So-net無料ブログ作成
検索選択

ふるさと納税絶好調 [税理士]

 確定申告も残り1週間を切って佳境と言うか死にそうと言うか、私の場合は腰椎椎間板ヘルニアが34歳の時来に再発してもう毎日悶絶状態で右足を引きずりつつヨレヨレ仕事をしております。数年前より表題のふるさと納税が普及してきて、今年度は業務用確定申告ソフトも寄付金控除を入力する際に別の計算表を使うように変わったので早速活用しています。

 何せ普通に寄付金控除で入力したら(ふるさと納税以外の寄付金の話ね)ソフトが自動で有利判定をして「この納税者さんの場合は寄付金について所得控除より税額控除にした方が納税額が減りますよ」とか提案して来るのでビックリした、もう税理士会の無料相談会場で「今時の税理士はコンピュータの支援が無いと税額計算すら出来ない」とか税理士同士で冗談を言い合うくらいで、既にAI支援を先取りしているかもね。

 しかしそんな納税者の関心も高いふるさと納税も仕事として計算処理をするだけよりも実際に自分でやってみる方がより親身に相談に応じる事が出来るだろう、と言う事で昨年はちょっとふるさと納税を使ってみたら確かに区民税が安くなった気がする。本当は年に1度も医者に行かないのにとんでもない金額の保険料を負担している国民健康保険料が減額されると嬉しいんだけど。


 1年目は母が筑豊出身なので嘉麻市と、完全にお礼品に釣られて鹿児島県志布志市へ。志布志市は2万円でうなぎ4尾貰えるのですが、もう立派過ぎるうなぎでねえ、こんなの外で食べたら5千円でうな重なんて無理だと思う。志布志市もふるさと納税にはかなり力を入れている様で、市からメールが届くようになったので今年もうなぎを貰わねば、とか思う。本当にこの時期には「ふるさと納税を始めようと思う」と言う相談をやたら受けますが、必ず志布志市を引き合いに出しています。

 昨年は大分旅行に行ったのと震災復興支援のために別府市と日田市にもやりました、双方寄付とお礼品を利回りで考えるとややショボいのですがそう言う事じゃないからね。別府は灰干しと言う干物をくれたので自宅で久々魚を焼いて食べましたよ、嘉麻市も今年はお米を貰ったので久々米を研いで炊く生活に、もう無洗米ばっかりだったからね。日田市ではハチミツを貰いましたが、国産のハチミツなんて最近は道の駅でも高くて買う気がしなかったのが、お礼品として貰うなら良いなと

ITmedia ビジネスオンライン 2017年03月06日 ふるさと納税活況も 東京都区部、対応に苦慮
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/06/news049.html

 とか言われてもな、「Life Finds a Way」なんだから役所が締め付けたって勝手に流れていくのが市場経済でのマネーの面白いところだ。全く使わない健康保険料負担を思うとこの程度の無言の抗議はさせてもらっても良いじゃないの、税負担を抑えたいと言う相談は本当に多いんだし。私としては確定拠出型年金推しなんですが投資は敬遠する人が多いので、お手軽さでふるさと納税ですね。何せ昨年の無料相談会でフリーターの人からやりたいと相談されたくらいに注目度高いです。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0