So-net無料ブログ作成
検索選択

小松湯 (豊島区池袋本町) [銭湯]

 日曜日、朝から雨。夕方前には止むらしいけど日中は止みそうにないので昨日の写真を整理したり先日買った本でくずし字の練習をしたり、16時ごろ止んだのでしばらく間を空けてから原付で出発。事務所に寄って荷物を受け取ったりしているとまたもや小雨が、沿岸部はまだ止まない様子なので内陸側に行くべ。とひたすら北上、今日は信号無視で幹線道に飛び出す歩行者(お婆さんばっかり)が多くて困った、警笛で蹴散らしまくるけど交通安全週間中なのに緊張感が足りない。

 今日の目的地は北池袋なので以前行った新月湯への道のりを思い出すような思い出さない様な?大塚駅を過ぎて池袋本町方面だよな、とか明治通りを越えて進むと果たして北池袋駅前に到達。これからどう進めば良いのか?と言うのは新月湯の前に出て後は地番を辿るしかない、するとコンビニの反対側に「小松湯」と書かれた煙突を発見。実は行きたかったのは土曜定休の三鈴湯だったのですが面倒だし小松湯で良いです。
煙突


 正面に廻ると長屋風に貸し店舗が5つ並ぶ内の中央が風呂屋の入り口なので左右の4軒はテナントかな?右端のコインランドリーは自分の所だろうけど。中央部分2階の窓から空が見えるのでこの緑色のタイルを貼った壁面は躯体と言うより化粧板なのか?銭湯入り口右手に階段があるので上がってみれば解っただろうけど流石にそこまではしない。左手の閉店したクリーニング店前に原付を停めて入場。
幅広い正面
 ビルながら左手の下足ロッカーと右手の傘ロッカーは木造銭湯並の古めかしさがあり昭和44年竣工と言うだけあります、下足入れに雪駄を仕舞い入り口正面のフロントで道路と対面しているご主人に回数券を渡し右手の男湯へ、入り口右手々前にテレビのあるロビーがあるのですが誰も使っていない。男湯の脱衣場がまたとんでもなく広いです、店舗長屋が正しく風呂屋の間口だったか。現在のフロントに改造する前は恐らく番台だった風だけどフロントスペースに削られても全然狭くなってない脱衣場が凄い、ビル銭湯らしく天井は低いけど。
入り口付近
 道路側にロッカーがありその上にテレビ、それよりも公道側のトイレなんだけど先客が出てこないので中央の脱衣籠が積み上げられた畳敷きの島に腰掛けスポーツ紙を読んで待つ、しかしあまりに出てこないのでドアをノックしたらすぐ服を着た年配男性が出てきたけど一体中で何をしていたんだ?トイレは広くて奥行きの有る個室に洋式便座1つでキレイでした、水圧が低いので流すのにレバーを押し続ける必要があったけど。

 洗い場へ、脱衣場から見えていたけど本当に左右に広いわ。島カランが何と3列、カランは仕切り側も外壁側も全島カランも各6なので総勢48か。島カラン2列ながらカラン50を誇る吉祥寺の弁天湯には敵わないけど、同じく島カラン3列な大塚の玉の湯には勝っているな。左右手前に立ちシャワー各1で外壁側はお湯と水の2つのハンドシャワーが、左右の入り口の間に伏せてきれいに積み上げてあるケロリン桶と腰掛を持って島カランに陣取る。因みにカランは48ありますがシャワーの無いカランもあります、カランは日の丸扇刻印のボタン式で水圧やや低め。

 浴槽は5つ、外壁側が水風呂でそこから仕切り側に向かい薬湯と白湯の浴槽3つ。白湯は外壁側に湯口がある熱湯があり、そこから仕切り側にお湯が流れるに従い自然に冷めて段々とぬる湯になると言う。ビル銭湯ですが古いので浴槽は日本人サイズで、奥行きが無く大男の私は足を伸ばして入る事が出来ません。3つの中央に有る2番目に熱い白湯は2点ジェットが3つ並んだ浅槽ですが冷たくも無い冷水枕で体を起こした姿勢でしか浸かる事が出来ないので熱湯に移動、熱湯が不人気なので独占して温まる。

 汗がじんわり出てきたら水風呂へ移動、20度そこそこなのでこの時期でも長居出来ます。熱湯と水風呂を2往復して良い感じに温まってから上がって体を洗う、シャンプー類の備え置きは無し。カランの島も竣工当時の物に鏡とシャワーを取り付けたのだろうな、と言う古めかしさ。天井は高くも無く湯気対策で山型になってますが山が幾つもあるのはカラン上に水滴が落ちるようになっていたのだろうか?体を洗ったら2点ジェットの中温浴槽へ、そんなに高温浴槽と温度差が無い。

 広大な壁面には永らく描き替えていない風のペンキ絵豊島区浴場組合に拠れば中島氏の富士山の景色だそう。緑の河川敷の上流にビル街があると言う空想の景色は、昨年の大田黒湯温線でのゴジラ湯でも見たけど池袋だけにサンシャインシティ界隈なのだろうなと。仕切りにはモザイクタイルで湖とお城と言うスイスの風景ね、ヨットが浮いているわ。温まってから立ちシャワーを浴びて上がる、帰りは往路同様に大塚方面と思ったら川越街道に出てしまいそのまま山手通りで帰宅しました。ちょっと見ない位の横に広い浴室なので是非一度足を運んでください。
正面

小松湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-537
http://www.toshima1010.org/sentozyoho/427.html
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/tokyo/toshima/komatsu.htm


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0