So-net無料ブログ作成
検索選択

怪我人場所 [時事ネタ]

日刊スポーツ 2017年3月26日
八角理事長「語り継がれる逆転優勝」稀勢の里を絶賛

 雨で外出できないのを幸い地上波で放送が始まったところから幕内最高優勝決定戦まで観続けました、実は前日の照ノ富士と琴奨菊の一番も風呂屋のロビーで観ていたりする。北の富士氏と舞の海氏の解説を聞きつつ前日変化した照ノ富士の印象が如何に良くないか、稀勢の里の左腕の状態が如何に良くないかを聞きつつ、稀勢の里は休場しないだけで出てきたのだなと思っていたら本割でまさか勝ってしまい、2番は無理だろうと解説の両名が心配する中優勝してしまった。

 と言うのは、稀勢の里の左肩も怪我をしていたけど照ノ富士も膝の怪我が悪化していただけだった。足が動かないからバッタリ行ってしまっただけの話で、そんな怪我人同士の本割と優勝決定戦を観て興奮したり感動していたのだなと。上記記事の八角理事長筆頭にこの日の解説のご両名も恐らく自身の経験から怪我をした状態で休場しない事を当たり前と感じているのでしょうけど良く考えたらおかしな話だ、他のスポーツでも無い訳では無いのだろうけど。

 


 そうなると照ノ富士が変化したばっかりに琴奨菊の10番勝って大関復帰をと言う目論見が外れたのも、そもそも琴奨菊が頭から突っ込んでいかずに立会いをよく見て取れば相手は膝が悪いんだし充分過ぎるほど勝ち目があったんじゃなかろうか?そこを何も考えずに頭から突っ込んでいった時点で大関復帰の目を自ら潰してしまったワケで。テレビ桟敷を含め熱戦を期待していたお客さんとしては文句を言いたいところだけど。

デイリースポーツ 2017.3.27  
横審、照ノ富士の頑張り評価「少しは言ってあげないと」 綱とりは慎重
https://www.daily.co.jp/general/2017/03/27/0010041264.shtml

 皆忘れているけど照ノ富士は先場所の琴奨菊同様の大関陥落しかねないカド番だったワケで、それが何故か13勝もしていたけど昨年の成績は6場所中3場所で負け越しているし。照ノ富士のここ1年の成績はデイリースポーツ記事に詳しく載っているので見てもらえば分るとおり、優勝しても来場所が綱取りの場所になるだけであって今場所に綱取り云々の話になる筈がない。この辺は記者が変化した事ばかりを聞くから答える方も誘導されているだけであってヒールだ差別だ言うのは話が違うでしょう。

 来場所はどちらかと言うと稀勢の里の弟弟子である高安が大関昇進の条件とされる「三役で直近3場所33勝」をクリア出来そうなのでそちらが楽しみです、大阪場所では非常に良い調子で負けたのも横綱相手だったので仕方ないと言う感じだったし。照ノ富士に限らず怪我人同士の一番が常態化していると言うのもどうなのよ?と思うので、巡業なんぞは休ませても良いんじゃないかなと思う。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 7

コメント 2

サンフランシスコ人

「雨で外出できない....」

サンフランシスコでは、雨季が終わりました...これから半年近く、雨の日はほとんどないです...  
by サンフランシスコ人 (2017-04-01 07:19) 

furitann

 日本の太平洋側は雨の少ない季節が終わりました。
by furitann (2017-04-04 16:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。