So-net無料ブログ作成
検索選択

大田スタンプラリー開催 [大田区の銭湯]

 カーナビの地図データ更新に3時間もかかって帰宅が18時、今日は大河ドラマ最終回なので放送に間に合うように帰宅したいから今から遠方の風呂屋も無理だわ。なので地元の風呂屋に行くしかないか、帰りにスーパーライフ買い物をしたいので、上池台店か蒲田西口店に寄る動線を描かなければ。そう思うと上手い具合に15日の木曜から「大田スタンプラリー」と言うのをやってる、どこか区内の風呂屋に行って台紙を貰って来ようか。

 じゃあどこに行こうか?上池台ライフなら明神湯・久が原湯・稲荷湯で、西蒲田ライフなら選択肢が広がるぞ、師走に入って日中は暖かだったけど冷え込む夜はガッツリ温まりたいよね。と言う事で地獄サウナと煮え湯の黒湯で有名な久松温泉に行こうか、足を原付に変えて千鳥町の駅前通りを抜けて第二京浜を渡りそのまま真っ直ぐ進むと久松温泉だ。
入り口付近


 ほとんど18時半ですが混んでいます、フロントの大女将に回数券を渡してスタンプラリーの台紙は何処で貰えるか聞いたら男湯入り口脇のラックにあると言われたので一部貰う。そのまま脱衣場に入ると肝心の久松温泉のスタンプが押してないからフロントに戻り「スタンプ下さい!」と言うと「湯めぐりと通常と言う2つのコースがあるけどどちらにする?」とか難しい事を聞かれて困りました

 話を聞くと、全て異なる銭湯でスタンプを貰うのが「湯めぐり」で、重複OKなのが「通常」なのか。つまりは近所の銭湯をそれこそ家風呂が無いとかの理由で普段使いしている人でも参加できるのが「通常」で私の様にグルグル廻っている人なら「湯めぐり」なのか。2009年にも大田区の銭湯スタンプラリーを廻りましたがその時は全62湯だったのが7年半後には42湯と20湯廃業してしまったのね、今回は全て廻るのではなく42湯の内24湯を廻れば良いのか。

 ルールは「湯めぐり」ならば6湯目でタオルが、そして12湯目でTシャツが貰えるとか。普段使い向けの「通常」なら12湯でタオルに24湯でTシャツと倍になりますね、因みに「湯めぐり」で24湯廻っても何も貰えなそうなので、そうしたらスタンプ台紙2冊目に突入するのかな?「湯めぐりコースで」と言ったら大女将に「色んな所を廻っているの?」と聞かれたけど流石に「板橋区や北区に通っています」とは言えなんだ。

 さて、18時半の久松温泉はピークタイムだったらしくカランがほぼ埋まっていた。まあ最初はサウナに入るから関係無い、何年か前まではスチームサウナなのに熱過ぎて床が乾いていたと言う文字通りの地獄サウナで、皆冷水を入れた桶を持って突入しては我慢出来なくなって逃げだすと言う苦行をしていたのがもうウソの様に快適なサウナライフが楽しめる。

 水風呂が無いので中庭で外気浴をするか立ちシャワーで水浴びをするか?なのでせっかちな私は水浴び、水道水なので物凄く冷たい。その後は二つある黒湯の浴槽の内温度の低い方、と言っても46度位ある方に入って真っ赤にゆで上がってから体を洗う。熱い黒湯はとてもじゃないが無理なので白湯の浴槽に入ってから立ちシャワーを浴びて上がる。

 湯上りに拭いても拭いても滝のように流れ落ちる汗こそ久松温泉の醍醐味よ!とか思ってるんだけど、実は日中に昼飯を食べる時間が無くて凄い空腹だったところに熱湯の入浴で体力を使って軽くハンガーノックになってしまった。ベンチで休みつつ少しずつ服を着てやっと外に出たんだけど、入浴も結構体力使いますね。嫌いだけどぬる湯に入る主旨は理解できるよ。

 さて、地元なので平日でもグリグリ廻るぞ!とか思ったけど、今年の12月は変に忙しいんだよね。年末調整業務よりも実質今年がマイナンバー元年なので番号収集を頑張っていて集めた番号を機械に入力するのが大変、去年メディアに煽られてマイナンバーけしからん!調だった人がそれを忘れているから集めるのは割と楽なんだけどね。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。