So-net無料ブログ作成
検索選択

いわき湯本温泉 みゆきの湯 (福島県いわき市常磐湯本町天王崎) [銭湯]

 みどりの日、昨年も行ったいわき湯本温泉に行こう。と言う事で10時半頃軽油を満タンにしてから首都高へ、昨年は渋滞を嫌って柏ICまで下道で行ったら却って時間がかかったんでね。小菅ジャンクションから守谷までの渋滞と友部ジャンクション手前の渋滞を通過すると後はスイスイでいわき勿来ICを15時前に通過、国道6号線の一本裏手にある昨年通過した県道20号線に入り去年気になった「杵屋食堂」リベンジを無事果たしてから湯本駅へ。
湯本駅
 昨年は「さはこの湯」に行ったのですが同じ場所に行くのも芸が無いので駅前の「みゆきの湯」と言う公衆浴場へ行こうか、なので先ずは駅前の駐車場に車を突っ込むよ。そのみゆきの湯は駅前駐車場から見える位に駅前にあります、入り口に破風のある新しい建物で正面に停まった軽自動車は経営者の物でお客は停められない風。
全景


 自動で閉まると言う引き戸を手で開けると左手に下足入れとフロントがあり右手はベンチと自販機しかないロビー、サンダルを下足入れに仕舞い券売機で入浴券大人250円を購入してフロントの女将に渡すと何やら記録をしている。男湯側へ、東京都内なら中央区の公営銭湯ぽい脱衣場で大きな扉のロッカーは数が少ないですが入場者も少ないので問題無しトイレは臭いけどキレイな洋式で汚さぬよう座りション。

 洗い場へ、左手に浴槽が有り右手がカラン、右手手前にかけ湯もあり。カランは右手壁面に6と奥に2、桶と腰掛はカランに備え付けのスーパー銭湯方式でカランもLIXILのスーパー銭湯タイプ。カランにお風呂セットを放置で場所取りをできる雰囲気ではないので先に体を洗う、シャンプー類の備え置きは無いので持ち込んだ物を利用、因みに本日は剃髪する日なので頭も剃る。相客は服装からするとトレッキングなぞを楽しんだ後の帰りに寄る風の人が多いです。

 浴槽は脱衣場側が44度の高温浴槽で奥が41度の低温浴槽、思い切り「温度管理の為に加水しています」とある通りで何となく硫黄が臭う様な全然臭わない様な。さはこの湯は強烈な硫黄臭でいわき湯本温泉を大いに満喫できたのですが、ココは薄めてある分正直物足りないわ。そこはかとなく硫黄臭がする程度で折角温泉地に来たのにコレは無い、普段使いなら服に臭いが付かなくて良いのかもしれないけど。
駅前のすずらん灯
 いわき湯本まで来て硫黄の匂いがあまりしない風呂に入って帰るのもシャクなのでさはこの湯もはしごする事に。駅前からブラブラ歩くと銀行だらけだ湯本駅前は、地域の金融センター?横断歩道を渡ると足湯あり、足湯は駅前にも有って繁盛していました。さはこの湯は昨年よりも早い時間だからか?空いていた、前回は幸福の湯だったのが今日は宝の湯でした。浴槽の形が違うだけなんだけど、こんなに混むんだからそれこそみゆきの湯みたいな四角い浴槽が良かったんでは?硫黄プンプンで堪能しました。

 帰りはいわき湯本ICから高速に乗って、友部ジャンクションからの大渋滞に備えて東海PAでお茶を買う。渋滞をノロノロ進むと後ろにカローラフィールダーがついて、アレ案外と売れてるよね。なんて思っていたらコツンとやられて吹いたわ、運転手は若い男性でカローラフィールダーて老人イメージなので親の車か?わざわざ修理代の高いウチの車にぶつけなくてもなあ、カローラと言えど今時は1トン半もあるのでバンパーが数ミリめり込んでソナーが壊れたので連休明けに工場に入れなければ、ああ面倒臭い。
看板

いわき湯本温泉 みゆきの湯
http://www.gurutto-iwaki.com/detail/index_225.html


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 3

サンフランシスコ人

再び2011年3月11日の事を思い出しました....

http://furitani.blog.so-net.ne.jp/2011-03-12
by サンフランシスコ人 (2017-05-06 02:23) 

はしはし

湯本民として、湯本温泉を誤解されていて悲しいです。
次回は上の湯にぜひ入湯して下さい。
ここは、いわき市内でベスト3位に入る温泉です。
グーグルで、いわき市 上の湯 で検索して下さい。
by はしはし (2017-05-09 22:55) 

furitann

はしはしさんコメントありがとうございます。
 去年行ったさはこの湯が良かったので、そのイメージで行ったらみゆきの湯がちょっとマイルドでした。上の湯は有名みたいですがマニアックでもある様ですね、次回はそちらに行く事にします。

サンフランシスコ人さん
 震災とか言わずに観光に行って下さい。
by furitann (2017-05-10 10:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。