So-net無料ブログ作成
検索選択

味の横綱 (大田区西蒲田) [食べ物]

 日曜日、普段ならグダグダしているけど本当にシャレにならないレベルで忙しいので13時から事務所で仕事をしなければ。なので昼には家を出て何処かでランチをしてさっと事務所に出勤せねば、先週に蒲田ランチをした際に異常に気になった「味の横綱」に行ってみるか。今日は天気が良いので原付で、しかし停める場所が無い。目的地脇の飲食店が長期休業をしているのでその前に乗り捨てる、多分食事時間は30分も無いから大丈夫でしょう。

 しかし、先週は13時半と言うランチタイムを外した時刻に来ましたが本日は12時半と言う日曜日とは言えランチタイムど真ん中だ。目的地はお客の出入りが激しくしかも安定して混んでいる、引き戸を開けて入ろうかとするともう厨房の男性がイラッシャイだか何だか言うので入らざるを得ない。カウンターオンリーで手前が空いているのでそちらへ、因みに出入口脇にキャベツが山積みになっている脇に椅子も有るので混んでいるとココに座って待つのだろうか?
正面
 さて何を頼もうか?厨房壁面のメニュー短冊は一番で入り口側からだと見辛いわ、とか思っていると2名いる女性スタッフの一人が水とおしぼりと餃子を持って来た。餃子は隣の男性客かな?と思っていたら私のらしい、すぐその後にミニチャーハンも出てきたのでもうね、ランチタイムは問答無用で餃子とミニチャーハンがサービスなのか!?かなりビックリ。


 例によって例の如くタンメンを注文、折角の餃子とミニチャーハンですがブログの取材でもあるので食べずにキープしていると私の後から3人組が来店して流石に3人は無理だろ?と思ったらカウンターの常連さんがササッと移動して3人分の席を作り上げてしまった、女性定員の采配と言うよりも示唆位のはあったのですが阿吽の呼吸が大したもんだわ。そうこうする内に厨房でコック氏が「次タンメン」とか言ってるので私の番か、と思ってらさっと登場。
タンメン650円
 コレは大型の器、タンメンと言いつつも豆板醤でも入れたのか?トウガラシが浮いてスープが気持ち赤いぞ。具は業務用カット野菜ではなく厨房でザク切りにしたキャベツとモヤシに人参・ニラ・ニンニクの茎にキクラゲ、ココのタンメンは肉が入ってない系ですがニラとニンニクの茎に加えて野菜を炒める際におろしニンニク投入かな?ニンニクの香りがするのでヘルシーなスタミナ系。野菜オンリーでもランチタイムだと餃子の餡とチャーハンのチャーシューでしっかり肉も食べてるので無問題

 ちょっとボリューム感を出そうとし過ぎてスープタップリにしているのが、むしろスープ少な目で炒めた野菜のエキスを堪能したい気もする。腹ペコ学生なら大喜びの値段とボリュームか、タンメンですが刻んだ鷹の爪も入っていて味噌味だったらオロチョン風味かな?麺は見た感じラーメンショップ系の半透明中太麺をイメージしてしまいますが、中華街かラーメン専門店風の白くてしっかりとした細麺がまた美味い。

 しかし餃子3つとミニチャーハン強制セットでタンメンだと650円て安過ぎだろ、私の知る中では工学院前のつけ麺大王に次ぐ安さじゃないだろうか?お客には常連が多いですが黙って食事してすぐ出て行くので入り辛い風ではない、食事ではなくお土産の餃子を買いに来る常連さんもいたり。レジ前に焼肉屋みたくガムが置いてあるけど料理全般的にニンニクが効いているのだろうか?しかし「味の横綱に行ったら大田汐焼きそば」と念押しされてしまった、外にPOPも出ていたので観光に来た人は必ず汐焼きそば食べて下さい

味の横綱
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13062175/


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。