So-net無料ブログ作成

転ばぬ先のマイナンバーカード [税理士]

 税理士が電子申告をする際に電子署名で使う電子証明書が第四世代になるそうな、第四世代とか「パシフィック・リム」のイエーガーかよ?7月までは第三世代カードでも引き続き代理送信が出来るので慌てる必要も無いし、伝え聞くところによると切り替えの順番が廻って来た某地方会の会員税理士が日税連のサーバーに殺到したらあっという間に落ちたらしい

 そうなると私の所属する会員数が2万人を超える最大の東京税理士会だとより悲惨な事になるのは必定、そこでサーバーを強化しようとか言う発想が出てこない組織だし、予算の制約もあるので急にサーバーを増強出来ないでしょうけど。そんなんで何がどうトラブルになるのか不明なので「税理士用電子証明書」一辺倒ではなく別ルートも考慮しないとね、そこで電子申告で同じ様に使用出来ると言うマイナンバーカードを作る事にしました。

 先に作ったクライアントより「コンビニで住民票の取得が出来て便利」とか便利さを吹聴されていたし、それにマイナンバーカードの知らなかったポテンシャルについても最近知ったし。

ZDNet Japan 2017年03月10日 TKC、マイナンバーカードを業務利用へ--初認定
https://japan.zdnet.com/article/35097914/

 マイナンバーカードのICチップには空き領域があり、その部分に任意のアプリを搭載する事が出来るのですと。政府がマイナンバーカードの初期の段階においてビデオレンタル云々と言っていたのは案外個人確認ではなくレンタル屋の貸し出し/ポイントアプリを登録して使えますよ、と言う事だったのかもしれない。そこはユートピア妄想が激し過ぎて却ってデストピア実現に余念の無いリベラルの人たちが、オーウェルばりの監視社会と少女趣味的に関連付けて騒いだから有耶無耶に永らくされていたところであったけれども。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース