So-net無料ブログ作成

伊豆栄が永田町にあるなんて (千代田区永田町) [食べ物]

 半月以上前の話なんですが永田町の伊豆栄に行きました、伊豆栄と言えば上野池之端と上野の山の中にある鰻屋じゃないか。いずれはどちらか行ってみたいと思っていたのだよね、そしたらまさかの永田町。しかもマイクロバス仕立てで団体移動です、永田町のどの辺りだ?と言うのは平河町交差点のローソンが入っているビルの中でしてもう自民党本部のすぐ裏手ですよ。政治家商売が今より儲かっていた時代には国会議員も頻繁に伊豆栄の鰻を食べていたのかね?
正面
 青山通り側はよく通るけど自民党側には来ないからなあ、こんな場所に鰻屋が有ったなんて知りませんでしたよ。真正面に乗り付けたバスを降りて入店すると右手に団体用の個室、入った辺りのテーブル席には予約したでも無い風のお客が何組もいたのでその辺の鰻店の様に使っても良いらしい。小奇麗な店内は壁面にカバン用の棚が有るのでそちらに荷物を先ず入れる、会合の趣旨としては暑気払いですので先ずはビールでカンパイ。


 奥にドリンク用のカウンターがあり何を飲んでも良いらしい(予約のコースによります)、とは言っても最初はひたすら瓶ビール。日本酒が有ると言う話ですがこう言う古い店はなあ、地酒じゃなくて名の知れた味もそれなりなお酒なんだよな。いや、メジャー銘柄でも京都旅行で出てきた月桂冠なんぞは正しく京の地酒で大変美味しかったけどね。とか思っていたら青竹で作った器に冷酒が入っていてコレは良いね、面白いのでやたら飲んでしまった
青竹酒
 暑気払いですので鰻と言ってもコース料理、食べながら詳細を聞くと「鰻は遠い」とかで鰻の前に出てきた物を粛々とやっつけるだけですよ。冷奴にキャビアがのっていたり茶碗蒸しにキャビアがのっていたりと高いだけあるよな~と言う料理でお造りから天ぷらから食べていると昨年忘年会をした日本橋にあるおでん屋のお多幸でもやはりコース料理ばかりで肝心のおでんは冷めた物を少量食べただけだったのを思い出したりする。
天ぷら
 かなり腹が膨れて来たところにようやっと鰻登場、なのでギブアップしてお土産にしてもらう人多数。コースの〆なのでもう少量でも良いとは思うんだけど小さい重箱にご飯が見える大きさの鰻は拙いだろう、やはり鰻はぎっしり詰まってないと。ふるさと納税で鹿児島県志布志市からお礼品の鰻を貰って楽しんでいるのでちょっと鰻の経験値は高いよ、美味しいんだけど魅せ方がもうちょっと何とかならないかね。
メインの鰻
 因みに雑居ビル1階だけにトイレは裏口から出てビル共用でした。暑気払いなので2軒目も既に抑えてあり赤坂見附交差点近くの俺のイタリアンの辺りだったので仕事でその界隈に良く行く私が先導、ならばフーターズでも良いんじゃね?とか言ってたら平成生まれの女の子が激しく喰い付いたので近日中にフーターズ会をやりそう、なんて騒いでいたら件の俺のイタリアン前をSPに囲まれた安倍首相が思い切り通過したりで都会はやっぱり凄いわ。

伊豆栄 永田町店
http://www.izuei.co.jp/shop/nagata.html
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13019024/


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント