So-net無料ブログ作成
検索選択

シン・ゴジラ [映画・TV]

 官僚たちのゴジラ。



 9月1日は映画半額デイなので話題のシン・ゴジラに行ってきました、事務所からだとシネコンは川崎の3館に平和島と二子玉川まで選択肢が有るのですが、一番近いラゾーナ川崎の109シネマが18時半からと時間が良いのでそこに決定。因みに18時半だとIMAXシアターなので半額と言っても1,500円、4DXでも3Dでも無いので通常版で良かったけれども帰宅時刻を考えるとラゾーナ川崎で20時45分に上映終了が一番ありがたい。

 で、シン・ゴジラと言えば「あの」新劇場版ヱヴァンゲリヨンQでやらかしてくれた庵野監督の作品なので当初は「誰が観るかよバーカ!」と思っていたのですが案外評判が良い上に、7月末に海ほたるに行ったらゴジラ展をやっているわ、期間限定で大田黒湯温泉が「ゴジラ湯」になっているのをわざわざ入りに行ったしで徐々に気になる映画になって来る。
ゴジラと記念写真
 前評判に政治的なイロが付いていて、保守系の人曰く「3.11の時の民主党菅政権の後手後手に廻った対応の悪さを皮肉っている」だそうだし、リベラルの人曰く「対米追従ポチの日本政府を皮肉っている」とかで本当か?そうまで言われると真相を確かめなければな、でもお金が無いので映画半額の日ですよ当然。


 上映が始まるといきなりアクアラインなのでそりゃ海ほたるでフェアやるよと納得、元AKBの前田敦子が出たって一瞬でほとんど「マルサの女」にAV女優の秋元ともみが出たレベル。ネタバレ気味に事前情報は嫌でも耳に入って来ていたのですが、呑川遡上して蒲田に上陸して吹いた。大田区民なので「お~、そこ行くか」と言う感じ、その後品川区に移動しちゃうのですが何故か旗の台の「錦湯」カメラからゴジラを捉えたりしてお風呂好きには堪らない。残念ながら?大田黒湯温泉方向には進まなかったようです。
ゴジラ湯
 その後は武蔵小杉を経由して丸子橋付近を「絶対防衛ライン」にするのが前半の山場、多摩川駅前の浅間神社に前線指揮所を設営して攻撃指揮を執るのが大田区民としては堪らん。武蔵小杉は今人気のエリアで駅前にタワマンが林立しているから「あ~あ、ゴジラ映画お約束の話題の高層ビル群を破壊するんですか」と思ったらビルの間を壊さずすっと抜けるね、ま~生物ならそんな疲れる事しなくて歩きやすい所を通るに決まっているよね

 都内に入って中原街道沿いに進むので、「あ~、雪谷税務署は踏み潰されたな」とか思ったり。我が家と事務所は脇を抜けていく感じで直接の被害は無いね、都心は結構映像的に「雑に」壊滅させる分大田区品川区辺りは丁寧に踏み潰していくのが面白いなと。

 お話は最初から最後まで政府目線、官僚や閣僚が最初から最後までひたすら会議を開き続けて面白い。中の人からするとどうだろう?だけどひたすら会議を続けて議事録だ何だと言うのはリアルに見える。着ぐるみゴジラでも政府の会議は出てきたけど噓くさかったからね、オッサンになって会議・会合に明け暮れるようになるとやり取りで笑ってしまう。消防士が避難誘導中に何処に誘導すれば良いの?とか自問したり想定外に対する現場の戸惑いはあっても、消防団の軽トラが住民の避難誘導していたりと小道具でリアリティを出している

 民主党政権批判でも日米安保批判でもなく、(リアリティを出すためにそれっぽい会話を入れています)行政府が民間企業と最終的には外国政府を巻き込んで一丸となってゴジラと言う想定外の危機に立ち向かう話で、庵野監督のヱヴァンゲリヨン序の「ヤシマ作戦」みたいな熱い展開に、BGMも似ているし。そう言えば平成ゴジラにはTV版エヴァンゲリオンの影響を痛いくらいに受けている作品も有るので、その庵野監督本人登場と言う展開は面白い。

 何なの?と言う位にテロップが出て、首都圏通勤電車の型式名まで出たのは吹いたわ。首相官邸だかに秋田の竿灯祭りの写真が飾ってあるなと思ったら協力が秋田県だったりなので各種企業ロゴが大写しになるのもそれか?英会話学校のCMキャラの人は米国人役だし。PCは自衛隊がパナのタフブック、文官が専ら富士通FMVを使って私物にMACが多いのもリアルかな。難を言うとCGのレベルが前世紀ハリウッド映画のジュラシックパークやスターウォーズのEP1よりはマシかな?レベルで、もうちょっとどうにかならないのかな?

