So-net無料ブログ作成

麺通 若林店 (世田谷区若林) [食べ物]

 体育の日、前日のクラス会は適当に逃げてきたので酒のダメージは少ないけどお疲れ。寝坊して疲れを取らねばと思ったけど9時過ぎに起きてしまう、ブログ更新してから数か月洗ってないバイクを洗車。ホースで水をかけて油でベタベタなエンジン下部やらフレームにはマジックリンを吹いて脱脂、しかし洗車スポンジと雑巾が油にまみれて拭けば拭くほど油まみれになるジレンマ。マジックリンよりも台所用洗剤の方が油が良く落ちるのね、とか2時間ばかり洗車したのでピカピカです。

 14時半でじゃあ今から「世田谷区立郷土資料館」に行くか、原付で駒沢公園を抜けて世田谷通りへ、道中でランチしたいなと思ったけどめぼしい店が無い。郷土資料館は天狗湯のすぐ裏手でそこまでの道中営業している飲食店が無かった、いや、世田谷通り沿いに先ほど営業しているラーメン屋が有ったよな。と言う事で三軒茶屋方向に戻ると遅い時間ですが引き続き営業中、店の真正面に何故か救急車が停まっている。
外見
 祝日とはいえ大通り沿いは駐車監視員が嫌なので角地の店舗なのを幸い側道に停める、改めて入り口に行くと背脂醤油とか看板に書いてあるわ。入店するとL字型のカウンター席のみなのに対して広い厨房、しかも奥に製麺所まである、客席が狭くて厨房が広い店は期待して良いので楽しみ。入って右手奥に券売機があったので左上の「屋台らーめん730円」をチョイス、チケットをカウンターに置くと「大盛無料サービス中ですがどうしますか?」と言われたら頼まざるを得ないじゃないの。


 製麺所が気になるんだけど営業中に麺は打たないだろうし持参した銭湯マップを見つつ今後の予定を考える、券売機の左隣に冷水のディスペンサーがありその下にマンガ単行本があるけどね。祝日の昼時をかなり過ぎた時刻なのでちょっと待っているとすぐに出てきた、って太麺だけど正当中華そばスタイルでビックリ!外に背脂醤油がどうこう書いてあったのでとんこつ醤油ラーメンだと思っていた
屋台らーめん730円
 そこは細麺と太麺展開している上にこの広い厨房にモノを言わせてスープを何種類も用意出来るのだろうね、実はベースのスープが一種類かもしれないか。チャーシュー・青菜・メンマ・焼き海苔に刻みネギを散らすと言う中華そばスタイルなんですが平打ち太麺なのが面白い、太麺が半透明の平打ち縮れ麺だと佐野ラーメンなんですがもっとプリプリしていてコレが中華そばにどう絡むのか?と言うのはしっかり絡むしスープも太麺用に調味してあるのだろうなと。

 麺だけ大盛りなので器にギッシリ詰まっている感が強いんですが太麺だから二郎系の小状態、器は普通のラーメンなのでそこまで腹一杯でもない。他のお客は汁無し率高いですが汁無しだと器が大きくなって盛りが良くなるのだろうか?出ると入れ替わりに他のお客が入って来たりカップルが覗いたりと人通りが多くもない世田谷通り沿いとしては繁盛しているのだろうか。さて、世田谷区立郷土資料館は月曜でも国民の祝日でも休むそうでどうしたもんか?

麺通 若林店
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13187459/


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント