So-net無料ブログ作成

菜の花畑 [デジタルカメラ]

 某有名税理士ブログで管理人が「デジタル一眼買いました!マニュアルモードで修行中です」とか書いていたり、それと最近マメに観に行く写真店ブログの写真が本当にプロの技なのでちょっとマニュアルモード撮影の勉強しないと。しかし根本的な原因として遠中近両用の老眼鏡がもう全然目に合わなくなっているので正直ファインダーを覗くだけで疲れてしまうのが写真以前の問題なのよね、何よりも先に眼鏡のレンズを交換しに行かなければ。

 レンズを交換と言えば今使っているF値4.0から5.6なんて言う安物ズームレンズじゃなくて全域F2.8なんて言う明るいレンズが有ればな、値段が6倍位は違うけど。そんなんで前日の雨が上がって薄日が差した日曜日にF4-5.6の70-300mmズームレンズを付けて近所で写真の修行、目指すは徒歩5分ほどの場所にある小さな菜の花畑ですが本当に小さすぎてブロック塀が写ってしまうのがガッカリだ

 ついでにソメイヨシノをと思うんだけど、上述の通りに眼鏡が全然合ってないからピントを合わせたつもりの被写体の数センチ後ろの物体にピントがピッタリ合うと言う。ソメイヨシノなんて肝心の花がボケて後ろの蕾にピントがピッタリ合うと言う謎写真ばっかり、その後ろピンが怪我の功名で、花を突いて遊ぶワカケホンセイインコにピントが見事に合った写真が撮れたり。見るからに熱帯の鳥がもうすっかり東京で毎年越冬して繁殖していますよ。
ワカケホンセイインコ


 PCやら何やら起動した状態で20分ほど外をブラブラして帰宅後すぐPCに取り込んでみると菜の花良いんだけどもっと広い所で撮らないと、ならば菜の花は久が原に菜の花畑が有るからそちらで撮らないか?と思い至って原付を引っ張り出す、レンズも暗いズームレンズではなく一番明るいF1.4の50mm単焦点レンズに換装して首からぶら下げて自宅から数分の場所にある目的地へ。

 薄曇りでまあ明るいのでISO感度を100にしてシャッタースピードを1/1600秒にしたら暗くなってしまったので、そこから感度とシャッタースピードをクルクル弄りながらベストな露光を探る。本当に失敗と成功双方の経験値を上げていく事こそが体に覚え込ませる為の最短距離なので一通り失敗してみるしかない、ISO感度を200にしてシャッタースピードを1/800秒にしたらまあ良い感じ。
まだ暗め
 しかしまだ暗いよな、その設定で畑全体を撮ったら明らかに暗いので更に明るい方向に調整。ISO感度を400にしてシャッタースピードを1/400秒にしたら畑全体は良い感じだけど花単体にすると明るすぎて白飛びしてシャープさがなくなってしまった、更に同じISO感度で1/800秒にしたらどうだったろうか?とか修行なので撮りっぱなしにしないで露光と出来上がった物を比べて相関関係を覚え込まないと
ちょっと白く飛んだ
 しかし新緑らしい茎の緑色に拘ると空や花が白く飛ぶのもトレードオフでやむを得ない、とか今の内に失敗の経験値を高めておくと本番で良い事あるかも?考え得る直近の本番は6月の組合総会かな?今週末の「一葉桜まつり」で花魁道中も撮影したいし、デジタル時代の基本は大量撮影して良い一枚を期待だけど一枚を丁寧に反省もしないと向上しない。その前に眼鏡を作り直すと言う根本治療と、やはり新しいレンズが欲しいなあと言う道具頼みもある。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0