So-net無料ブログ作成

塔の森クロニクル [美術など]

 さて日曜日、天気は良いけど予報ほど蒸し暑いわけでもない。目黒でランチを済ませて外苑東通りへ、四谷三丁目の交差点を過ぎて右折。目的地は新宿歴史博物館なんだけど木密の住宅地に迷い込んでしまった、新宿区って高層ビルと繁華街のイメージの人が多いでしょうけど、私みたいに風呂屋をグルグル廻っていると木密の住宅地が新宿区のイメージ

 文化施設だし周辺に案内の看板が出ているに違いないだろう、そうアテ込んで進むと三栄町の広い通りに出てもうこれでもかと「新宿歴史博物館」の看板が出ているので後はそれに従うだけ。四谷税務署のすぐ先なんですが四谷管内にクライアントはいないので無縁のエリア、路肩に原付を乗り捨てようかと思ったけど敷地内に自転車が並んでいたのでそちらに停める。

 1988年竣工と言うこれから本格的にバブル景気になる頃の建物ですがまだそんなに装飾華美でもない、23区内の全ての区立郷土博物館を見て廻ると言う野望の達成もありますが、本日の目的は企画展の「塔の森クロニクル 新宿の高層ビル群ができるまで」なのよね。入ってまっすぐ進むと受付の女性が用向きを聞いてくる、本当は売店をゆっくり見たかったのですが仕方ないのですぐチケット購入。常設と企画展が各300円だけどセットだと500円なので500円払う。
看板

続きを読む