So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥越氏敗因は大河ドラマかも? [時事ネタ]

東京都選挙管理委員会 東京都知事選挙(平成28年7月31日執行) 投開票結果

 今回の選挙での私の選挙行動は、日曜日がツーリングの予定だったので前日土曜日に期日前投票へ。そして日曜日の不安定な天気を理由にツーリングは中止になったのですが、代わりに海ほたるにドライブに行ったので今年は毎週楽しみにしている大河ドラマ「真田丸」は録画予約しました。何せ、たかが都道府県知事選挙なのにNHKが放送時間を19時15分にしたりするから

 他所の46道府県視聴者の皆様には申し訳無いなあ、実際31日放送回の視聴率も14%台で前週より下がったそうだし。とは言っても通常枠で放映していたらドラマ画面に当確テロップが出てウザかったろうからコレで良かったのかも、因みに20時々点ではまだ首都高速で車を運転中だったので録画して正解です。

 その車内ではAMラジオを聞いていて、日中はラジオ日本で高校野球神奈川県大会決勝を放送していたのを聞いていた関係でそのままラジオ日本にしていたら全米トップ40が流れていたんですが、それが1983年のチャートで世代的にドンピシャ過ぎて車内で大盛り上がりしてしまった。番組終了後にやはり報道はNHKでしょ、と言う事でNHKにチャンネルを変えたら時報と同時に「小池氏当選」とか言うので吹きましたよ


 20時って投票が締め切られただけで開票作業率0%なのに、そのまま小池氏陣営には「当選おめでとうございます」、増田・鳥越両陣営には敗因を聞いたりでちょっと気が早すぎるだろう。そう言うのは公式な選挙結果が出るまで自重した方が良いんじゃ?と思ったけど慣習なんだね、更に帰宅して録画した真田丸を見たら録画の最後にカウントダウンの後CGで「小池百合子氏当選」とかドーンと出てきて更に吹いたわ。

 帰り道に国立劇場裏の「ごくうラーメン」前を通ったら路肩にテレビ局の中継車がずらっと並んでいて何かと思ったら並びのビルに増田氏の選挙事務所が入っていたのね、折しもラジオでは敗れた両候補の選挙事務所前からの中継をやっていてビル入り口が物凄い照明で照らされていて真っ白になっていました。そしてダブルスコア以下で敗退した鳥越氏について、赤旗は翌朝こう報じる

しんぶん赤旗 2016年8月1日 東京都知事選 鳥越氏が大健闘 野党と市民の共闘発展
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-01/2016080101_01_1.html

 コレはポジティブなのか大本営発表なのか?私には反省もオペレーションズ・リサーチもせずまた同じ失敗を繰り返すフラグにしか見えない。失敗を認めると組織の体質上責任論や「犯人探し」が始まってお得意の内ゲバ事案になりかねないから有耶無耶にしているだろうけど、スキルや経験値としてはむしろ失敗こそしっかり検証した方が後々己の為になるのにね。案外と何かにつけて批判する旧軍的な組織に共産党自身が成り下がっているんじゃないだろうか?

 それよりも表題の鳥越氏と真田丸の関係ですよ、今回の都知事選は14日木曜日告示の31日々曜日が投票と言うスケジュールでして、その間真田丸は17日・24日・31日と三回放映がありました。17日の放映は豊臣秀吉の甥がほとんどうつ病みたいになって自殺する話でしたが、24・31日は当の秀吉がすっかり介護老人になってしまう何とも今時な話でしたよ

 秀吉を演じる小日向文世さんのヨイヨイ演技が見事でねえ、ウチも父がヨイヨイの介護老人なのでもう見ていてあるあると言うか身につまされると言うか。ウチは施設に入れてしまったので世話は介護職の皆様にお願い状態ですが、ドラマでは真田信繁と石田三成に片桐且元のトリオが介護に奮闘。29回では寝小便して30回では失禁とか現代の紙おむつって便利ですねえ、30回では赤ん坊が履いていた紙おむつが思い切りオンエアされたそうですが。

 大河ドラマの視聴者なんて中高年がメインだろうに、更に昨今ではテレビ視聴者は中高年女性がほとんどと言う事で、元来男性視聴者向けな大河ドラマも「女性向け大河」と言う企画をしては駄作を垂れ流しています。今年の真田丸は昨年が女性向けなのかどうかも判らない怪作だった分男性向けではあるけど、中高年視聴者が共感しそうな介護ネタをやはり入れてきたのかなと。

 なので昨今は老々介護の時代ですから、5~60代視聴者としては小日向文世さん扮する豊臣秀吉の名演技が親の介護を彷彿とさせるし、70代以上の視聴者には友人知人や配偶者の衰えっぷりに思い及ばせて全然シャレになってない。大河視聴後そんなメンタルでニュースを見ると、後期高齢者な鳥越氏が支離滅裂な演説をしたり、昨今は普通の家庭用テレビでも40インチ50インチの大画面が当たり前なデジタルハイビジョンに覇気の無い鳥越候補の顔が一杯に表示されると申し訳ないけど「ダメだ」って思うよ。

 そんな鳥越氏陣営は文春砲がどうだこうだで文春のみならず新潮社まで告訴して、あなたはサンデー毎日の編集長時代はどうだったのよ?と言うのは選挙後の「悪いのは自分以外の誰か」な発言でもまたアレ過ぎる。「悪いのは自分以外の誰か」は石原倅率いる自民党都連も負けてはいないか、そんなドタバタを茶化した下記事が「鳥越候補は無かったものとみなす」新聞やテレビ以外のメディアで都知事選分析が盛んな中で一番面白かったのでご一読を。

ITmedia ビジネスオンライン  2016年08月02日
なぜ鳥越俊太郎さんは文春・新潮を告訴するという選挙戦略をとったのか
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1608/02/news059.html


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。