So-net無料ブログ作成

報道しない自由 [メディア観察]

J-CASTニュース 2017/7/26
加戸氏の「報道しない自由」「印象操作」指摘 新聞各紙ほぼ報じず
>「加戸参考人が経緯を含めて、とても分かりやすくお話しいただいたが、ほとんど報道されなかった。ちなみに、僕という国会議員は、この世にいないかのような扱いになっていたが、それは、有権者には申し訳ないけど、はっきり言ってどうでもよいこと。問題は、当事者の前川参考人と並んで、一方の当事者の加戸参考人が、まるでいなかったがごとく扱われたということ」

 と言うちょっと前の記事なんですが、国会と言うのは議事録を作って公開しているし昨今は参議院TVと言う動画配信サービスもしているので、何を話したかは一言一句記録されているのですよ。対して「報道しない自由」筆頭の朝日新聞なぞも問題の7月25日参議院予算委員会について【詳報】を出しているのでどの様な情報の取捨選択が行われたかは比較すればすぐ解ります、しかし朝日新聞は時間を遡るかの様な載せ方をするのは何かね?

朝日新聞デジタル 2017年7月25日 
【詳報】参院閉会中審査 首相釈明「特区を取り違え」
http://www.asahi.com/articles/ASK7T2V52K7TUTFK004.html


 と言う朝日新聞の詳報をご一読いただいてから。

参議院 第193回国会 予算委員会 閉第1号 平成29年7月25日
http://online.sangiin.go.jp/kaigirok/daily/select0114/193/19307250014001a.html
>○参考人(加戸守行君) 私も霞が関で三十数年生活してまいりまして、私の知る限り、今までメディア批判をして勝った官僚、政治家は誰一人いないだろうと思っておりますし、ここで何を申し上げても詮ないことかなとは感じますが、ただ、今回七月十日の証人喚問の後、私はその晩、イタリア旅行に出かけまして、日本のことは知りませんでした。

>十日間旅行して帰ってきましたら、いや、日本では報道しない自由というのが騒がれているよと。何ですかと聞いたら、何か一覧表を見せられまして、加戸参考人の発言を紹介した、丸、三角、バツで新聞、メディア、テレビ等の勤務評定がありまして、ああ、そうなのかなというのを見たとき、私、役人時代から慣れっこでございますから当然そうだろうなと思いながら、ただ、報道しない自由があるということに関しても有力な手段、印象操作も有力な手段、で、そのことはマスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかないことでございますけれども、このことに関してあえて申し上げなければならないことが一つあります。

>それは、今、実はあるテレビ局の報道で、報道された中身に関して、そのこと自体を私はどうこう言うわけじゃありませんが、その取材に応じられた前川参考人の発言で、報道のときにはカットされた部分があります。このことについて、やはりこの場でおいて、安倍総理がこんなに窮地に立っているときに、このことはやっぱり私のこれは披露しなければ気が済まないから申し上げさせていただきます、ちょっと時間取って恐縮ですけれども。

>私が松山にいるときに、東京のテレビ局のキーステーションの系列局から話がありました。それは、私の知事時代の県政担当記者から、東京のキー局が取材をしたいと、急いでいるけどという実は連絡があったときに、私は東京へ用事があって上京する、松山へテレビカメラを担いで取材に来る時間ないでしょうと、東京に着いたら、東京でその夜なら時間が取れますよと言ったら、テレビ局がカメラ二台、記者二名、そして私のあばら家に来ていただいて、立会人は私の妻一人でありますけれども、その場で、何でカメラが二台かと思ったら、一台は前川参考人の取材したビデオ取材の記事を映像で私に見せながら、このことに関して加戸さんに取材をしたいんだということでございました。

>言うなれば、教育再生実行会議に安倍総理に頼まれて私がこの加計問題をため込むという構図になっているわけでありまして、で、私が笑い飛ばした部分はカットされましたから多くの国民には分かりませんけれども、獣医学部新設の疑惑追及か何かというタイトルの番組だったようでありますけど、その後、翌日のホームページに載っていまして、そこのホームページには画面に私の画像とテロップが流れ、その下に御丁寧に教育再生実行会議の議事録のコピーまで載っていますから、よく見ていただくと分かるんですけれども。

>まず、加戸さんは安倍総理と加計、友人関係御存じでしたか、そんなことは全く知りませんでしたよという話から始まって、それから、教育再生実行会議の委員にはどうしてなられたんですかと。それは、前川参考人が、加戸委員は安倍総理が直接頼まれたんですよねと。で、記者の方が、えっ、何で御存じなんですか。いや、私が教育再生実行会議の委員の人選に関与していましたから知っておりますと。

