So-net無料ブログ作成

川場湯 (練馬区桜台) [銭湯]

 土曜日、朝から右足が痺れて悶絶状態ですが起きて2時間程で安定して来るね。筋トレで封じ込めに成功しつつあるのか却って悪化させているのかが微妙、安静にしても悪化する病気だしね。家事を済ませてから大蔵総合運動場プールへ、先週は泳いだら神経に当たって痛かったので今週は黙々と歩こう。とか思ったけど歩くのも案外痛いです、と言っても鈍痛なので2kmを1,800m歩いて200m泳ぐ。

 ついでに500m泳いだり、16日にこのプールに来たら奥でスクールをやっていてコーチのお兄さんが最新のクロールのプルを教えていたのを象耳で聞いていたのよ。その最新泳法だと腰が痛くないので今度はこれでやるか、とかほぼ2時間いて水中歩行18往復と泳いで7往復。水中歩行は速力関係無い気がするので距離を自慢しても仕方ないか、しかし明日は右足の痺れが酷そうだ。

 確定申告も終えてやっと風呂巡りに行ける、今日は通常の土曜日と言うよりも3連休の初日と言う事で環八大渋滞。レンタカーや関西ナンバーとか地方の車だらけ、何とか井荻トンネルを抜けて川越街道に入り板橋区の風呂屋に行こう、環八を曲がってすぐのバブリバ八光を目指し環七を右折。目的地は石神井川手前だったのが向こうに行ってしまい気が付けば周囲は練馬区、ここからどうやってリカバリーするか?とか考えていたら渋滞にはまってこの先は踏切か?と思っていると右手に煙突発見。
煙突


 ちょっと古めのビル銭湯で良いじゃないの、JAの施設がある三つ角を右折するとアレ?「川場塾」と言う学習塾の看板が。右手に「ゆ」の看板あり、看板から入り口までが長いアプローチで右手に大型の洗濯機が屋内ではなく屋根を葺いただけの下に並んでいる様は代々木上原の大黒湯っぽい。常連はそのコインランドリーのスペースに自転車を停めていますが原付は大き過ぎるので学習塾看板下の駐輪場へ、本来こちらが自転車置き場らしいけど
学習塾
 その半露天なアプローチを進むと男女共用の下足入れがあるので雪駄を仕舞う、自動ドアを開けると真正面にフロント、右手にテレビや雑誌に飲み物の販売もする待ち合わせ場所的なロビーあり。フロントのご主人に回数券を渡すと下足の札と交換にロッカーキーをくれる、右手の男湯へ、古いビル銭湯だけに元々は番台式かな?フロントスペースを作った際に脱衣場がかなり狭くなった風。L字型になっているのでロッカー側から鏡や洗面台が見えません、トイレは洋式で掃除が良くピカピカ。
タタキ
 洗い場へ、古め(1980年位)のビル銭湯だけに天井もやや高め。近年に浴室の工事をやったそうで床も壁も壁画も無く真っ白いタイルの空間、同じ区内のゆ~ポッポみたいだ。腰掛と桶はカランに備え置くスタイルで島カラン1列、カランは外壁側から8-3-3-4、仕切り側手前に立ちシャワー1。島カランに陣取って全身をざっと流す、カランは和栗のボタン式。

 縦長の浴槽は敷居側が白湯で外壁側が高濃度炭酸泉、それと外壁側扉の向こうが露天。先ずは白湯に入って奥のボタン式ボディジェットへ、ボタン一回当たりの噴出時間が長いのとボディジェットだけ深くて足をブラブラさせていたら足の痺れが散って助かり。壁面に「川場湯の井戸水」についての口上が貼ってあり、地下115mから掘った天然の軟水だとかですぐ近くの久松湯みたく温泉じゃないのね。

 痺れが散っと言えば外の口上書きにスポーツ後の筋肉痛に炭酸泉をどうぞとあったので移動、炭酸泉すなあと言う炭酸泉でしてお薦めの入浴法は半身浴らしくそう言う浴槽の形だった。気持ち良いんだけど腰が壊れているので肩まで浸かった方が楽だから出て露天へ、露天風呂と言っても周囲と天井を囲まれた外気浴なのはお約束と言うか仕方ないのですが、お湯が熱めで嬉しい。ハップ系の入浴剤入りで浴槽の右半分だけバイブラだったのでそちらでブクブク温まりました。

 上がって体を洗う、シャンプー類の備え置きあり。お湯がジャージャー流れてくるので浴槽の湯が常に溢れてくるのかと思ったら敷居側カランを使っている御仁がシャワー出しっ放しで体を洗っていた、どう見ても40代なんだけどシャワー出しっ放し野郎も高齢化が進むか。シャワーの吐出量て凄いんで多分この人は家庭用浴槽2杯分位お湯を無駄にしているんだが、浴場組合も体を洗ってから浴槽に入れと言う以上こう言うのは甘んじて受け入れるしかないのだろうね。

 上がり湯はボディジェットでまた痺れを散らしたいと思ったら塞がっていたので露天の熱い湯でブクブクやってから内湯に戻り空いたボディジェットへ、白湯は天然の軟水なのですが軟水化装置を通した軟水の様にヌルヌルはしない。あれも独特だしなあと温まって、立ちシャワーも使いっ放しの人が頑張っていたので敷居側のカランは全てハンドシャワーなのでそれを浴びて上がりました、レトロな体重計が周囲から浮いてて良い。

 帰りは敢えて渋滞側に突っ込むとすぐ先に有楽町線の氷川台駅、道路の拡幅工事をしているのかな?そのまま進むと平和台駅前のスーパーライフが見えてきて何の事は無い、川越街道まで進まずここで右折すれば良かったのだなと。環八を進んで平和台ならぬ地元鵜の木のライフで買い物して帰宅しました。
入り口周辺

川場湯
http://kawabayu.asablo.jp/blog/
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-626
http://furoyanoentotsu.com/kawabayu_sakuradai_20120812.html


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0