So-net無料ブログ作成
検索選択

極少数派ほど声が大きい [メディア観察]

ダイヤモンド・オンライン 2017.7.13 窪田順生
加計問題で重要証言黙殺、朝日新聞はなぜネットで嫌われるのか
>なぜ朝日新聞が叩かれるのかというと、「中立公正」「不偏不党」とか格好いいことを言っているが、実はバリバリに偏っているからだ。

>「正義」を掲げながらも、実は自分たちがつくったストーリーに沿って証拠を捏造して、自白も強要した大阪地検特捜部と同じような「偽善」を感じる。それがマスコミ不信を助長しているのだ。


 この記事は面白かったし色々考えて理解が深まったと思う、確かに赤旗や聖教新聞が偏っていてもそんなに腹も立たないわ。赤旗に「アベを倒せ」と載っていても共産党中央委員会の方針なのね、位にしか思わないけど中立だ何だ謳う朝日・毎日・東京新聞に「アベを倒せ」とか載ると不愉快だものね。本記事にある通り朝日・毎日・東京新聞なんぞは社の方針は「反自民・反アベです」と公式で認めた方が色々と安心じゃないだろうか。

 この記事によると慰安婦や原子力発電所事故でウソ記事を書いた朝日新聞はしばらく中立公正な客観報道を心がけていたのが、「長年の愛読者やら一流ジャーナリスト」から生ぬるいと叱られて再び偏向報道路線に突っ走ったんだとか。それって自ら退路を断った格好になるのだからもうその路線で地獄に向かって一直線に走り続けるしか無いですね、それで腹を括ったのだし。


 ただ、「長年の愛読者やら一流ジャーナリスト」と言う声の大きな人と言うのは朝日新聞読者と言うマスの中だとごく少数だと思うんだけどどうだろう?読者アンケートだの意見だのはネット社会のメールやSNSの発達でかつての電話や郵便物と比べて敷居が下がった分安易に出す事が出来るので、建前上は貴重なご意見だけど実はノイズと見るべきじゃないのか?朝日新聞との犬猿の仲であるNHKが今年の5月に同じ様な事をやってくれています。

J-CASTニュース 2017/5/ 4 
NHK「ベスト・アニメ100」、ランキング大荒れの理由とは
https://www.j-cast.com/2017/05/04297176.html?p=all

 コレは連休前にNHKでCM流しまくっていたのを見て、当然巨人の星だハイジだガンダムだドラゴンボールやちびまる子がトップ10入りすると思っていたら、10位以内にはラブライブとタイガーアンドバニーと言う作品が3つずつ入っていたり。正直双方とも全然知らないので何?状態です、萌えアニメのラブライブはキャラクターを見た事はあるけどタイガーアンドバニーと言うのは全く知らない、この騒動で「タイバニ」がタイガーアンドバニーの略称だったのを知ったレベル。

 正直、作品は全く知らないので何とも言えないけど。しかしNHKの番組趣旨は「2017年は、日本のアニメーションが初めて公開されてから100周年」だったので投票する側も意を汲んで世代を代表する作品が票を集めると普通は思うよ、本当に見た事無いので申し訳無いんだけれども5年後に誰も覚えて無さそうな作品が100年間の代表になって良いのだろうか?と思う。少数派でも声が大きくて行動力が有ればネット時代には風を起こして1位になる事が出来るのだな、と言う象徴的な出来事だったな。

 朝日新聞も「アベを倒せ」と言う声の大きな組織票を世論と思い込んでいるけど、それって「タイガーアンドバニー」じゃないかな?声は上げないけれども日本を代表するアニメは鉄腕アトムやあしたのジョーに宇宙戦艦ヤマトやスラムダンクでしょとか思っている思っている声無き多数派はドン引きしているんじゃないかな?それでだんだんと「朝日新聞は活動家向けの新聞」と言う世間の認識になったらどうするんだろうね?

 「活動家向けの新聞」としては先行する東京新聞は先日も北朝鮮礼賛のグラフ記事とか載せて迷いが無いなとは思いますが、地方欄には女優の北川弘美さんが銭湯巡りをする連載が有ったりで私も批判ばっかりだけど興味は有るんだよ。ただ、中核派の機関誌「前進」レベルまで論調が偏った新聞社にお金を落とすとテロリストに資金が流れそうでとてもじゃないが手を出せない。朝日新聞も極少人数に迎合する経営判断で毎日や東京と週刊金曜日を購読する程度の読者数を奪い合いして良いのか?

週刊金曜日 2017年 7/7 号 [雑誌]

週刊金曜日 2017年 7/7 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 金曜日
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 雑誌


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。