So-net無料ブログ作成
検索選択

再訪 八幡浴場 (大田区南千束) [大田区の銭湯]

 さて土曜日、急速に悪化しつつある腰椎ヘルニアですがもう完全に慢性化。先週はまだ寝起きは酷くても日中は普通に活動出来たのがもう寝ても立っても痛い、痛い足を引き摺って家事をこなしてから、そう言えば6日から世田谷区の大蔵総合運動場屋内プールの公開が再開されているのか。こんな体調で行くと悲惨な事になりそう、と思いつつも痺れる足を我慢しつつ原付を飛ばす。

 当たり前ですがクロールで腰が左右に動くので痛いです、しかし歩いていても同じなのだから患部を筋肉の鎧で固めると言う千代の富士理論で頑張るか。50mプールは筋肉負荷が強くて途中で腰を触ってみると背筋が盛り上がっている、コリャ良いわいと水中歩行レーンに移動。歩くだけだと物足りないので走る様に腿上げをしてより強い負荷をかけ続けて水泳と水中歩行を合わせて30往復3,000m、プールから上がると痛みが消えて腰がグリグリ動く。コレで明日改善していたら週3回ペースで通って筋力付けつつ下半身ヤセを狙おう、起きたら腰痛で動けない恐れもあるか。

 その後事務所に出て確定申告業務をしてから風呂に行こうか、18時半頃まで仕事してもう遠方には行きたくない時間だし、近場で最近行ってないのは大岡山の八幡浴場だな。中原街道から大岡山駅に向かう途中の左手、昔は木造モルタル作りの文化住宅風で年配の女将さんが「やれるだけ続けたら廃業する」と言うスタンスで営業していたのが後継者が出来て2006年にリニューアルしたんだ
全景


 改装直前の2005年11月に行った時写真はこんな感じ。
改装前の外観
 番台式だったのを改装時にフロントに改めて外見もモルタルの吹き付け塗装だったのをサイディングを張って小奇麗にしたんだよね、下足入れに靴を入れてフロントの現女将に回数券を渡して奥の男湯へ。18時半ですがまだまだ近隣老人タイムで、一家で来ている若い夫婦は子供が男湯と女湯を走り回って往復している。昔の記憶で濡れ縁に出てトイレに行こうとしたら無かったわ、脱衣場の外壁側なんだ
現入り口
 高天井を見ると躯体の太い梁なんぞに改装前の雰囲気が残っているかな、左右を開いて入る引き戸で浴室へ。この日は寒かったのに脱衣場のエアコンが動いてなかったので引き戸の隙間からの風が冷たく嘆じたわ。島カラン1列でカランは外壁側から4-5-5-5、ケロリン桶と腰掛を持って仕切り側カランに陣取る、カランは和栗のボタン式ね。全身を流してから浴槽へ

 浴槽は仕切り側がぬる湯の薬湯で中央がつぼ湯と浅湯の座風呂、外壁側に追加されたバイブラ。つぼ湯でブクブクやるけどもっと腰にお湯を叩き込んで欲しいので座風呂へ移動したけどジェットは肩甲骨の辺りだ、腰の辺りからも噴射しているけど物足りない。外壁側バイブラに移動したらお湯がぬるいので座風呂に戻る、軟水なんですがそんなにヌルヌルしない。座風呂の脇に湯口があるのでここが軟水浴槽で一番湯が熱い場所で、頑張っていると汗も出てきた。

 上がって体を洗う、シャンプー類の備え置きは無し。19時頃ですが常連の老人が多く大田区西部の老人は宵っ張りが多いのだろうか?壁面はヤシの木と夕暮れのモザイクタイルで脱衣場にあったカードにも同じモチーフの写真が使ってあったりで好きらしい。再度座風呂で温まってから上がる、日中は暖かだったけどやはり暖房切るほど夜は暖かくはないんじゃなかろうか?私と入れ替わりに近くのボクシングジム帰りの3人組が入って来たりと若いお客が多い風呂屋。
煙突

八幡浴場
前々回訪問記事
前回訪問記事
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-471


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。