 ネタバレ的な事を言うと、破壊神のゴジラは永田町や霞が関を古い政治家ごと吹き飛ばして新しい政治と行政の仕組みを作り出すトリガーであって、その事を唯一理解していたのが全然期待されていないお爺ちゃんだったり。また、原子怪獣のゴジラは人類をこれから滅ぼしかねない脅威でもありつつ特性を見極めて活用すれば人類の役に立つ存在って原子力エネルギーそのものじゃないかな?そんな政治的メッセージはあると思った。
パンフレット

シン・ゴジラ
http://www.shin-godzilla.jp/index.html

日経ビジネスオンライン 「シン・ゴジラ」、私はこう読む
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/083000015/090100005/?rt=nocnt


nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 12

HIRO

こんにちは。
鑑賞 乙でした。
Gの侵攻エリアに住んで居られるなら?尚の事リアリティが…(笑)
リアリティと言えば、全面協力した?自○隊の戦闘機や対戦車ヘリの実物が(ミサイル等の)実弾を積んでいない画像だったのは、拘った監督”らしくない”というか

作品に、色々こじつけたい?のは、右も左も…(爆)

by HIRO (2016-09-02 23:33) 

U-leaf

錦湯の所は銭湯民族してこちらもニヤリ。
呑川遡上して蒲田に上陸しているのであそこら辺は銭湯集中地帯なので大きい被害を受けているかもしれませんな(笑)

庵野監督の意図がどうであれ娯楽作品として上映されている以上、まずは作品が面白いことが一番。
個人的には面白かったので十分楽しめました。
by U-leaf (2016-09-03 09:45) 

furitann

 はいw、遡上する呑川は小さな二級河川なので蒲田くんは遡上~上陸しつつどんどん大きくなっていたんだなと。
 三沢から出撃するF2はそう言えば増槽だけだった?ロケット弾は気付きませんでした、WEB記事で戦車に貼ったゴープロが映り込んでいたのを消したなんてのは読みました。
 そうですね、相手批判する人は何を見てもそう見える向きかなとw
by furitann (2016-09-03 10:06) 

furitann

 呑川沿いも中延周辺も北品川も風呂屋が多いので「どこ潰されたかな?」と考えつつ観ていました。京急蒲田駅の観光案内所?にゴジラ通過ルートの地図が有るとか、あやめ橋まで呑川だから第一京浜は下を潜ったのか?とか。
 ですよね、娯楽映画として良く出来ていますよ。
by furitann (2016-09-03 10:30) 

サンフランシスコ人

10/16 サンフランシスコのメキシコ街の映画館で上映...

http://www.roxie.com/ai1ec_event/shin-godzilla-godzilla-resurgence/?instance_id=14847
by サンフランシスコ人 (2016-09-09 07:52) 

furitann

 これはお薦めできるんで観に行ってください。
by furitann (2016-09-14 09:34) 

サンフランシスコ人

12/1 東宝の昭和29年の『ゴジラ』をサンフランシスコの日本町の映画館で上映....

http://www.j-pop.com/2017/godzilla/
by サンフランシスコ人 (2016-11-02 01:02) 

furitann

 アメリカ人が見ても面白くないかもしれませんが、日本的なものを凄く良く表現しているので観て下さい。
by furitann (2016-11-07 21:27) 

サンフランシスコ人

ゴジラ生誕50周年の時に、日本町のJapanese Cultural and Community Center of Northern Californiaでゴジラ展がありました...展示会場で白人男性二人の昭和29年の『ゴジラ』についての会話を聞いた時、ゴジラは一流の日本芸術だと感じました...
by サンフランシスコ人 (2016-11-08 09:11) 

furitann

 白人男性、やっぱり海外版の話しをしているのだろうか?
by furitann (2016-11-09 09:03) 

サンフランシスコ人

ゴジラ生誕50周年の時に、昭和29年の『ゴジラ』の日本版がサンフランシスコの映画館で上映になって、ゴジラ展の白人男性の他に、色々な人達が大感激しました...
by サンフランシスコ人 (2016-11-11 03:02) 

furitann

 オリジナルは私もちゃんと見た事が無いので見ないと。
by furitann (2016-11-14 23:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。