So-net無料ブログ作成

ビジネスエリートの新論語 [書籍他]

 異色の司馬遼太郎エッセイ。

ビジネスエリートの新論語 (文春新書)

ビジネスエリートの新論語 (文春新書)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: 新書

 司馬遼太郎氏が昭和30年に本名福田定一名で出したエッセイ集、元は「名言随筆サラリーマン ユーモア新論語」と言うタイトルだったそう。なので「名言」「サラリーマン」「ユーモア」と言うお題の随筆なのでどうもボヤキ調になってしまい正直読んでいて面白いのか?と言う感じ。のっけから「サラリーマンの元祖」「サラリーマンの英雄」と言う調子でサラリーマンの定義付けを試みているのでもうその時点で私なんぞは全くお呼びで無いです。

 と言うのも、戦国武将の三傑を例に挙げて、豊臣秀吉を創業社長タイプ・織田信長を跡取り社長タイプとして、徳川家康こそ跡取りではありながらもサラリーマン的下積みを長く経験したサラリーマンの英雄とか言われちゃうとね。その三傑になぞらえると私なんぞは敢えて言うなら織田信長的境遇ですから、覇道とはおよそ縁遠いですけど。だから今年の大河ドラマの主人公も家臣団にも大した人物がいない凄くイマイチな中小企業っぽさに共感出来てると言う。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: