So-net無料ブログ作成

千葉県立中央博物館 大多喜城分館 (千葉県夷隅郡大多喜町大多喜) [郷土博物館]

 さて三連休の中日、千葉県立中央博物館コンプリートを目論む私としては「房総のむら」とか行きたいな。とか思ったのですがまだ正月7日だし成田山新勝寺も近いので渋滞に巻き込まれるんじゃ?と言う弱気な予想でじゃあ大多喜城分館に目的地変更。昼に買い物に行ったりで家を出たのも13時台とかなりゆっくりに、環八を羽田空港まで行って首都高から湾岸線に入り圏央道を市原鶴舞まで。そこで国道297号線に入るけどIC付近に信号が有ったきりで後はノンストップ、ちょっと峠みたいな区間を抜けると市街地に出てあとは道路表示板に従い進むのみ。

 左折して川を渡り旧市街に入ると蔵や町屋造りの建物が案外と残っていて実に良い雰囲気です。その割にはそれほど観光地化していないな、いすみ鉄道はメジャーな足にはならないだろうけど、私の来た圏央道から国道297号ルートなら都内から1時間もかからないのに。そう地元の人も思っているのか?「本多忠勝・忠朝を大河ドラマに 」なんて幟が方々に立ててある。シーズンには大混雑する養老渓谷も町内だってのに、総じて千葉はアクセスの良さとコンテンツの充実度の割に人気が無い、穴場だから私が行くんだけど。
蔵の町


 先ずは博物館へ急がないと、大多喜駅前を抜けて線路を渡ると駐車場があり茶屋もある。セルフの甘酒が百円か、とか感心してから気温低めの車外に出て急斜面を登る事数分で大多喜城へ。入っていきなりコスプレ用の甲冑が展示してあって何だかな、そう、ココは戦国武将とか武士に関する展示が充実していると言う結構イロを付けた博物館。正直そちらへの感心が低くて農業とか商業に関する展示が見たい私にはイマイチだわ。
大多喜城
 立派な板戸がある入り口を抜けて200円払い入場、案外と相客も多く若い人から年配層までのカップルとか子連れにマニア風男子のペアとか。展示は2階から4階だそうなので階段を歩いて2階へ、城と言っても松本城や犬山城みたいな木造の天守閣ではなくお城風のビルです。2階は甲冑やら刀剣の展示でそんなに興味ないから辛い、甲冑は古い時代のはレプリカですが江戸時代以降は大体本物。平安時代の戦は馬上から弓矢を射かけるってそんな難易度の高い事をしなくても、甲冑も矢を弾く為の物だとか。

 そんな平安時代は薙刀が男の武器でしたが、今月の展示の目玉が全長130cmと言う重要文化財の大薙刀。全長と言っても半分以上が柄の部分ですがそれにしても全部が金属製で柄の部分て鉄板を木で挟み込んでるのか、この大薙刀に限らずこちらの展示では古い刀剣類でもしっかりと研いで展示がしてあるので幾ら私が関心無いと言っても迫力は伝わる。コレ展示品入れ替えるのも怖いぞ、コチラの学芸員さんは刀剣の専門家が多いのだろうか?鉄砲類の展示も有りましたが、他所なら黒錆が出て表面が凸凹しているのが展示された鉄砲の相場ですがやはり磨き込まれていて刀剣同様の迫力があります。

 3階はちょっと城下町に関する展示で4階は展望台、隣の高校が良く見える。野球のグラウンドに陸上のトラックまである広大な校庭を見つつふと、小学生の頃夏休みの家族旅行でココに来たかもしれないなと思い至る。コンクリート製のお城の窓から野球場やトラックのある校庭を見下ろした記憶が何となくあります、城は山頂に有るし高い建物も周囲に無いから見晴らしは良い。甲冑やどう見ても殺傷能力のある刀剣が多数展示してあるので、小学校高学年以上の男子なら面白い展示だなと。

 外に出て高校の敷地にある井戸を上から見たり二の丸跡に行って撞き棒の無い鐘楼を見たりしてから車に戻る、いすみ鉄道の踏切では遮断機が下りて軌道車が通過するのを目撃出来たのはラッキーなのかな?大多喜駅に寄ってみると駅名の上に書いてあるデンタルサポートってネーミングライツ?風見鶏の乗った時計台の有る可愛らしい駅舎ですがお客はほとんど無し、駅前にタクシーが並んでいるので列車が来ればそれなりの乗降客なのだろうか?
いすみ鉄道
 街並み保存地区を抜けて297号に出てすぐの場所に「わくわく広場」、道の駅や農産物直売所は素通りしないので一応寄ってみるか。都内だとキャベツが高いので安く売ってないかな?と思ったら白菜とレタスはあってもキャベツが無かった、と言うより野菜は都内のスーパーと値段が変わらない。あんまり期待出来なそう、と加工品コーナーに行くと梅干しが安いわ!この手の直売場で近隣農家が原価ほとんどタダだからと弱気な値段付けて売るのが嬉しい。

 高い安い以前に都内だとソルビン酸だハチミツだのが入っていて常温でカビる梅干ししか売ってないから、こう言う原材料:梅・塩・焼酎みたいなのは外せません。それと大きな沢庵が一本290円なのも嬉しい、ただパッキングがイマイチでカバンが沢庵臭くなったけどこれだけ臭いなら美味いに決まってる。とか最後に得した気分になりましたが圏央道は館山道過ぎた先から大渋滞で、何せアクアラインで事故がダブルで発生しているんだから勘弁して欲しいよ。
わくわく広場

千葉県立中央博物館 大多喜城分館
http://www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=59


タグ:大多喜
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 2

HIRO

こんにちは。
寒い中 乙です。
大多喜は、例の本多忠勝が”南方の備え”として11年居たのが、ウリで?次があるなら?いすみ豚のカツ丼とかも(笑)

https://tabelog.com/chiba/A1207/A120702/12004770/
by HIRO (2018-01-14 13:32) 

furitann

 本多は脇役とは言え2年連続で大河に出てしまったのでしばらくは無理な気がします。とんかつ屋は例の町並みエリアにあるんですね、297号線で勝浦まで行けるようなのでツーリングのコースに組み込めそうです。
by furitann (2018-01-15 09:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント