So-net無料ブログ作成
検索選択

きぬちゃん食堂夜の部 (渋谷区代々木) [食べ物]

 月に一度の代々木デイ夜の部、6月まで通っていた店はボスが変わったら足が遠のいてしまい駅近くの寿司屋で乾杯。本日は諸般の事情で5人程しか参加せず寂しい限りと言いつつも今日のお奨めにのどぐろが有ったので頼んじゃいましたけどね、刺身じゃなくて炙りのタタキみたいなのでしたが相変わらず超絶に美味いのがのどぐろだ。

 そんなんでかなり飲んで食べて幸せ、じゃあ2軒目行こうか?と言う事になったのですがそこで更に3人に絞られた。じゃあ毎度おなじみ代々木庵でも行こうかしらね、と思ったら4月にランチを食べたきぬちゃん食堂が水曜日なのに夜営業している。夜は週末だけ営業の筈だけど、と結構気にしていたら他2名の内片方が行っても面白いんじゃない?と言うスタンスでもう片方は止めておこうよと言うスタンス。その腰が引けるのは決して責められない、4月のランチ営業の時の様子がこんなだし。
佇まい
 日中が猛暑日直前だっただけにこんな半露天の店は暑いから嫌だなあと、入り口にいる日本人?外国人?男性に3名と声をかけると一番奥へ行けとな、何と奥にはエアコンが有るので涼しいかも?と思ったけど所詮はビルの外側に塩ビの波板を足場用鉄パイプで組んだ柱に貼っただけの半露天なので涼しい筈も無く。足元に蚊取り線香があるので隣の空き地から虫が侵入し放題だろうね。この代々木会館と呼ばれるビルはドラマの「傷だらけの天使」ロケ地だったそうですが権利関係が複雑なのか地上げなのかで現状廃墟ビル化してその1階通路部分が「きぬちゃん食堂」として営業しています。


店内の様子
 食べログ情報では代々木駅周辺の学生や美容師なんぞが激安居酒屋として愛用している風でしたがこの日の相客は近隣の年配サラリーマンがほとんど、店員はほぼ全員ミャンマー人で突き出しは冷奴と春雨サラダ。が、その冷奴が何とも酸っぱいのよね。豆腐が傷んでも酸っぱくはならないだろうに、コレは何事か?と言ってたら入店を尻込みしていた方はそれで一気に具合が悪くなったと言う。メニューは何を頼んでも380円だった様にしか記憶が無いので1杯目は焼酎のトマトジュース割、2杯目にホッピーを頼んだらジョッキになみなみと焼酎が入っていてコレは所謂センベロの店ですわ。
ホッピー
 つまみも何を頼んでも大体380円な様な?具合が悪くなった人が衛生面を気にするので基本火がしっかり通った物を頼みましょうと言う事でソース焼きそばと800グラム大盛りカレーとハムエッグを注文、1軒目の寿司屋で飲み過ぎてトイレに行きたいのでトイレ。客席は原則建物外の塩ビ板で覆われたエリアですがビル内への進入孔があり、入って左手カウンター内が厨房で右手にテーブル席、その奥に和式の男女別になったトイレがあり施設は古いけど清掃はしっかりしているわ。

 席に戻ると味が薄いソース焼きそば、お酒はセンベロ系のボリュームですが焼きそばもかなりのボリュームでこの平均年齢50代半ば的にはけっこう厳しい。カレーもSNS映えするんじゃね?とか言って800グラムを頼んじゃったら大変なボリュームだわ、最近は自炊で食事の量を極端に減らしているので月曜日火曜日と一日中空腹でフラフラしていたのが突如炭水化物責めで一気にリバウンドしそうと言うか苦しい。
380円のカレー
 もう食えないかな、と思ったらハムエッグ登場。代々木の某店では千円近い値段がする料理なのでついつい頼んでみたらまあ、卵5つをも投じた大作でして目玉焼きの下と上にハムが敷き詰めてある。ココはセンベロの店ですが380円のつまみがそのまま腹一杯の夕食にもなる店だわ、上述の通り汚さは人によっては許容範囲を超える店なので安易に誰にでも薦められる店でもない。でもカップルで来ている人もいたのでやはり平気か苦手か?ですねえ。それと精算がかなりいい加減で釣銭持って来るかと思ったらもう済んだ、みたいな感じだったりするので、そこはこちらも酔っ払いだったので何とも言えないところ。
巨大ハムエッグ

きぬちゃん食堂
ランチ営業の部
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130403/13175798/


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント