So-net無料ブログ作成
検索選択

遭難の恐怖 (杉並区高円寺北) [心と体の健康]

 金曜日は仕事で高円寺へ、10時待ち合わせなので早く出掛けたいところを例によって9時ごろ事務所でバタバタして出発出来ない。9分の電車に乗れば乗り換えサイトの御宣託を真に受ければ10時ジャストに高円寺に着くらしいけど、本当に何時行っても五反田行き池上線を御嶽山駅サンマルク前踏切で見送ってばかりなのでその一本後に。乗り換えサイトの想定より高速で移動すれば、と言うのは五反田駅でも新宿駅でも失敗したのでもうダメかもしれんね

 新宿駅で中央線快速のホーム、普段は昼頃使うので11番線が特急で12番線が快速と中央特快の頭なんですが、9時台だと11番線にも快速が来るのね。まさかの9時49分の電車に乗って、しかも高円寺って快速だと新宿の次の次だ。5分前にホームに降り立ったのでこれは少しの遅刻で間に合うかもね。高円寺北口は以前小杉湯に入った際に行った事がありますが鉄道で来るのは初めてだ、ルートはGoogleのストリートビューで確認済みなので純情商店街に突入。
高円寺純情商店街
 これがあの有名な、と思ったけどドラッグストアばっかりな上低層の建物ばかりでJRの駅前と言うよりも私鉄沿線の駅前商店街みたいだ。そして目的地はストリートビューだと数分歩く感じだったのが商店街に入ってすぐでビックリした、こんな駅前だったとは。角のビルだったのでクライアント事業所には約束通り10時に到着して、予定通り1時間ほど打ち合わせをする。


 店舗を見たかったので高円寺に来て良かったわ、クライアントと別れて中央線の駅を目指す。往路の感覚からすると昼前に戻れそう、が、行きは100mも商店街を歩いていないのに行けども行けども商店街だ。純情商店街の入り口に三菱東京UFJ銀行が有った筈が何故かりそな銀行があるし、こんな都心の駅前で神隠し状態と言うか帰宅出来なくなった徘徊老人みたいになるとは。

 帰宅して地図を見たら明白だったのだけれども、要はビルが四つ角にあったからもと来た道を戻ったつもりが実は角を曲がった違う道に入っちゃってたのね。と言う事には何故か全然思い至らず、駅前郵便局と言うのがあるので駅前には間違い無いしオリンピックがあったりするのでこれはiPadが手元にあるか地図を持っていれば難なく突破出来るトラブルか。と言うより地図を読むのは得意だけど地図が無いと想像以上のパーかもしれんね自分。

 最初のクライアント事業所まで戻れば良いんだけど何故かそれをせず、山で遭難した時は麓は円錐状に広がるけど山頂は一つだから登った方が良いと聞きますが、その遭難する人の心理にガチで陥っちゃってる。絶望的にあても無く歩き廻ると偶然小杉湯の巻広告を発見してこの際純情商店街は諦めて庚申通り商店街に出よう、と言うのは何とか成功したね。実は庚申通り商店街は純情商店街の西隣だったので分かってしまえば何を迷子になっていたのやら。

 とか徘徊したお陰でクライアント店舗の地域での位置づけも把握は出来た、進行方向に中央線の高架も見えたのでヤレヤレ。つうか、10代の頃から変わっていないところですが、地図が無いと真っ直ぐ進んでいるつもりが引き返していたりと本当にやらかす人だね自分は。南下しなきゃいけないところを東進していた、商店街は国道の様に案内板も無いし。自分が高齢者になったら帰宅困難になるんだなと、それまでにはスマホを買っていると思うけど。



タグ:高円寺
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。