>そして、その次、カットされた。そのことから、私に対するインタビューは、何でお受けになったんですかと言うから、安倍総理から、教育の再生は安倍内閣の重要事項として取り組みたいから加戸さんの力を借りたいというお話でしたので喜んでお受けしましたと。その後がカットされた部分ですが、前川参考人が、あれはですね、安倍総理が加戸さんに加計学園の獣医学部の設置を教育再生実行会議の場で発言してもらうために頼まれたんですよと。

>記者が、えっ、そうなんですかと。だって、その後、教育再生実行会議で、私も出席しておりましたが、唐突に発言をされました、この加計学園の、それから、しかも二回にわたってとありました。で、このことどうですかと言うから、私は高笑いしましたよ、そんなことあるわけないじゃないですかと。

>そして、その部分はカットされたのは、恐らく、私は考えました、後で。このまま報道すれば恐らく安倍総理から名誉毀損の訴えを提起されるおそれなしとしない。加戸先輩はそれは踏み付けられてもいいけれども、そこまで想像をたくましくして物を言われる方なのかな。でも、このことに関しては、総理補佐官御発言メモが残っているわけでもあるまいし、何でそんなことをおっしゃるのか。

安倍総理をたたくためにそこまで、全国に流れるテレビの画面の取材に応じて、私の取材がもしできていなければあのまま生で流れているかもしれないということを考えたときに、私は自分の後輩ながら精神構造を疑いました。

私は彼を買っています。それは、私が愛媛県知事のときに、小泉内閣が三位一体改革の名の下に義務教育国庫負担金制度の廃止を打ち出して大もめにもめて、玉を丸投げして全国知事会で結論を出してくれときたときに、数少ない有志が語らって徹底抗戦しました。十数人が反対しましたけれども、全国知事会の評決では三分の二の多数決ですから、三分の二の多数決でこの理不尽な廃止制度が議会、全国知事会で認められました。

>そのときに、当時文部省の初等中等教育局の課長として前川参考人は、奇兵隊、前へというブログの中で徹底してこれを批判し、あえて職を賭してまでこの義務教育国庫負担廃止に論陣を張ってもらいました。気骨のあるすばらしい人材で、嘱望しておりました。彼が事務次官になったときには、私、一番うれしかったです。本当に文部省を代表し、気骨を持ってチャレンジするすばらしい次官が誕生したなと思いました。
 
>その彼が何で虚構の話を全国テレビで話すんだろうと。これはテレビ局が放送をカットしてくれたから彼は救われましたけれども、でも、その後の発言の様子を見ていると、私はそう思います、想像します。想像が全部事実であるかのごとく発言されていると。同じ伝で言われているんじゃないだろうなと。

>でも、そのことが国民をそういう方向へ持っていくことになるんじゃないのかという危惧を持ちながら、あえてこの場で私は報道の批判をしません。良識を持ってその場面場面をカットしたテレビ局の見識には感謝しています。でも、そのリスクを冒してまで言わなければならない、作り話をしなければならない彼の心情が私には理解できないんで、でき得べくんば青山委員から御質問いただければと思います。


 前愛媛県知事加戸守行参考人の発言を適当に端折って他の話を載せようかと思いましたが、朝日新聞の「詳報」から完全に欠落していたので長い議事録から該当箇所を探して是非オリジナルで読んでくださいませ。7月25日の最初の質問者は自民党の青山繁晴氏で、彼の質問に対して加戸守行参考人が答えているのでそれほど大変では無いかなと。参議院では(衆議院も)動画配信もしているので2017年7月25日予算委員会で検索すれば映像や音声で見る事も出来ます。上記テキスト部分は5時間16分36秒の動画の内50分25秒位からスタートしますよ

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 新聞記者筆頭にサラリーマンその他組織人ならば会議は生活の一部の様にお馴染みな存在でして、それは私の様な自営業者ですら組合の委員会だ部会だで議事録を当たり前の様に作成しています。上記リンクの参議院の議事録や動画配信は誰でも見る事が出来る公開情報なのでそれを意図的に取捨選択して倒閣を目論むと言うのは悪手じゃないかな、報道しない自由どころかフェイクニュースかプロパガンダである事が一瞬でばれてしまう。その議事録に「報道しない自由」なる文言が記録された事は、今後を思うと面白いとしか言いようが無い。

 特に朝日新聞は慰安婦報道と原発報道に続いて三度目なので、刺し違えどころか単なる自殺攻撃じゃないの?バイアスで片方に物凄く貯まったエネルギーが解放される時に吹き飛ばされるのは歪めた側になるのは間違いないところだし。その原発報道の時には週刊金曜日が「愛国無罪」と言う論調で擁護していますが、無茶苦茶だよ。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント