So-net無料ブログ作成

新宿区立新宿歴史博物館 (新宿区三栄町) [郷土博物館]

 新宿歴史博物館の企画展を見て隣の常設展へ、見学で1時間以上立ちっ放しは正直しんどい。ヘルニアで痺れる右足に段々と力が入らなくなってくる、しかし頑張って見学するよ。こんな体調では今朝の日曜美術館で新国立美術館でのミュシャ展を紹介していたのを見て行こうと思ったけど止めて正解。常設展に入るといきなり原始時代から始まるのはお約束、区内の小学生が社会科の授業で見学に来る施設だし

 新宿と言えば旧地名は内藤新宿でして、中心部は現在の新宿御苑東側に地名が残る内藤町だったのだろうか。と言うか何故か内藤新宿については渋谷区の区立博物館が詳しく解説していたような、内藤新宿の賑わいについては模型があり、現在の外苑西通りに「大木戸坂下」交差点が有るのが大木戸の場所だったのかな。当時の文献が色々とパネル展示されていて、現在江戸のくずし仮名文字を勉強中の私としては所々読めて嬉しいような。
内藤新宿の賑わい
 江戸時代の展示は楽しいけど、その先が近代文学史コーナーになっていてなあ。「日本文学史」は覚えたけどあまり記憶に残っていないのよね、文学よりも演劇関係の展示が面白いかな。新宿なんだから末廣亭も有るんだし演芸とか寄席で良いじゃないのと思うけど、戦前のシェイクスピア劇の台本とかばかり展示してあって「この西洋かぶれが」と言う感じ。小学生が歴史の勉強に使うばかりでなく中学生も文学史の勉強で使ってくれないと税金の無駄遣いとか言われるから仕方ないか。


 その先に市電が置いてあって戦前の暮らしコーナー、戦前の銀座・新宿・浅草の通行人を定点観測した資料によると新宿は山の手婦人が買い物に行く街で浅草は田舎者が多いとか。通常は日曜午後の郷土博物館なぞ人がおらず閑散としているのがお約束なのですが、突如数十人の高齢者グループがやってきて姦しい事、ゆっくり見学していたらすぐに追いつかれてしまった。

 それにめげずに市電を見学、当時の路線図があり新宿区関係無いけど港区高輪の伊皿子坂と魚籃坂を都電が走っていて感心してしまった、けっこうな急坂なのでモーターの出力で上る事が出来たのか?とかレールでスリップしないのか?とか。更に関係無いけど東急池上線の雪が谷大塚から奥沢方向に伸びる幻の支線が思い切り路線図に乗っていた

 上述の高齢者団体にボランティアの解説さんが貼り付いていて、「京王電鉄は戦前はJRの線路を超えて現在のバルト9の所が終点だったのですよ」とか言う解説を脇で聞いていたり、なのでバルト9はオーナーが今でも京王電鉄らしい。戦争で送電施設が焼けてしまい出力不足でJRを跨ぐ事が出来なくなったので西口終点になったとか、そんな安易な、と言うのは当時の京王電鉄は路面電車だったのでお手軽だったらしい。小田急線は東京行進曲で「いっそ小田急で逃げましょか」とか歌われているので路面電車じゃなかったのかね。
路線図
 うむむ、市電や私鉄を勉強したくなってきた。京王も小田急も戦時中に東急になって戦後また別会社になったとか、乗りとか撮りじゃなくて歴史鉄ならなれるかも。その先の昔の民家復元は何処の区立博物館にも有るねえ、大江戸東京博物館にも有る位。そろそろ「昔の暮らし」を平成どころか21世紀生まれの子供向けにして、ワンルームマンションとか朝シャンの出来る洗面台とかミニコンポと言った昭和末期にアップデートした方が良いかも。

 そんなんであまり地域性が感じられない展示だなと思っていたら最後の最後が盛り場新宿の展示になっていてこれはかなり地域性がある、戦前のカフェーのミニチュアとか。カフェーと言うと女給さんの接客ばかり目が行きますが戦前から冷房を使ったり大型冷蔵庫があったりと案外とハイテクだったのでその辺も光を当てて欲しいところです。

 戦前の有名どころレストランのメニュー表を壁に飾ったり食品サンプルを展示するエリアで三度老人グループに追いつかれたのですが、そのメニューを見て皆様大興奮。全員70代前半位かな?若い頃に行った新宿駅前のレストランや甘味処で食べた物の話で大いに盛り上がっていて、これは展示よりも脇で聞いているほうが面白かったよ。区立博物館と言うと学校教育の一環と言う位置付けにどうしてもなってしまうのですが、案外と高齢者が行った方が文学や演芸に戦後の暮らしなんぞを見て楽しむ事が出来るスポットじゃないだろうか

新宿歴史博物館
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0