So-net無料ブログ作成
検索選択

中嶋湯 (小田原市中町) [銭湯]

 土曜日は朝から行事参加で箱根へ、ターンパイク久々乗った。箱根新道が無料になって来こんな有料道路に用は無いものね、そしたら頂上のレストハウスがオフ会やらイベント会場に特化していてかなりビックリした。16時過ぎに終了したので久々旧道で湯本まで下りる、道中の旧東海道沿いにも温泉の公衆浴場が有るんだよね、と言うのはスルーして国道1号に出るといきなり小田原厚木道路入り口の陸橋が完成していて吹いた。

 これに乗ると小田原市内へ行けないじゃないか、側道に出て馴染みの1号線を進むとガラガラ。生活道路としては観光客が排除されて良かっただろうけど、沿道の干物やかまぼこを売る店はどうだろう?過去ツーリングの帰りに小田原厚木道路入り口まで渋滞するこの道を進んで途中で買い物したりしていたけど、外から見てもすっかりガラガラですね。その代わり風祭駅付近の国道沿いへ新たに大型の土産物店が集約していて繁盛していました、箱根界隈もインバウンド消費で様変わりだな。

 東海道を進んでJRの線路を潜り左折、右手の公園が小田原城址公園なのか、小田原もその内ちゃんと来ないとね。東口に入り国道255号がクランクしている栄町一丁目交差点に煙突を発見しましたが廃業銭湯のものらしい、そこから割と碁盤の目に整備された市内を北東方向に進むと目的地の中嶋湯、組合HPでは中島湯ですがモルタル壁や行燈のロゴは中嶋湯。
正面


 が、本日のアシは大型バイクなのよね。何処に停めるか?と言うのは風呂屋並びの信用組合前部分の路肩が広いのでそこに路駐、まだ18時前ですが駐車監視員が来る風でも無いのでね。車の人は中嶋湯の真正面に砂利敷きの駐車場が有るからそこに停めれば良いかな、煙突を見学に裏手に廻ると左側男湯の窓全開で浴室がまる見えですね。煙突はスレートの円筒を積み重ねてワイヤーで貼って立ててる風。
煙突
 正面は商店風にモルタル壁で四角くしてありその中央入り口はかなり小さく低く建物に入る前ここで男女別に、平成12年と言う料金表が中央のタイルに貼ってあるんだけどその裏手に何やらタイル画があるのをぜひ見たいんだけどね。左手の引き戸を開けるとそこがタタキになっていて靴を脱ぐ事に、バイク用のブーツなので下足ロッカーに入らないので最下段の棚に並べておく。
入り口
 番台の女将さんに千円渡すと600円帰ってきたので本当に400円、川崎や横浜ならば470円するのに安いわ。下足入れ脇に脱衣籠が積み上げてありますがコンパクトな脱衣場で番台の目もあるのでロッカーでなくとも大丈夫かも、トイレは道路側ドアを開けた外で枝が伸びた植え込みが茂って濡れ縁を塞ぎかけている。普段ならドア開けっ放しで用足しをするのですがそれだと公道側からまる見えなので扉を閉める、段のある和式でした。

 敷居側のロッカーに荷物を入れる、外壁側は体重計やらマンガの棚でちょっと使い辛いので。浴室へ、島カラン無しの両サイドにカラン各4、仕切り側手前に立ちシャワー1。外壁側手前に伏せて置いたケロリン桶と腰掛が有るので1つずつ取って外壁側カランに陣取る、仕切り側は先ほど外から見聞した際に浴室窓と道路が近いのでまる見えだったのを敬遠したのではなく埋まってたのよ。カランは日の丸扇刻印のボタン式、全身を念入りに拭ってから浴槽へ。
外からまる見え
 浴槽は外壁側が浅槽で仕切り側が深槽、浅槽は外壁側がバイブラになっていて詰めて4人、深槽は詰めて2名が限界かな?実際そんな風に入る位に混雑していた17時半前後。お湯は適温ややぬるめ位でいつまでも入っていられる温度、ペンキ絵は板壁に直接描いた富士山と言う横浜辺りで良く見る施工です。しかし、小田原なら富士山見飽きてないか?箱根がジャマで富士山見えないのかな。小さな浴場ですがちゃんと高天井で湯気抜き窓の存在も上の煙突写真で確認出来るとおり、レイアウトは東京式なんだけど大きさは京都の銭湯を思い出します。

 そんな風に混んでるのでしっかり温まらずに上がって体を洗う、シャンプー類の備え置きは無し。しかし隣の結構な年配男性がスポーツ好きらしくBSの中継の話をしていると思ったら「中継より先に結果が知りたいからiPadで見ちゃった」とか言うので高齢者もデジタル機器使いこなしているのだな、これが都内や川崎の風呂屋だと老人の会話と言えばギャンブルと相場が決まっているのだけれども小田原のお年寄りは上品だわ。

 上述の通り小さい深槽がすし詰めだったのでまたもや浅槽に入ってから立ちシャワーを浴びて上がろうとしたらロン毛の若者が洗髪していて2名待ちだったので断念してカランのシャワーで全身を流してから上がる。そんなに温まらなかったつもりが脱衣場で汗が止まらないので服だけ来て裸足で外に出てバイクの前でしばらく涼むよ、浴室に吹き込む風が冷たかったけど外に出るとそれほどでもない。汗が引いたらちゃんと靴下も履いて渋滞している東名は避けて久々西湘バイパスで帰宅、夕暮れ時の相模湾沿いは気持ち良かったけど一般道区間が渋滞していたので90分位かかりました、東名なら60分位で帰れただろうに。
行燈

中島湯
http://k-o-i.jp/koten/nakajimayu-sho.html
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/East/kanagawa/nakaji.htm
http://furoyanoentotsu.com/nakajimayuodawara.html


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント