So-net無料ブログ作成

LED省エネムーブメント促進事業異聞 [時事ネタ]



 コレはかなり前から情報が漏れ聞こえていたのですよ、報道はこんな感じだった。

家電 Watch 2017年7月10日 
東京都、自宅で使っている白熱電球2個とLED電球1個を無償交換する“省エネムーブメント促進事業”を7月10日よりスタート
>交換回数は1人1回まで。持参する白熱電球は2個以上で、以下3つの条件を満たすものが対象となる。「1・自宅で使用中のもの」、「2・36W以上の消費電力があること」、「3・2個のうち1個は口金サイズがE26であること」。

 実際街中で小池知事とピコ太郎の幟の立った町の電気店を見る事になって、予想では家電量販店が窓口なのだろうなと思っていたら町の電気店ばっかり。その辺は良くも悪くも小池都知事らしいのだなと思ったよ。

東京都 LED省エネムーブメント参加協力登録店MAP
https://www.tokyo-co2down.jp/individual/ecoother/LED-shops/index.html

 これを読み解き別途情報収集した結果からすると、1.家庭で使用中の白熱電球で切れたもの不可。2.2つ以上のE26口金の電球に対してLED球1つ交付。3.お一人様一回のみと言う事なのかな?電球サイズについては持ち込んだ白熱球の内1つがE26口金なら良いらしい。


 そのE26がクセモノでして、私が今住んでいる家では何故か電球が皆E17口金のクリプトン球なんだよね。こいつは発熱量がハンパ無いんで入居以来LED球にあらかた交換済み、しかし外したクリプトン球は取ってあるので持ち寄ればLED電球長者になれるかも知れんね。そう言う事で自宅にあったE17口金のクリプトン球を事務所と言うか実家に持ち寄る、と言う時点で「自宅で使用中のもの」を逸脱していますが電気屋さんが機械的に対応すると勝手に妄想。

 実家ではぼちぼちLED化しているものの、E26口金の白熱球やらボール球がゴロゴロ。これを現在使用中の物まで全て外して数えるに、LED球が10個近く貰えるんじゃないのだろうか?昨今フィンテックだ何だで業務の効率化がより一層進んで仕事が絶えてしまいヒマなのでネットで調べた交換を受け入れてくれる町の電気店へ持参、コレ転んだらシャレにならないよ。

 一夜にしてLED球長者になるのだから実家で使って余ったらスタッフにもインセンティブとして配らないとダメかな?とか妄想を膨らませていたらとんでもないオチが待っていたと言う、つまり。

1.電球の交換は一人につき1回。身分証などで本人確認した上に登録するので以後都内の何処の電気店に行ってももう二度と交換は受け付けてくれない

2.白熱球2個以上に対してくれるLED球はお一人1回1個のみ、私が目論んだ様に大量の電球を持ち込んで大量のLED球が貰えると言う事は無いのだとか。

 つまりは1つのE26口金の白熱球ともう一つ以上の形状は問われない白熱球を指定の電気店に持ち込むと一人1回だけLED球1つとだけ交換してくれると言う事、そんなLED球1つだけ貰っても果たしてどれだけの省エネ効果があるんだ?またもや政治パフォーマンスなのか?しかし冷静に考えると安くもないLED球を都の予算とは言えそれほど大盤振る舞いで配らないか、どうせ政治パフォーマンスなんだから赤字で盛大にバラマキしなきゃ駄目だろうに。

 今年の春先に事務所の蛍光管を全てLED管と交換したりと今年一気に事務所でLED化が既に進んでいます、貰って来たLED球は早速事務所のトイレの照明に使っていますが、何と言うかピシャー!と言う感じに真っ白い灯りで違和感が。眼科に通っている人がLED照明は苦手と言っていたのも判る気がする、どうせなら玄関灯こそLED球にしたいのですが、そうすると電球(現状は電球タイプの蛍光管)で暖を取るヤモリが困りそうだし。電球を抱くように温まっているのもほんのり暖かい蛍光管ボールのお陰で、白熱球なら暑くて触れないだろうけど。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント