氏のイラスト原画12点と常設を見学してから昭和島~京浜島~大井埠頭と経由してゲートブリッジで一気に江戸川区へ、篠崎街道沿いの風呂屋を制覇しようかなと。

 沿道にあった銭湯は既に軒並み廃業していて、春の時点では営業していた様な?の日新湯は跡形も無いので春の時点で実はとうの昔に廃業していたのじゃないだろうか?17時半に風呂に入る予定がガラガラと崩れ落ちていく。その後も東松本の新月湯は組合HPにはまだ載っているけど廃業したっぽいし、その北にある筈の島田浴場が全然見つからないのでこちらも廃業か?とか思う。

 と言うのは、所在地が四丁目6番地で4番地を見つけたので隣が5番地だから次は当然6番地だろうと思ったら飛んで14番地と15番地なんだよね。もうイライラして発狂しそうになったら上手い事住宅地図の看板があり、それを見ると14番地と15番地の向こうに6番地があるじゃないの。油井型の煙突を発見して一方通行路を進むと正面です。
煙突

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

滝野川浴場 (北区滝野川) [銭湯]

 土曜日、朝から暑いですがまだ7月で9月まで引き続き暑いと思うとぐったり。掃除・洗濯布団干しを済ませて洗濯物を出してから大蔵総合運動場プールへ、夏休みに入り隣の屋外プールの営業が始まったからかガラガラに空いているけどそれでも50m泳ぎ切る事が出来ない小学生がチョロチョロ遊泳レーンに入って来るのがな。今週も足が痙攣しつつも何とか30往復3,000m泳ぎ切る、キックが徐々にバタ足に変化しつつあるのでクロールがその内プル+バタ足になりそう。

 今日は銭湯マップを自宅に忘れてしまったのだよね、地図が無くとも所在が分かるのは先日前を通過した足立区千住新橋近くの若松湯か、本日花火大会だからそっちに行きたくないな。そう言えば所在地は明らかなのに入った事の無い滝野川浴場があったじゃないの、と言う事で妙に空いてる環八を北上して川越街道で一気に明治通りへ、白山通りの交差点先の首都高中央環状線脇に見える煙突が目的地。
全景
 首都高の中央環状線を走っていると王子のトンネル区間手前に煙突がチラ見すると思いますがそこ、過去何度か来て入り口が全然解らなかったのですが、今回は「風呂入り口」と言う案内板が何か所か設置してあるのでそれに従えば良いのか。明治通り側はフォークリフトが停めてあったりもする材木屋の作業場なんですが、矢印に従い進むと釜場の前を通過したりで楽しいは楽しいよ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

Shangri-La's secret (港区六本木) [食べ物]

 さて夕食に何を食べるか?と聞かれて正直何でも良い、そこで「六本木のキノコしゃぶしゃぶの店」と提案を受ける。キノコしゃぶしゃぶってなあ、何なのよ?以前から行きたいとリクエストを受けていますが却下し続けている。何故リクエストされるかと言うと、私が稀代のキノコ好きなので合わせてくれているのだろうけど、キノコ好きなればこそ分るキノコのしゃぶしゃぶなんて聞くからにどうしようもない。私も毎年末にキノコ鍋と称してスーパーオオゼキで売っているキノコを一通り買ってグラグラ煮て正月三賀日に食べ続けたりしているのでどんな物かは察しがつきます。

 六本木交差点からミッドタウン方向へ、都道319号線沿いの雑居ビル4階へ。スマホで予約を入れたので座席は取れている、メニューは基本キノコのしゃぶしゃぶでして〆の肉をどうするか?で値段が変わるだけ。とりあえず一番安い肉が鶏ササミな4,800円のコースにして追加の子羊肉と卵かけトリュフご飯をチョイス、しばらくすると特製スープの入った鍋が1人1つ出てくる。火力は固形燃料風ですがと言う事は3~40分で終わりなのか。
しゃぶしゃぶ用鍋

続きを読む


タグ: 六本木
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

南総城山温泉 里見の湯 (千葉県館山市下真倉) [銭湯]

 海の日、3連休の最終日。11時半出発で館山を目指す、日帰り旅行東京を出るのが昼前って致命的にダメじゃない?とは思うんだけれどもダメ過ぎて逆に道路がガラガラですよ。1時間もかからず木更津を通過して13時には館山到着、ならば白浜位まで行こうかと言う事で国道410号から信号が全然無くて幅員の狭い如何にも千葉らしい県道86号を南下して白浜へ。海女祭りをやってる野島崎をチラ見してから海沿いのピンク色のマンション内オードリ・キッチンでランチ。

 そのすぐ裏手にある「道の駅白浜野島崎」に行ったらまあまあ立派な施設なんですが売店があまりにもやる気が無くて吹いた、しかしやる気が無過ぎて物販コーナーも床に地元農産物が並べてあるだけで何だか素朴で良いぞ。葉付きの人参3本で50円とか大玉のスイカが1つ900円とか、百円二百円で野菜がこれでもかと買える。15時過ぎに行ったら卵なんぞは売り切れていたので昼頃行くと良さそう、生鮮品狙いならば超穴場ですよ。

 また86号線で引き返すのも芸が無いので房総フラワーラインをひたすら進むとかなりボロい「ジャングルパレス」と言う施設があり、非常に心惹かれたのですがランキングサイトの評価が低過ぎて却下されてしまう。更に進むと「アロハガーデンたてやま」と言う道の駅がありそこの売店でお土産を買う、コチラハワイ風テーマパークでして生鮮品の類はほとんど置いて無かったですが白浜野島崎では売切れだった卵が有ったので購入、何でも房総半島のとんでもない山奥の養鶏場から持って来るそうで直接買い付けは難しそう
アロハガーデンたてやま

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

一葉記念館 (台東区竜泉) [郷土博物館]

 本来は一葉記念館~足立区郷土博物館とハシゴする予定だったのが、足立区郷土博物館は収蔵品が多いだろうと思い一葉記念館はまた今度にするつもりで郷土博物館に直行したら展示が思った以上に簡単過ぎて40分で見終ってしまい15時半。予定ではこの後風呂に行くつもりだったけどコレから行っても出たらまだ夕方で汗だくは必定、なので16時半閉館の一葉記念館に引き返す。環七内回りを加平の入り口を過ぎてすぐ左折すると千住新橋にショートカット出来るのだよね、地元民みたいに道を知っていれば近道も有るだろうけど昭和通りから国際通り方向に進んで竜泉へ。

 すぐ近くの一葉泉が営業していた頃に来て以来だわ、まさかその後樋口一葉に興味を覚える時が来るとは。しかし時刻は16時前で閉館まで40分弱、24年間の生涯とは言え4フロアもある施設だし改めて来た方が良いかな?と思い中に入って正面受付の女性に「今から見学して全部見れます?」と聞いたら30分で廻れると言うのでその言葉を信じ大枚300円を支払い入場、1階は売店でグッズが売ってるけど私には100円で買い求めた新潮文庫の古本があるのよ。

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

  • 作者: 樋口 一葉
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 文庫

続きを読む


足立区立郷土博物館 (足立区大谷田) [郷土博物館]

 日曜日と言うか3連休の中日、足立区郷土博物館と一葉記念館をハシゴして風呂に行こうかな?と言うのがこの日の予定。16時半閉館で我が家から近い方の一葉記念館を先に行って17時まで開いている足立区郷土博物館を後に行けば双方廻れる筈、と思ったけど事前に調べた感じでは足立区郷土博物館はかなり良いらしいので見学に1時間以上要するかもしれない。ハシゴは止めて直行するか、と言う事で昭和通りをどんどん北上。

 北千住を過ぎて日光街道と名を変えた4号線をを北上して環七へ、本当は千住新橋で左から下に降りて斜め右方向に進んだ方が正解だった。首都高の加平ICを過ぎて大矢田橋交差点でまた側道に出て中川沿いに北上しなければならなかったのを陸橋を渡り亀有まで行ってしまい引き返す、水路沿いの道をちょっと北上すると目指す郷土博物館が。
全景
 正面左手に駐輪場、右手に駐車場が有り駐輪スペースに向かうも満車で仕方ないので塀の脇に停める。塀の内側には石臼など民具が並んでいるのは良いけど馬頭観音とか庚申塔とか展示物にしちゃうのもな、ちゃんと元有った辻に戻してあげた方が良いんじゃないか?博物館の展示物になっちゃうとカミサマがいなくなった抜け殻風で嫌

続きを読む


タグ:六町 北綾瀬
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

鮨丼 志道 (品川区旗の台) [食べ物]

 まちBBSを見ていたら、旗の台の中原街道沿いに全然流行っていない海鮮丼の店が有るけどコストパフォーマンスが抜群に良い。とか書き込みがあったので検索するとつい先日「孤独のグルメシーズン6」で紹介されたスペイン料理屋の並びじゃないか、そのはす向かいに有るシェルのセルフ式スタンドでよく給油するのですが全然知らなかった。しかし書き込みに「60円の味噌汁が凄い」とかあるんで味噌汁だけでも飲みたいわ。

 そう思って日曜日のお出かけ前ランチに、中原街道上りで香蘭女学院前を抜け昭和大学病院前で路肩によると確かに新聞販売店の隣に海鮮丼の店が有るわ。乗り物どころかランニングでも前を通過していましたが全然気付きませんでしたごめんなさい、ガソリンスタンド手前の信号でUターンしてシャッターの閉まった貸店舗部分の前に原付を乗り捨てる。
正面
 入ると事前情報通りに本当に無人、カウンター席オンリーで20席以上有るんじゃないだろうか?入ってすぐ左手に券売機があるのでどうしようか?なんだかマグロは有り難味を感じないので幟に大書きしてある「ばらちらし」にするか、ボリュームゾーンは840円位で海鮮丼屋として当りか外れかは出てくる物次第ですね、値段次第じゃなくて当たり前か。噂の60円味噌汁はちゃんと単品であったのでもちろん購入。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