So-net無料ブログ作成

再訪 美和乃湯 (川崎市川崎区渡田) [銭湯]

 土曜日、変にテンション高くじゃんじゃん家事をして洗濯物を出してからプールへ。現在腰椎ヘルニアが完全に再発していまして動かすと翌々日位まで特に寝起きが酷い事になるのですが運動しないのも良くないので、水中歩行や平泳ぎ等腰の負担の大きな運動を避けてひたすらクロールで60往復3,000m泳ぐ。事務所に出ると母が掃除していたので申告済みの返却用資料を作成して途中資料の受領に行ってから戻りまた返却用資料を作成。

 18時過ぎに撤収して川崎の桐ノ湯へ行こう!と思ったら臨時休業だった。本当はトイレがピカピカで思わず写真を撮ってしまった平和湯に行くつもりが定休日だから明日定休日のそちらに行ったのに、川崎新町方向に行ったら美和乃湯は営業していたのでそちらに行くか。入り口脇の駐輪場は自転車がギッシリだったので向かいのガソリンスタンド裏手路肩に原付を停めたら道路のカマボコ形状が深くてバイクひっくり返りそうになってビックリした、センタースタンドだと転倒するんでサイドスタンドで壁面に寄りかからせるように駐輪。
正面


 前回て5年前だけど記憶が無いなあ、サウナは今日は遅いし我慢なのでフロントで470円払って左手の男湯へ、前回は脱衣場にアナログテレビがあったようですが、今回それは撤去されていてアナログどころか昭和なステレオラジカセが置いてあって吹いたわ。コレは懐かしい物を見た、前回ロッカーキーはフロント管理だったと記録していますが今回は普通に脱衣場に挿してあった、トイレは籠り切りの人がいて入れず。
煙突
 洗い場へ、男女の仕切りの手前に拡声器があってそこから昭和なGSだの歌謡曲がガンガン流れていて、スピーカーじゃなくて拡声器な分、音の篭り方にそれこそ昭和な味が出ていて良いわ。カランに陣取って全身をざっと流す、前回は島カラン以外の水温が低かったのは改善されたらしく常連さんもカランの列に分散、カランは日の丸扇刻印のボタン式ね。
破風
 3つある浴槽の中央ミクロバイブラでブクブクやられてから敷居側の座風呂へ移動、19時前後ですが常連老人が多いのは川崎新町近くと都会だからか。気温が高いのでぬる湯でも良いなあと汗が出ない程度に温まってから上がって体を洗う、シャンプー類の備え置きは無し。露天風呂は完全に蓋がされて単なる離れの湯ですが外気温なので気持ち良いです、内湯に戻って外壁側でんき風呂に入り水泳でバキバキに痛めたに違いない腰に電気を当てまくる、強過ぎず弱過ぎずで良い感じ。

 上がってパイウォーターを一口もらうけどこの給水機の唐突感が、脱衣場中央の鉄パイプ製テーブル共々妙な違和感が。常連さんは脱衣籠使っている人も多くサウナのバスタオルを帰り際に積み上げた籠に投げ込む行儀の悪い常連も、帰りはタイ人母子とすれ違ったり。そして路肩に停めた原付を引っ張り出すのに思わぬ苦労を、コインランドリー前に突っ込んだ方が良かったかな。
入り口

美和乃湯
前回訪問記事
http://www.kawasaki1010.com/now/koten/cyubu/miwanoyu.htm
http://k-o-i.jp/koten/miwanoyu.html
http://furoyanoentotsu.com/miwanoyukawasaki20060519.html
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/East/kanagawa/kawasaki/miwa.htm


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0