So-net無料ブログ作成
検索選択

杵屋食堂 (福島県いわき市泉町黒須野字早稲田) [食べ物]

 5月4日、いわき湯本温泉に行ったのですが実はもう一つ目的地がありました。昨年さはこの湯に行った帰りに県道20号線ででいわき勿来ICまで行ったのですよ、いわき湯本といわき勿来の間で事故渋滞が有ったのでね。道中の友はNHKのAMラジオで、壇蜜がゲストのトーク番組で「介良小型UFO捕獲事件」の話をしているのを何となく聞いていたのです。陽がドンドン暮れる中下り車線側の大きなミニストップの隣に三角形の屋根が印象的な食堂を発見したのです。
ミニストップの隣
 夕暮れの薄暗い中で店舗に明かりが灯って暖簾が出ていたのは確認出来たのですが、ココで食事をしたら帰宅が何時になるやら?と思いその時は素通りしたのですが後で悔やんでね、今年再び行く気になったので是非寄ろうと思ったのさ。なのでいわき勿来ICで降りて289号線を海方向へ、ちなみに真っ直ぐ海に向かうとアクアマリンふくしまがあるそうなので午前中だったらそちらに寄っても良かった。

 うろ覚えですが国道6号線より一本内陸寄り手前の道だったなと言う事で陸前浜街道と呼ばれる県道56号線へ、そのまま北上を続けると植田の駅前で道なりが県道20号線に代わり峠道へって案外住宅地なんですけどね。ドキドキしつつ進むと駐車場の広いミニストップの先に杵屋食堂が健在なのを確認、裏手の分譲団地の入り口にあたり通行量も多い。暖簾は出ているし引き戸も少し開いているので相変わらず営業はしているな、店前に乗りつける。


 ココまで来たらもう入るしかない、10センチほど開いた引き戸を開けると無人、と思いきや右手座敷で寝ながらワイドショーをみていた年配の女将が「イラッシャイー」と。店舗左手が土間のテーブル席で右手が大振りの座卓が2つある座敷になっており座敷はじゅうたんやら座布団があって昼寝には良いかも、土間と座敷の石油ストーブやファンヒータが仕舞っていないのがココが東北地方だなと思わせる
厨房付近
 厨房上のメニューを見ると丼物・カレーライス・ラーメンとアルコール、黒板に定食類。急須とポットでお茶を入れて持って来た女将に「何が出来るの?」と聞くと何でも出来るよと言ってすぐ「牛丼は売切れ」だそうな、次回って何年後か分らないからな、ココは後悔しないようにご飯物と麺類の味を見た方が良いかな?と言う事でラーメンチャーハン750円をチョイス。

 左手の出入り口から女将さんが厨房に入っていく、厨房も接客も独りで切盛りしているのか。ラーメンにノータッチ状態でいきなり炒め物を始めるんでどういう段取りなんだ?過去の経験上ヒマな飲食店は火を落としているので先ずは湯を沸かしたりする筈だけど。厨房入り口奥の段ボール箱には白い猫が入っていて毛づくろい中、途中で半開きの扉から外へパトロールに出て行ったので引き戸が半開きなのは猫の為か。オスで堂々としていたけど。
猫
 テレビはワイドショーで雑誌は昨年末のしか無いし、座敷に置いてある新聞は今日のだったから福島民友新聞をチョイスして消防団に民友旗とか言う記事を読んでいるとお待ちどう様とお盆に乗せて持って来ました。ラーメンとチャーハンだけではなく冷奴と漬物の小鉢が付いて単なるラーメンチャーハンと言うよりも定食のセットなのだな。
ラーメンとチャーハン750円
 ラーメンは途中冷蔵庫から生麵を出したりしていたので市販のスープと麺でしょうけど、チャーシュー3枚と卵1個にカマボコと案外具が多い。チャーハンがねえ、何とチャーシューではなく豚バラスライスが何枚も入っていて何だかボリュームあるぞ。お婆さんだから仕上がりもピラフみたいなんじゃ?と思ってたら案外とパラパラして卵も絡んでいるし、想定外の美味さ。ラーメンは町の食堂だから寸胴でスープ取ったとか何とかは無いでしょうけど卵のお得感高い。箸休めと言うか冷奴と漬物を食べるタイミングが難しいね。

 テレビはワイドショーだったのを女将が再放送のお宝鑑定番組に替えて、私の近くで見ていたのが驚きの鑑定結果に大笑いして話しかけてきたので一緒にテレビを観る団らん状態に。と、常連のお婆さんがやって来たので私は退散。私の席の灰皿に吸い殻が入っていたので私の前にもランチ客が来たのかなと思っていましたが基本常連相手に店を開けているのだろうな、三角形の屋根が山小屋風で半世紀以上前にこう言う風なドライブインは全国各地に有ったのでしょうけど建物が残っている上に現役で商売続けているところは珍しいんじゃないかな?中身はすっかり町の食堂ですが、ソレがまた良いんです。
ある意味ダイナー風味

杵屋食堂
https://r.gnavi.co.jp/m7tjtze90000/?sc_aid=plan_alli_allexcite


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0