So-net無料ブログ作成
検索選択

照の湯 (江戸川区南小岩) [銭湯]

 土曜日、元気に掃除・洗濯・布団干し。今日は乾燥しているので暑いんだけど快適、家事終了後には25mプールに行ってかなり死にそうになりつつ60往復3,000m泳ぐけどしんどくて連続して泳げないんだわ。一旦帰宅して風呂は何処に行くか?湯どんぶり栄湯とか荻の湯とかリニューアル銭湯目白押しなのでそれにも行きたいんだけど江戸川区の「善養寺影向のマツ」が見たいんでそちらに行って帰りに江戸川区の風呂屋に行こう。

 昭和通りから京葉道路に入って荒川を越えて千葉街道へ、江戸川区の銭湯を集中して廻ってる時には良く通ったルートでして菅原湯だの友の湯の前を通過、廃業した鷹の湯は建物そのままでコインランドリーだけ営業していました。友の湯の前が柴又街道だったか、柴又街道を南下してすぐ左折して真っ直ぐ進むと善養寺です。国の天然記念物だけにまあ見事でした、コレは皆さま一度観に行くべきだね

 さて、善養寺から近いのは友の湯でして、何でも最近は鉄道模型銭湯から猫銭湯にランクアップしたと聞くので是非行かねばとは思うけど小岩駅近くの風呂屋が行ってないのでそちらが先だな。千葉街道からフラワーロードと言う歩道だけアーケードな商店街を小岩駅に向かって進むと左手にコインランドリーの看板が見えるのでぐるっと廻ってみると煙突が見えます、土曜日は隔週で営業らしいのですが今日はやっていた。
煙突


 なんでも横綱羽黒山が建てた風呂屋だそうで、さっきまでいた善養寺も仁王門に横綱栃錦があったり木村庄之助と縁が有ったりしたので相撲繋がりで良いじゃないの。商店街裏手だけに社殿だ破風だと言うのではなく正面左手に自動車修理工場・右手にコインランドリーと化粧品屋があり、中央に駐輪場を兼ねた屋根付きの大きなエントランスがあってその奥が風呂屋。
入り口
 エントランス左右に空の水槽があり奥のタタキも広い、番台裏には七福神のタイル画ではなく磨いてピカピカの鏡がありその床の間風部分に生け花など。下足入れは結構壊れているけど数が多くて竣工時の盛況ぶりが想像されます。ガタガタの下足入れに雪駄を仕舞い引き戸を開けて入場、引き戸もそうですが縦縞のすりガラスを多用しているのが嬉しい、コレ昭和の一時期に流行ってそれきりなので減る一方だし。
下足入れ
 番台は雲形の飾り板がある普通の物、でもなく下半分はタイルが貼ってあるのが珍しい。女将さんに回数券を渡して脱衣場へ、高天井は折上げ格天井ですが外から見た通り多角形の脱衣場なので六角形のなんて初めて見たよ。その折上げ部分も傷んで破損しているけど、前庭側の引き戸全開で溶岩の築山と池には鮮やかな紅色の金魚。引き戸のガラスには鯉や籠?の絵が入っていてコレも初めて見ました。

 トイレは濡れ縁に出た先で裸電球の照明も暗い段のある和式ね、脱衣場にマホービンがありなんだ?と言うのは「ホット」と書かれた湯のみが伏せて置いてあるのでサービスらしいけど何?洗い場へ、こちらも広大。島カラン2列でカランは外壁側から9-5-5-5-5-7で入り口の左右に昔の人サイズな立ちシャワーあり、壁際では無いのが珍しい。立ちシャワー裏手に腰掛が有るのでコの字型をチョイスして島カランに陣取る、カランは和栗の古いレバー式。

 全身をざっと流して浴槽へ、浴槽は半円形で仕切りにヴィーナス像が有ったり壁面にライオンの湯口が有ったりと変に洋風趣味。その割には浴室だけ大音量でマイナー演歌の有線放送が流れているけど、外壁側が浅槽で中央がバイブラとも呼べないお湯が噴出する深槽と仕切り側に小さなぬる湯の3槽。ぬる湯以外は結構熱く、浅槽の腰掛部分とか深槽の縁にパイプが配管されているのが不気味、過去こんなのに熱湯が通っていて火傷しそうになった事があるので

 壁面は水色のペンキで塗り潰されていて壁画無し、その下に章仙画の鯉のタイル画でも有ったのだろうなと言う部分まで水色のタイルで塗り潰されているので壁画は男女境のタイル画のみ。よくある湖畔の西洋風景ですが浴槽に鎮座しているヴィーナス像が描かれている、外壁側の窓も鉄製の枠に塩ビの波板が貼ってあり明り取りではあるけど外は見えない、商店街と住宅地なのでガラス窓にしても仕方ないのだろうけど。

 上がって体を洗う、シャンプー類の備え置き有り。カランのお湯はややぬるく水圧弱いけどシャワーの勢いは良いです、鏡はガラス裏のメッキがけっこう剥がれているけど頭を剃ったり髭を剃ったり。深槽で温まって上がる、男女境のタイルには赤い花をモチーフにしたタイルが貼ってあったりアーチ型の釜場からの木戸とか本当にタイルを見に行っても面白い施設だと思うよ

 件の窮屈な立ちシャワーを浴びて上がる、女将さんはヒマを見ては清掃なぞしているようで金の掛かる修繕は放置状態だけど手入れは良い風呂屋だなと。帰りはフラワーロードから千葉街道へ、東欧系の若い女の子が多いのは錦糸町のパブで働いている娘なのだろうか?日曜から旅行なのでこんなんで死んじゃダメだろと慎重に帰るつもりが結局飛ばして帰ってしまった。
フラワーロード

照の湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-305
http://www.oyunofuji1010.com/gallery/2015/06/post-29.php
http://furoyanoentotsu.com/terunoyukoiwa20080119.html
Googleインドアビュー


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。