So-net無料ブログ作成

荒川知水資料館アモア (北区志茂) [郷土博物館]

 バイクを引き取りに浮間舟渡へ行った帰りに岩淵水門にある治水資料館へ、15年位前ならハーレーダビッドソンを都心路上に停めておくと一瞬で盗まれたのですが昨今はそれほどピリピリしなくても大丈夫っぽい。隅田川沿いの道から土手を上がって志茂橋を渡り中洲の関東地方整備局荒川下流河川事務所へ、荒川河川敷に遊びに来た人が有料駐車場に自家用車を停めていますが私は治水資料館前に乗り捨てたら警備の人が出てきて奥に停めろと言うのでそちらへ移動。
外見
 江戸川区郷土資料室「利根川の東遷」と言うのを見て、現在の利根川が江戸時代に東京湾へ注ぎ込んでいた流れを人の手で現在の銚子に注ぎ込む流れに変わったと今更知って感動しています。何だか土木技術って江戸時代でもうかなりなモンだったのね、そして明治・大正・昭和と19年を要して現在我々が荒川と呼ぶ人工河川の荒川放水路が完成すると言う「荒川の西遷」に関する資料の展示がこの資料館の目的の半分ね。

 が、河川敷なのでランナーやローディの休憩所やトイレとしての利用も多い。健康増進だか郷土史勉強に来た老人グループも休憩ついでに施設を見学、1階部分は図書館だったり荒川流域の生き物が魚は生きたまま水槽に展示されて鳥はパネル展示されています。実は昨年末のリバーサイドハーフマラソンでこの河川事務所脇を走って水門も通過したので、その時の記憶を辿りつつ1階のパネルを見学したりする。


 展示のキモは2階でして、展示の前半部分は明治43年の洪水で壊滅的な被害となった現23区東側とそれを受けてパナマ運河工事に携わった経験のある青山士(あきら)率いるチームが荒川放水路を作り上げる過程が紹介されています。つまり東京23区の東半分は利根川の東遷と荒川の西遷で人工的に作り上げた土地で、元は広大な河川敷なんだなと。荒川の西遷では土地の収用から始まって河川予定地を平坦にしてから蒸気堀削機で掘り下げて出た土で堤防を作ってと言う工程で放水路を完成させたのだとか、今でも道路だダムだ防災だで土地の収用をしていますが昔も変わらない。
明治43年の避難生活
 その荒川放水路の堤防は今年で70年前となるカスリーン台風でも決壊しなかったと誇らしげに書いていますが、それは荒川放水路の堤防が決壊しなかっただけで利根川は埼玉県で決壊して葛飾区や江戸川区を襲っているんだよね。と言う事で展示の後半は防災対策、そもそも荒川放水路が作られた理由も防災だ。旧民主党がダムはムダだのスーパー堤防は必要無いとかバカな事を言いましたが、ここの展示を見るに治水は現在進行形で状況が変化しているので、それこそ荒川なら下町エリアを放棄しない限り完成すると言う事は未来永劫無いのだなと
0メートル地帯
 何せ荒川の堤防は地盤沈下で下がっており、堤防部分に盛土でかさ上げしても堤防と一緒に地盤沈下した京成本線の鉄道橋部分がかさ上げ出来ておらず線路部分が堤防より3.7m低い為その部分から堤防が決壊する恐れがあるとか。資料館で放映していた動画では荒川上流に3日間で500mmの豪雨が降り、京成本線と並ぶ荒川堤防の弱点である京浜東北線の鉄道橋地点で堤防が決壊したと言う想定になっています。今年の九州北部の豪雨でも福岡県朝倉市では24時間で500mm以上の雨が降っているからね、線状降水帯が埼玉県で発生すれば東京の下町エリア壊滅も有り得ますよ。



 幸い私は大田区の台地に暮らしているので安心かな、と思っていたら事務所の裏手の四差路に暗渠や下水道が集中している箇所があるからその周辺が水没しても不思議じゃないらしい。展示には下町エリアで荒川が決壊した場合の推移をCGで体験できるようになっていて、港区新橋でも水が出るのか。とか思っていたら昨今人気のエリアである北千住駅前なんて5.6m水が出ると言う予測、もう2階どころか歩道橋が水没する洪水なんで2階建ての戸建てに住んでる人なんて自宅が完全に水没するわ。
水没CG
 堤防の決壊も水が溢れるばかりではなく堤防内部に水が浸透して崩壊させる場合もあるとかで、それに対する対策がスーパー堤防なんだと。一昨年も鬼怒川の堤防が決壊したし上述の通り設計時の想定をはるかに超える雨が日常的に降る昨今です、上の動画でも下町エリア住民はさらっと逃げ遅れて死んだ事になっているし避難以外に助かる方法がないのか。今現在もこれからも台風が来なくても集中豪雨で簡単に水が溢れる昨今なので、防災意識を高める為にも是非一度行きたい施設。

荒川知水資料館アモア
http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage_index007.html


タグ:赤羽岩淵
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 2

いっぷく

コメントありがとうございました。
京急蒲田の駅付近は様変わりしましたし
JR蒲田へ向かう道も、さかさ川通りが
きれいになって明るい感じになってきましたね。

by いっぷく (2017-09-06 20:54) 

furitann

 京急蒲田駅前はアーケードを潰してロータリーを作ったりで、アプリコ脇を抜ければ呼び込みもいないし明るく人通りも増えましたよね。
by furitann (2017-09-07 09:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント