So-net無料ブログ作成

スター・ウォーズサーガはスカイウォーカーさんの物語だった [映画・TV]

 ローグ・ワンを観に行って、反乱軍リーダーにして元老院議員であるモン・モスマの旧作での出番が気になって先ずは家にあるEP4を観返したら全然出番が無かった。そうか、EP6でエンドアの月に新デス・スターがいると言う罠情報に引っかかる役だったよな。とか今度はEP6を観返す、と言っても今年の正月休みは短いのでアクションシーンを飛ばしてドラマ部分だけじっくり観たよ。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

 すると、クライマックスに仲間にならないと言ってライト・セーバーを投げ捨てたルークに皇帝がキレてシスの光線でルークを亡き者にしようとするのを見ていたダース・ベイダーが「No,No!」と言って銀河皇帝をいきなり塔の上から投げ下ろすシーンが改めて刺さった。EP6だけ見るとやや唐突な気もするシーンで、フォースの暗黒面に堕ちたベイダーが息子を助けるために改心するのはどうなのよ?

 とか、以前は思ったのですが、ローグ・ワンに備えて?昨年末にEP3を観返していたのでそのラストシーンでもベイダーは「No,No!」と言っていたので案外綺麗に伏線回収しているなと。公開順序からするとEP6が先なので、その旧3部作の内容を踏まえて新3部作が作られているんだけど、旧作の話を補強する形で新作が作られていて、安易な商業上の都合で作られた続編では無かったのだなと感心してしまいました。


 つまりですね、6作通して実はジェダイにもシスにも眼中無く全くぶれないアナキン・スカイウォーカーとそれを見守り導こうとし続けているオビ・ワン・ケノービの2人が陰になり日向になり話が進んでいくだけじゃないかな。6作ともアナキンの強い家族愛が貫かれていて、時にそれが裏目に出たり上手くいったり。アナキン、と言うよりスカイウォーカーさんは家族思い過ぎて、アナキンどころかルークまでも父や妹への愛から配慮に欠けた行動に出てしまうのがEP6だった。

 そのEP6ではルークの熱い気持ちにベイダーが負けて皇帝を倒してしまうんだけどね。EP7では家族に反発しているベン君がEP8・9でスカイウォーカー家のレイアお母さんにどう引き戻されるかが見ものなのですが年末にレイアを演じるキャリー・フィッシャーが亡くなってしまったのが残念、EP8の撮影は終了しているらしいけど。

 とにかくアナキンは自分の家族が欲しい、家族を大事にしたいと言う思いだけで動いているんじゃないのか?そこは小さい内に親から離されて修行して生涯家族や子供を持たないのが当たり前なジェダイや、そのジェダイに対抗するシスには想像出来ないロジックで動いていたのがアナキンで、ジェダイ評議会も皇帝とも双方アナキンの真の行動原理を理解する事は最後まで無かったんじゃないか。

 タトゥーインで生まれ育った事がアナキンの家族愛にかなり独善的な影響を与えていて、EP3では妻のパドメに、そしてEP5では息子のルークに対して、自分(達)は皇帝を超える力を持っているのだから二人で皇帝を倒して銀河を支配しようと提案するのが何とも。オビ・ワンはそんなアナキンの生まれ育った環境を目にして、その悪影響を認めつつもジェダイ・マスターになるまで良い部分を伸ばそうと頑張った為、アナキンには準家族として新旧6作通じて一目置かれ続けていたなと。

 そんなアナキンの家族第一主義をジェダイ的でないとして心を許し切らなかったのがジェダイ評議会で、EP2で母親を失ったトラウマとEP3で続けてパドメを失いそうになる恐怖心を利用してシスの下僕にした皇帝も自分が感じ取る事が出来なかったルークの気配を察したアナキンを今一つ信用しきれていないセリフがEP6で飛び出したり。

 結局EP2ではパドメ警護の任務を半ば放り出して母親救出に行ったり、EP3でパドメを救おうとしてシスを学ぼうとしたりと常に家族優先で一貫しています。EP3でパドメを失った喪失感でEP4は大人しくしていたけど、EP5でフォースの強い反乱軍の青年が息子と気付いてまた強い執着心故に感覚を研ぎ澄ませてEP6では家族への執着心で皇帝を倒すと言う。オビ・ワンもアナキンの家族愛をジェダイとして否定しつつ何処かで認めていたんじゃないかな、家族愛でベン君がEP8と9で何をやらかしてくれるのかも楽しみな部分であります。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

HIRO

こんにちは。
EP4〜6の時に、「全部で(EP1〜3がある)6作で、(本当は)スカイウォーカーさんの物語(手っ取り早く?映画化するのに、ドンパチが派手なEPー4から作ったとも)」って、ルーカス御大が言ってたような。

向こうの情報を纏めたサイトを見かけました。
取り敢えず、「ローグワン』のターキンさんとレイア姫のメイキング的な話の所

http://johnie.hatenablog.com/entry/RogueOne/tarkin/leia

by HIRO (2017-01-08 20:38) 

furitann

 なるほど、ピーター・カッシングはもっと華奢な体格だったけど、存命なら百歳超えているので他の役者で良いかなと納得しています。レイア姫は一応他の役者さんだったのですね。EP5のパンフでは全9作とか言ってたのに、いつの間にか6作に減ってしまいましたね。
by furitann (2017-01-09 11:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0