So-net無料ブログ作成

竜泉で樋口一葉 (台東区竜泉) [書籍他]

 先日、たけくらべ所縁の台東区竜泉や下谷吉原界隈の紹介記事を上げましたが、竜泉界隈にはたけくらべと言うよりも一葉所縁の史跡が色々と。本人が住んでいたのは10か月ほどですが没後に色々と出来た様で、その中で最新の物が平成20年に完成した千束稲荷神社の樋口一葉像なんですが、享年24歳で栄養状態が悪かったであろう人物の胸像にしてはやっぱりゴツ過ぎると思うよ
ゴツい
 ベースキャンプにするのはやはり一葉記念館向かいの一葉記念公園で、何がベースキャンプかと言うと原付を乗り捨てるのに最適の場所なのよね。公園内には佐佐木信綱氏の句碑と菊池寛・小島政二郎の連名による碑もあるのですが、まあ先ずは旧居跡だわ。うなぎ屋の向こうに看板だけ建っていて、コレを見る前に是非記念館に行って当時のジオラマを見てからだと「鶉なく声もきこえて花すゝきまねく野末の夕べさびしも」とその場の様子を詠んだ一葉の気持ちに得心がいくのですが、現在は普通に普通の住宅地。そんな寂しい場所で向かいの商売敵とバトルしていたんだなと感慨にふける要素多数。
旧居跡
 たけくらべでは、「赤蜻蛉田圃に乱るれば横堀に鶉なく頃も近づきぬ」と、どうしてもウズラがポイントなのか、アレはかなりけたたましく鳴く鳥だけど。日暮里に当時あった火葬場(現町屋斎場)から上がる煙と炎の明かりが見えてまた寂しい風景と描写しているので、それを読んでから現在の住宅街っぷりを見ると変遷にビックリします。


 因みに住居跡近くのマインマートでは「一葉ワイン」を扱っているとか、一葉せんべいも有るし廃業したけど風呂屋も有ったし5千円札になる前から大した経済効果だわ。そこから一葉記念公園に戻ろうとしたら道中の個人住宅玄関先に大きなカメがいて結構ビックリした、珍しくもないミシシッピアカミミガメだろうけどこんな池も何も無い場所に何処からか脱走して来たのか?
亀
 記念公園の記念館入り口正面辺りに一葉と言うよりもたけくらべの記念碑、佐佐木信綱博士の歌碑になっていて脇のステンレス板の説明文に崩し字の碑文ではなく現代人でも読む事が出来る楷書と、何故か英訳した歌まで載っているので面白いと言うのか何と言うのか。相変わらず崩し字が読みたい私は碑文とステンレスを見比べつつ解読の稽古をして実に勉強になるわ。
たけくらべの記念碑
 同じ公園内の角に「一葉と樹」と言うお題で、桜・梅・萩・柳・葦・躑躅を一葉のエピソードに絡めて紹介してあるのは大変良いのだけれども、パネルが苔むしているのよね。同じく区営の向かいの施設(記念館)がこれだけきれいなのだから掃除のついでに道路の反対側に行って雑巾で一撫でする手間を何も惜しむ必要なぞ無いと思うんだがどうだろうか?パネルの展示内容と記念館の展示内容はかなりシンクロしているので、私ならピカピカにしておくけどね。

 パネルの隣に菊池寛・小島政二郎の連名の碑があり、碑文を読むと本来は住居跡にあって然るべきものなのかね?昭和24年とあるので当時は住居跡に有ったのかも、現住居跡の碑も西に6mずれているそうなので一体本来何処に有ったのやら。と言うのも当初は昭和11年に菊池寛の名で住居跡の碑を建てたのが昭和20年3月の空襲で碑が溶けたとあるので金属製だったのか?昭和24年の再建の前年に菊池寛が死亡した為連名になったとかで碑文も読むと面白い。
菊池寛・小島政二郎の連名の碑
 とか、10分程度で廻る事が出来るので一葉記念館に行ったら是非廻りたい。ワインとか煎餅とかあやかりグッズも売っているし、これで後は千代田区内幸町の生家跡と文京区の所縁の地を見て廻れば納得かな。24年の生涯で名所旧跡も文京区と台東区にほぼ集中しているので見て廻るのもラクだし、NHKも執拗に女性大河をやっちゃ失敗しているので樋口一葉主人公で作れば良いのに、「ご当地」が文京区と台東区になるのが宜しくないのだろうか。
案内板


タグ:三ノ輪
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント