So-net無料ブログ作成
検索選択

蒲田福の湯リニューアルオープン (大田区蒲田) [大田区の銭湯]

 連休後半の土曜日、もう普通の土曜日。6時半に起きて掃除・洗濯・布団干し、連休明け辺りから蚊が活動を始めると言う昨今のセオリー通りベランダ作業中に襲われる。我が家周辺は別荘地か?と言う位に鬱蒼としているのですが、気温は高原の爽やかさではなく大田区だからね、梅の頃からすれば練習を重ねて上手にさえずるようになったウグイスの声を聞きつつ作業が出来るのは恵まれている

 洗濯物を出してから大蔵総合運動場プールへ、暑いのと連休終わりだけに変に混んで嫌だなあと思いつつ、そんな行水気分の皆様の間で普段通り30往復3,000m泳ぐ。腕と胸にしっかりと負荷をかけて泳ぐのがテーマなのでクロールでノロノロ泳いだり飛ばしてみたり、ラスト2往復だけは全力の平泳ぎをするのが楽しいわ。

 普段ですとこの後は環八井荻トンネルを抜けて板橋区方面に行ってしまうのですが、4月のツーリングで雨の中を走ってドロドロになったバイクを洗わなければ。晴天下を走ったならば濡れ雑巾でざっと拭いて誤魔化すのですが雨の中を走るとホースで水をかけて泥を洗い流した後キレイに拭き上げなければならず、そうなると作業時間は2時間近くかかるからな。

 なので真っ直ぐ帰宅してからバイクを停めてあるガレージに移動、バイクを引っ張り出してホースで盛大に水をかけてから雑巾で磨くように拭き上げていく。途中で友人が通りかかったので雑談なぞしつつ17時半過ぎには作業終了、では、風呂に行こうかね。実は一昨年6月末で一旦閉店して建て直していた蒲田福の湯が4月24日から新装オープンしていたので、何も遠方に行かずともそちらに行こうと思ったのよ。

 蒲田に出てあやめ橋交差点を大森方向へ左折してすぐ左折すると一方通行の「御成橋通商店街」へ、徒歩だったら蒲田五丁目交差点からこの商店街を逆に進めば良いのですが原付だとそうもいかない。はす向かいの「ニグロ・パンチ・アイパー」と書かれた理髪店も健在で何より、それより蒲田福の湯は以前のコンクリートそのままの壁面が南伊豆か南紀のちょっと古い温泉施設みたいな雰囲気で好きだったのがオシャレ銭湯になっている
格好良い入り口


 脇に廻ると1階が風呂屋で2~3階が賃貸物件かな?右側が賃貸の入り口っぽい、正面には広い駐輪スペースがあるのでゆったりと駐輪、改装前は隙間に突っ込んでいたのに。オシャレな自動ドアからバリアフリーなタタキを抜けて下足入れに雪駄をしまう、右手には壁掛け液晶テレビとスポーツバーの様なスペース。奥に入ると左手にビールサーバーもあるフロント、一旦休業の時は大女将署名だったけど改装後経営の主体は世代交代したっぽい。
上階は賃貸
 若いご主人に回数券を渡すと下足の札と交換にロッカーキーをくれる、左手の男湯へ。敷居側のロッカーは上にスプリング式のジョイントがあるので多分下にはキャスターがついていて日中は動かして男女とも繋げて介護施設にでもしているかな?トイレも新しい洋式便器なのですが、何故か水タンク脇にシャワーヘッドが掛けてあるんで、これも介護施設として機能する際に必要な装備なんだろうか?

 洗い場へ、入り口側に並ぶように島カラン1列でカランは奥から4-4-4-3、右手に立ちシャワー。右手敷居側に浴槽が並んでいる、壁面は真っ白なタイル今風。スーパー銭湯タイプの桶と腰掛はカラン前に置いてあるのもスーパー銭湯風、カランは新品ピカピカの和栗ボタン式で全身をざっと流して浴槽へ。脱衣場側岩風呂風はぬるゆで人気があるので奥の普通の白湯へ、奥が座風呂だけど手前はシンプルな浅槽で熱気が良い感じに篭って湯温も気持ち高めの42度で汗がどっと出る。

 因みに改装前にあった無料のサウナが無いのは残念、サウナと冷水シャワーの往復が良かったのに。上がって体を洗う、シャンプー類の備え置きあり。今度は岩風呂に入るぞ!と空いたタイミングを見て突入すると、上部に小さなファンとウグイスの鳴き声をスピーカで流している。ファンは湯気の上昇気流に負けているしウグイスは毎朝本物聴いているのでな、どうせなら中延の富士見湯みたくライティングで温泉気分を演出すれば良いのに。

 2つある浴槽ではぬるい方だけど熱気が篭っているので暑い、立ちシャワーを浴びて上がる。夕暮れ時だからか小さい子連れパパが多かったけどごみ箱にオムツ捨てて帰るのはどうだろうか?良く老人利用客向けに紙おむつを捨てて帰るなと言う警告を風呂屋の脱衣場で見る昨今ですが。帰りは蒲田だけにライフで買い物してさっと帰宅出来るのが有り難かったです。
口上

蒲田福の湯
休業前訪問記事
http://www.ota1010.com/yu.cgi?no=010,code=
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-441
http://furoyanoentotsu.com/kamatafukunoyu20060810.html


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。