So-net無料ブログ作成

民進党はブレーンを変えるべき [メディア観察]

ダイヤモンド・オンライン 2017.3.2 森友学園問題、民進党の追及はむしろ首相を逃がしかねない

 森友学園報道があまりにもバカバカしいのでそろそろ突っ込もうかな?と思っていたらダイヤモンド記事で窪田順生氏が突っ込んでいたのでもうそれで充分かなと。実際にダイヤモンドのアクセスランキングで上位に位置し続けていた人気記事だ。記事にある通り、私学の森友学園が異常な教育をしているならば保護者はわざわざそんな学校に子供を通させる必要は無いワケです。他方、民進党支持母体の一つである日教組が公立校で政治的に偏った教育をしているのは周知の事実であります。

 ただ、民進党応援団で日教組の友人も多いマスメディアが見事にそちら側の報道はシャットアウトしているだけで。それで騙されるのはテレビと新聞以外にニュースソースを持たない70代80代以上のお爺ちゃんお婆ちゃんだけで、SNSや個人ブログどころかダイヤモンド・オンライン位のミドルメディアですらもツッコミを入れているので、思い及ばぬのは旧メディアを妄信する一部高齢者のみと言う残念な状況になっております。


 それをアンダーコントロールであると事実誤認をしているフェイクニュースの皆様が悪い事に民進党でブレーン役を買って出てるんじゃないの?そう思わざるを得ない国会とマスメディアのメディアミックス戦術ですが、大変残念な事に安倍総理を叩いても民進党の意地悪おばさんや共産党の志位委員長が内閣総理大臣にふさわしいと思い至る人はいないんじゃないかな?

 そんな事が理解出来ないブレーンの皆様はもしかしたら冒頭で登場する日教組先生たちの偏向教育は中立で正しい真の平和教育だと信じて疑わない方々なのかなと、カール・マルクスの金言「すべては疑いうる」の通り自分たちの信念や正義をも疑ってみる複眼的思考が大事だと思う。それが欠けると東京新聞のこの様な記事になってしまうのかなと。

東京新聞 2017年3月6日 「政治私物化」「8億円は税金」 国会前で市民ら抗議集会
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017030602000103.html

 記事中に「市民ら三百人(主催者発表)」とありますが写真では2~30人のお爺さんが立っているだけなんですけど、昔大本営今東京新聞と言っても良いんじゃないだろうか?

 バブル崩壊後に国内の自動車市場はクロカン四駆とワンボックスカーがブームになりまして、今にして思えばSUVとミニバンブームの先駆けだったのです。その際一部カーマニアと自動車雑誌は声高にスポーツカーこそ自動車の本命と喚いて、それを聞き入れた日産とマツダはコケて他方物言わぬ市場の大多数の声を聞いたトヨタが圧勝しました。新車を買わないのに無責任に大声で騒ぐごく少数の人間をお客様と勘違いした企業は当然シェアを落とす結果になったんじゃないだろうか。

 政治の世界でも声が大きいのは少数派で、少数派の意見ばかりに耳を傾けていると選挙制度の趣旨からいっても与党どころか最大野党になる事すら難しいのが道理であり昨今の民進党の体たらくと党勢を体現しているんじゃなかろうか?くだらないスキャンダル追及は無言の大多数有権者には民進党議員が「予算や法案審議の出来ない芸能レポーター」としか映らないし頑張れば頑張るほど政権交代が遠ざかるのではないかな?ノイジーマイノリティを切り捨ててサイレントマジョリティの声を聞いた方が良いと思うんだけどな。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0