So-net無料ブログ作成

乃木大将と日本人 [書籍他]

 古本屋で150円にて発掘。

乃木大将と日本人 (講談社学術文庫)

乃木大将と日本人 (講談社学術文庫)

  • 作者: スタンレー・ウォシュバン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1980/01/08
  • メディア: 文庫
Nogi: A Great Man Against a Background of War (Classic Reprint)

Nogi: A Great Man Against a Background of War (Classic Reprint)

  • 作者: Stanley Washburn
  • 出版社/メーカー: Forgotten Books
  • 発売日: 2015/09/27
  • メディア: ペーパーバック

 著者のスタンレー・ウォシュバン氏は従軍記者として日露戦争時に陸軍第三軍に従軍して乃木大将の知己を得て身近に観察し、乃木希典が殉死した際に強い衝撃を受けて書いたのが本作だとか。それを目黒真澄氏が大正時代に翻訳して後に改訂版を出したのが昭和16年で、更に現代語に直したのが講談社学術文庫版だとか。随分と長い旅を。しかし現代語と言いつつも「登か(かはしんにょうに暇のつくり部分)」と言う天子の崩御を指す単語が出て来たりと読みやすくは無い。

 昭和16年と言えば日米開戦の年ですが乃木将軍の話とはいえ鬼畜米英人の書いた翻訳物の出版なぞあり得ない、と思うのは左翼史観のウソに蝕まれているから。大ヒット上映中の「この世界の片隅に」にある通り戦時下でもそれほどピリピリしていたわけでも無い。

 逆に大正~昭和16年は「軍神乃木」だったんだなと、今ではすっかり「坂の上の雲」の無能将軍イメージですが元々は軍神だったんだよな。そこは司馬遼太郎氏が週刊誌の連載小説執筆にあたり軍神の定説を覆す大胆設定を思いついたのか?それとも氏の従軍経験から歩兵突撃主義の象徴みたいな乃木将軍に対する恨みつらみを果たそうとしたのか?いずれにせよ今では司馬史観こそが定説になっているので本書は逆に新鮮です

続きを読む


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: