So-net無料ブログ作成
検索選択

岩の湯 (板橋区常盤台) [銭湯]

 土曜日、昨晩は孤独のグルメ最終話が五反田と言うのでちょっと見てしまい寝不足。断続的に雨は降るので洗濯物は全然乾かないし布団も干せない、それでも掃除を済ませて小雨のパラつく中久々世田谷区大蔵総合運動場プールへ。7~8月の地元25mプールは子供だらけでエクササイズ不適だし、生憎の天気なので空いていたのは助かりましたがブランク数か月で50mプールはしんど過ぎて死にそうでしたよ。

 以前は股にプルブイを挟んで腕だけで泳いでいたのですが、アレ見た目の割に楽だったのよ。今は先ずビート板持ってバタ足よりも効率の悪いキックだけで500m泳いでからクロールで泳いでいますが、そのキックでヘトヘトになっていてクロールの途中で右足が痙攣して動けなくなったりでほぼ2時間使い切って水中歩行1往復含めてやっと30往復3,000m達成。浮きに頼らずキックで浮力を確保するクロールは筋肉が付くまでかなりしんどいわ。

 そんなガタガタ状態で外に出ると雨は止んで少し晴れている、久々にちょっと空いている環八を北上して残り2軒となった板橋区の銭湯をコンプリートせねば。道中で新型NSXに出くわして国内販売しているんだなと、因みに残りは常盤台の岩の湯と東新町の富の湯で双方が残っている理由は双方銭湯マップの綴じ代部分に載っていて良く判らないから。その綴じ代部分に道路名が載っていたので環七と環八を間違えてときわ台に行く筈が東武練馬に行ってしまい、線路沿いにときわ台まで進んで中央図書館から道路の中央に街路樹のある素敵な通りの先に目的地。
全景


 これは好まし過ぎる木造銭湯、社殿造りほど派手ではないけど材木の風合いと瓦屋根がマッチしています。正面右手には駐輪場と来客用駐車場があり左手にはコインランドリー、コインランドリー裏手の男湯側前庭は健在ですが女湯側は覗き対策で蓋をした際に潰したのかな?千鳥破風の下には「笑門」と書かれた札の付いた小さな注連縄があります。
千鳥破風
 周囲をぐるっと見聞してから入場、暖簾は無いのでタタキを上がると「岩の湯」とロゴの入った三角形の行燈が。電気が来ているので夜には光るのか、下足入れに雪駄を仕舞い引き戸を潜って入場。脱衣場は番台を無くして男湯・女湯・ロビーに三等分してあります、お陰でフロント改造銭湯にしては広いロビースペースで富士山の絵がやたら飾ってある。ご主人に回数券を渡して入場、フロントのテレビは番台専用だ。
行燈
 脱衣場三等分は正直もっと大きな風呂屋でやるべきであってこの規模でやるから脱衣場はかなり狭いです、その分四角いけど。天井は簡単な格天井で中央にロビーがあるからかテレビは有りませんが入ったところに綺麗に並べられた新聞が四紙ほど、奥のロッカー上には雉のはく製だのライチョウの人形だの。トイレは外壁側引き戸の向こうでまさか今時のバリアフリータイプ?と思いきやビニールクッションを床に貼って簡単に囲いを付けた濡れ縁でした、狭い個室に古い洋式便器ですが手入れは良く汚れてなかったので座りション。

 洗い場へ、島カラン1列でカランは5-5-5-5、仕切り側手前に立ちシャワー1、桶は黄色と白のケロリン桶があるのでレアな白桶をチョイス。腰掛は三種類ある中からコの字タイプをチョイスして島カランに陣取る、カランは日の丸扇刻印の古いレバー式で全身をざっと流して浴槽へ。

 基本深浅二槽で敷居側は中央側から座風呂とボディジェットの深槽、外壁側が2点ジェット2つの浅槽なんですが、外壁方向に向かって浴槽がスロープになっており外壁側に冷水枕が有るので敷居に向かって足を伸ばして入るらしい。面白そうなので早速試すとイマイチ体の位置が決まらない上に足を伸ばした位置に熱い湯が出てくる湯口があるので諦めて2点ジェットでブクブク、かなり勢いが強いので良く温まります。

 上がって体を洗う、板橋区ですがシャンプー類の備え置きは無し。今度はボディジェットへ、コレも快適。ペンキ絵はナカジマとサインが入った男女の壁面一杯に描かれた赤富士、いや、金色に輝いているので黄金富士とでも言うべきか。高天井のペンキも塗られたばっかりで天井近くの壁面に換気孔覆いの樹脂製シャッターみたいなのが並んでいるのは珍しい、立ちシャワーを浴びて上がりました。

 外に出ると煙突からほんのり煙が上がっているので薪か重油か?黒煙が出ないしトラックが停めてあるので廃材を集めているのだから薪だろうけど、帰りは地図で間違えた通り環七のすぐ脇なんですね、空いていたのでそのまま環七で帰宅。どうにも外見の良い銭湯ほど内部がフロント改造されている傾向だな、マニアではなく普段使いの人にはこの方が良いのだろうけど。
煙突

岩の湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-598
http://1010itabashi.or.jp/detail/122/
http://www5e.biglobe.ne.jp/~wadyfarm/itabashi4a.html
http://furoyanoentotsu.com/iwanoyu_tokiwadai2009118.html


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0