So-net無料ブログ作成
検索選択

第二富士の湯 (板橋区大谷口上町) [銭湯]

 土曜日、朝から暑いのでもう裸足にTシャツ姿で家事を。家事を終えてから久々世田谷区の大蔵総合運動場プールへ、炎症が治まるのを待っていたのですが全然治ってないのに大丈夫?プルブイを使うのが腰に悪いと言うよりも上下半身のバランスを壊している気がするので使わず泳ぐと背筋が鍛えられまくり、この方が腰が楽ではあります。先月に盗み見した「今風のフォーム」は胸の負担が凄いので、クロール12往復と水中歩行8往復で、コレでまた日曜朝から痛くて動けなくなるかも。

 プールを出ると原付に雨に降られた跡が残っているので一瞬空が暗くなった時にパラパラ来たのか、環八にでると今日は接触事故だろうけど瀬田から砧公園の間で事故が2件発生していたりと危ないわ。いつもよりは空いている環八から川越街道に入り大山商店街入り口の先の田﨑病院の交差点で長崎方面へ右折大谷口の給水タンクが見える手前に「サウナ軟水銭湯」の看板発見、向かいの「会津直送馬刺し」と言う張り紙がしてある肉屋が凄く気になる
正面


 1月に来た時には臨時休業だったので近くの大黒湯に行ったのよね、肉屋の前に原付を停めて周辺探索、ほとんど風呂屋と両隣の家しかない地番なのでぐるっと廻る事が出来る。裏手の油井型煙突はパイプカットされて煙突に蓋がされているのでガスかな?自宅玄関の引き戸上の欄間?がまた凄い細工なので一見の価値あり、側道側寿司屋の向かいに専用駐車場が有るので車で来ても大丈夫っぽい
煙突跡
 入り口には「サウナ軟水銭湯」と言う電飾看板からそのまま屋根付きの通路が繋がっていて、通路の両脇が地域の掲示板になっていたり常連さんが両脇に自転車を停めたり。しかし暖簾の上にはちゃんと「第二富士乃湯」とガラス看板があります、正面に傘ロッカーがあり右手の下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアの引き戸を抜け番台と言っても脱衣場のフロア位置に下げた受付で回数券を渡す。「サウナ200円」とあるのはサウナ用のレンタルバスタオルの値段でサウナは無料だそうな、でも温度は低いですよって無料なら文句は言いませんよ。
入り口看板
 入り口の雰囲気から変に近代化された残念木造銭湯かと思っていたら立派な脱衣場の大型銭湯、高天井は折上げ格天井で時々見かける肘木風の細工が付いているゴージャス仕様、外壁側ロッカーに荷物を入れると上に液晶テレビとその向こうにサウナ室の窓が見えるのでドライサウナか。前庭は築山も木も無いシンプル仕様で濡れ縁の先にあるトイレは洋式便座と小便器と分かれているのは良いけど洋式の方が個室になってないので実質1人用か。

 洗い場へ、湯気抜き窓部分の高天井が広いんで大型銭湯だな。島カラン2列でカランは仕切り側から6-6-6-5-5-5、脱衣場との仕切り側に立ちシャワー2。両端のカランには黄緑色の透明アクリル板で仕切りがあり常連さんに大人気、立ちシャワーを浴びてドライサウナへ。番台の女将さんの言う通りにぬるい、50度あるかな?有線放送もテレビも無し、鏡だらけの脱衣場なので窓越しに反射したテレビが見えるけど近眼の私にはもう無理な世界だ。

 窓際に3分と5分の砂時計にダイソーの「オイル時計」と言う使い方が分からないと言うか多分壊れている時計があるだけ、常連さんに話しかけられて「俺は30分入っている」てそれ位イケそうだね。3分の砂時計で18分入ってやっとじんわり汗が出てきてもうそれで妥協して出ると寒いわ、水シャワーを浴びる気力も無く立ちシャワーでお湯を浴びてから浴槽へ。

 浴槽は中央の浅槽のバイブラから左右にお湯が流れる感じで外壁側が岩風呂風の壁面に床の広い浅槽で仕切り側が座風呂、岩風呂風でノビてから座風呂に移動するけど気持ち熱くて良いお湯です。上がって体を洗う、両端のカランには桶と腰掛がセットしてあるけど島カランには無いので第二富士乃湯のロゴ入りケロリン桶と腰掛を島カランへ。が、外壁側島カランは湯がぬるいので敷居側に移動。カランの島上部には棚があるので便利、板橋区だけにシャンプー類の備え置きはやたら有り。カランは古い宝の押し込みレバー式で嬉しい

 体を洗ってからバイブラ浴槽に入ると体がヌルヌル、そうか軟水だったんだよね。どうも軟水を謳いつつもこの体を洗った後のヌルヌル感のある風呂屋があまり無かったのですが久々にヌルヌルを堪能、壁画は無く茶色のサイディングを張った殺風景な壁面ですが仕切りには白鳥の遊ぶ湖に富士なので富士五湖かね。立ちシャワーを浴びて上がる、浴室への引き戸が半自動な様でしっかり閉まらないので常連でも開けっ放しの人が多いわ。サウナ20分のお陰で1時間近く滞在しましたが日の入りが遅いので外は明るいし帰り道は混んでいるし。
破風

第二富士乃湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-604
http://1010itabashi.or.jp/detail/170/
http://www5e.biglobe.ne.jp/~wadyfarm/itabashi15a.html
http://furoyanoentotsu.com/dainifujinoyu_oyaguchi20120319.html


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。