So-net無料ブログ作成
検索選択

頂点を極めた後 [時事ネタ]

 2017年になりました、昨年のニュースで今年以降大きく影響し続けそうなのがアメリカ大統領選挙だったと思います。それはトランプ勝利と言うよりもヒラリー・クリントンの敗北と言う方ね、何せ下記リンクにある通りウルトラハイスペックなヒラリー氏がそのハイスペック故にもう「好き・嫌い」と言うレベルで敗北したかのような話で。

朝日新聞 ヒラリー・クリントンに関するトピックス

 10年位前の話ですが、クライアントが社用車を買い替えると言うんで「良いんじゃないですか」と答えたら「ホンダ・インテグラRを下取りに出す」とか言うのでそりゃ査定は0円ですねと言ったら「何で?ツインカム16バルブだぜ!?」とか返されたけど、違うそうじゃない。DOHCエンジンとか流麗なフォルムなんてのは消費者の関心を失って既に3列シートで車内の広いミニバン全盛の時代になっていて、クーペだのスポーツカーは一部マニアしか買わない商品になってた。

 なのである意味リベラル界のティラノサウルスとでも言うべきところまで究極進化したヒラリー氏はその優秀さ故に後は滅びるしかなかったと思う、それはヒラリー氏個人の話と言うよりもリベラルが過去覇権を取っていたかどうかはともかく衰退期に入ったんじゃないかな?このリベラルの衰退について世界中のメディアが「トランプ現象」だの「極右の台頭」だの分析していますが、大体分析している人がリベラルの一員なのでそもそも客観的な分析が無理じゃないかな


 昨年末テレビに姜尚中氏が出ていて、まあ60後半なのにその格好良い事。当然スタイリストが付いているのでしょうけど、今風の丈の短いジャケットスキニージーンズを履いてスッとしている。対する保守論客の人たちは名前は挙げないけど野暮ったい服装でメディアに登場するよね、姜尚中氏が全てじゃないだろうけどリベラル論客はエスタブリッシュメントな感じがする。

 大統領選挙でもヒラリー陣営にはセレブ芸能人が多数応援に来てリベラルのオシャレなエスタブリッシュメントぶりをアピールしていたし。昔お話を伺ったご存命なら90歳近い老婦人も昔話で「右翼はヤクザと体育大の学生、インテリはリベラル」と仰っていて、そのリベラルが天下取って衰退期に入ったんじゃないの?昨年末に欧米リベラル陣営が「ニセニュースサイト問題」とか急に騒ぎ出したけど、そんな外部に敵を探すよりも塩野七生氏のローマ人本でも読んで滅亡の歴史を勉強するかあるいは管理会計の「衰退期」からどう「再生期」に戻すかを考えるべきじゃないかな。

 日本国内でもリベラルはやはり衰退期ですが、リベラルの作ったニュース越しに見るしかない海外と違い国内は良く見える。目に付くのはやはり若い人が全然増えない現実で、10年もしたらリベラル系の政治活動をしている人たちは大体要介護で投票にすら行けなくなりそうです、そうしたらそう言う高齢者に投票をさせる為の制度が整備されたり介護職員による不正投票が問題になるかも

産経新聞 2016.12.6 【水内茂幸の野党ウオッチ】
共産党演説会で目立つ白髪、ハゲ頭…深刻な高齢化と党員減少 「赤旗」部数、野党共闘にも影
http://www.sankei.com/premium/news/161205/prm1612050008-n1.html

 それとリベラルはあまりに多くの問題を内包し過ぎて巨大化したあまり身動きが出来なくなっているのと、政治信条が利権化して構成員の質が悪化していると思う。平和主義は結構だけどそれが何故憲法9条死守に繋がるのか?と言う疑問を持つ事すら許されないレベルで教条化・硬直化しているし、反差別も他人を黙らせる方便として便利に使い過ぎて反発を招いている。

 私は以前このブログでブレーキの無い競技専用自転車で公道を走る連中について「暴走族と違わない行為」と書いたらそのメンバーと思しき外国籍の人物から「お前はレイシストの差別主義者だ」とかコメントを貰った事がありますが、そういう風に他人を黙らせる便利な言葉として濫用されるとこちらとしても「リベラルってそう言う事なのね」と思わざるを得ない。

 男女平等も平等どころか男性差別では?とネットで文句を言う人を良く見ますが、そう言う意見とちゃんと対峙せずに「無職童貞キモオタのネトウヨ」とかレッテル貼って切り捨てる行為もある意味利権にしがみついているのは自民党支持者ではなくリベラルの方じゃないの?そんな風に利権化した運動を変化させる事が出来なくなる事こそが衰退期から破綻に向かっている証左でして、最終的に泡沫化するんじゃなかろうか?それをリベラル論客は「世界が不安定化する」と警告しますが多分現状と大して変化が無いと思う。


タグ:衰退
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。