So-net無料ブログ作成

カプセルホテル リード・イン大森  (大田区大森北) [大田区の銭湯]

 さて日曜日、13時過ぎには事務所に出て確定申告業務を。とか頑張るつもりが途中で眠くなったりでダラダラしつつも申告書を2件仕上げて17時過ぎに退出しよう、先週行ったら満室で立ち寄り風呂でも断られた大森のカプセルホテルに再チャレンジ。断られた理由は土曜に行ったからで日曜晩ならガラガラじゃなかろうか?念のため電話を入れると大丈夫との事。

 原付で環七を飛ばして18時前に大森へ、アーケードの出口付近ですがこの一角ホテル街なのよね。平和島方向にもラブホテルが点在していて大森の東口って元々そんなエリアだったのだろうか?駅の側から行くと先々週に行った同じくカプセルホテルのみづほのさらに先で、私感覚からすると旧法務局や現大森ハロワの先で飲食店の多いエリアです。
ラブホテルの先
 満室だった先週は行燈の灯りが落ちていたのだけれども本日は明かりが灯っている、その辺でも満室/空室アピールしているのだろうか?半地下の入り口を下りて靴を脱いで下足入れに入れる、券売機がありフロントからチケットを買えと言われるんだけど、サテ?1時間700円にするか2時間1,100円にするか?1時間700円だとサウナ別料金の公衆浴場レベルの安さですが、夏場ならともかく発汗し辛い冬場は1時間で出るのは難しいので2時間コース。


 フロントでチケットを渡すと宿泊者カードに氏名と電話番号を記入後ロッカーキーを渡される、「カプセルのご利用は?」とわざわざ聞いて来たのでサウナ利用でも2時間以内ならカプセル休憩もして良いのだろうか?ロッカーキーを渡されて更衣ロッカーはフロント奥・大浴場は地下で5階のマンガ図書館もある休憩室も使って良いと説明される。

 ロッカー室は何だか毎年人間ドックを受けてるクリニックのそれに酷似しているのがな、ロッカー内の館内着に着替えバスタオルと手拭いに持参した垢すりタオルとシェーバーを持って出発。エレベータも使えますがせっかちなので1フロア位は階段で下りるよ。地下一階にはコインランドリーと自販機のドリンクコーナーと大型スクリーンのある休憩室、この施設は分煙が徹底していて喫煙コーナーは金魚鉢みたいになっている
ロッカー室
 その脇の浴室へ、地方のビジネス旅館の浴室の様な窮屈な脱衣場で館内着を脱いで浴室に入る。公式HPだと「こんなに広いの?」だったけどビジネスホテルの大浴場標準サイズかな?入って正面奥にカラン7と右手に5、カランはTOTOのスーパー銭湯タイプでレバーを押すと勢いよくお湯が出てくる。いや、この勢いは強過ぎて背面や周囲の人に迷惑が掛かるタイプだわ。スーパー銭湯だと世間知らずな学生が周囲にジャージャー湯をかける奴だけど、カプセルホテルに泊まるビジネスマンにはそんな人いないよね。

 出入り口左手のドライサウナへ、2段式で定員10名位かな?室温は90度で壁面の温度調節器が良くある金属棒に端子を取り付ける位置で温度調整するのではなく温度の書かれたダイヤルで調整するのが初めて見た。テレビも有線放送も無く壁面に1つだけ有る5分の砂時計をひたすら見るのみ、90度はマイルドなので砂時計2回分の10分粘って出る。

 水風呂はサウナ出入口脇のバスタブで文字通り1名用、水温は20度弱かな?大人一人入ると盛大に溢れますがカランの水量調整が出来ずチョロチョロ溜まるのでサウナ3往復しましたが何れも10分間余裕で入ったり。より駅側のみづほがサウナは熱いわ水風呂は広くて冷たいわ大浴場は立派だわに比べると本当に普通でちょっと見劣りする、その分安いけど。

 サウナを出て浴槽へ、大浴槽は結構ぬるめ。上がってカランへ、浴室出入り口とサウナ出入口間に不繊布の垢すりがありましたがやはり持参のマイ垢すりで。液体せっけんの他に固形石鹸が有ったので固形石鹸でしょう、シェービングフォームもあったので髭も良く剃れた。しかしサウナ3往復して出たらもう50分経過していたので、1時間コースはやはり無理だよね。再び温まってから勢いの強過ぎるカランのシャワーで全身を流して上がると70分位。

 5階のマンガ図書館と休憩室を見て行こうかな?と思ったけど早く帰りたいのでチェックアウト、公式HPを見るとマンガがウリだからか?コミケで上京してくる人にアピールしたりしている、客層はビジネスマン風から何の商売なんだ?と言う人まで。大きな施設ではないので元々はラブホテルだったのをカプセルホテルに改装したのだろうか?施設の立派さはみづほかな、その分こちらは安いし週末の夕方で満室になったりと人気もあるね。
全景

カプセルホテル リード・イン大森
http://lido-in-omori.jp/


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0